Interview with Genius
トップ インタビュー Geniusの写真レポート プレゼント応募期間は終了いたしました。ありがとうございました。
 まずバンド結成のいきさつからお話いただけますか?
   
   
Maru(Vo.) さかのぼって話しますとJunくんと僕が同じ高校に通ってたんですよ。高2くらいから一緒にやっててそのバンドが大学2年くらいになって解散するんですけど、たまたま僕らがやってたライブにShinkichiくんがお客さんで来てたんですよ。
Shinkichi(B,Cho) 友達が対バンで出演してたから来てたんですけど、僕が高3で。
Maru で、ずうずうしく楽屋に入ってきてたんですよ。
Shinkichi そしたらMaruくん当時ギター弾いてたんですけど、楽屋でエクストリームって人らの曲を弾いてたんですよ。
それで「エクストリーム好きなんですか?」っていきなり話しかけてそこで微妙に盛り上がって携帯番号交換して。
Maru それで1年後、そのバンドが解散して1回しか会ったことないけど電話してみよ、って電話してみたんですよ。
Jun(G) 音楽の話ではエクストリームくらいであとは人間的に盛り上がったって感じですね。
Shinkichi もともと加入した時点では僕ギターのつもりだったんですよ。
でもそれまでいたベースの人がやめるって言い出して、そこを境目に僕はベーシストとして生きることになったんですよ(笑)。
Maru それまでシーケンスって打ち込みでずっとやってたんですけど、そろそろ生のドラムでやりたいなあって言うときに先輩にKazuyaを紹介してもらって。

 じゃあ、それからはずっと4人で?

Maru そうですね。




 ではみなさんそれぞれの音楽を始めるきっかけなど教えていただけますか?

Shinkicih 僕最近思い出したんですけど、今まで中学校の先輩が‥とかずっと思ってたんですけど最初にアコースティック・ギター買ってきたの親父や、ってことに気がついて。ほんでビートルズの本も一緒に買ってきててそれコピーしてたのが最初かなあと、中3くらいですね。
Jun 僕も実は父親がギターやってて、兄ちゃんが最初に練習してたんですけど長続きしない人で(笑)、本とギターを残して‥それで僕がやろうかなあと。僕も中3くらいですね。
Maru 僕は中2くらいのときにミュージックステーションにX?JAPANが出てて、それ見てばあちゃんに「ギター買ってくれ。」って頼んで次の日に近くのYAMAHA行ってこうてもらったのがきっかけですね。
Kazuya(Dr.) 僕はまあ最初は趣味から入った感じで、友達がギターやっててそん時は自分はあんまり興味は持ってなかったんですけど、一緒に楽器屋について行った時になんか自分も始めようかなあと。
一番安くて済むじゃないですか、スティックだけでいいんで。小6の時ですね。

   
   
 デビューに至るまでの経緯っていうのを教えていただけますか?

Jun 神戸でワンマンをやって、大阪出てきてそこでもワンマン成功して、東京行くぞって感じで出てきて、ストリートを一生懸命やってまして。地道にストリートで1年くらい続けていたところを今の事務所の人に発見されまして。そこからが長かったですね、1年くらい‥・。

 そこから1年でメジャーデビューって早くないですか?

Shinkichi  正直僕らは上京した時点でもうメジャーやと思ってたんですよ(笑)。東京で音楽やってる時点でもうメジャーやと。
Maru もうアルタ前でやった時なんか、「これもうメジャーちゃうん。」って思ってたよね(笑)。
Shinkichi けっこう人すごくて、デモ・テープとか作っても作っても追いつかん感じで。
                            TOP OF PAGE