トップ
インタビュー ビデオコメント HIGH HIGH インタビューダイジェスト HIGH HIGH プレゼント応募期間は終了いたしました。
ありがとうございました。
LOW LOW LOW LOW
インタビュー
Q:今日は“melody.さんと山本領平さん”カップリング曲で“CHEMISTRY”さんという、かなり豪華なコラボレートが実現した、m-flo再始動第2弾シングル「miss you」についてお伺いしていきたいと思います。
まずは、このプロジェクトがスタートしたきっかけと経緯を教えていただけますか。
photo
VERBAL 先生!お願いします(笑)(タクを指して)
Taku えーと、さかのぼるとm-flo再始動というのがきっかけですね。VERBALと「m-flo復活したいねぇ」という話をしていて、「じゃあこれからどういう形でやっていこうか」という(話で)「いや、別に固定ボーカリストいなくても、逆にそれを逆手に取るじゃないけど、いろんな人とコラボレートできるチャンスじゃない?」っていう話があって、そこから新しいm-floとして動き出したんですね。
それで前回はCrystal Kayちゃんで、今回はm-floのなかでも今までにないことをやりたいなと思っていたんですね。

 
VERBAL 要するにすごく僕たちとバイブスの合う、雰囲気の合う人たちを求めてたっていうか、やっぱコラボしてインスパイアされる人がいいなっていう。
で、領平君はタクとも友達だったりして、melody.に関しては、僕はある雑誌に付いてたサンプラーCDを聴いていいなって思って、タクは友達から薦められていたみたいで。タクと別々のタイミングで存在を知って、すごいドンピシャみたいな。
Taku 「melody.どう?」ってVERBALに話したんだっけ?
VERBAL うん。「ああ、そうそう」って言って、なんか俺サンプルCD持っていった。
Taku 領平とは、前からいつか一緒にやろうねって話してて。初めて領平の声聴いたときにもすごいびっくりしたし、こういうタイプの人をずっと求めてたっていうのも、僕の中でも1リスナーとして持ってて。で、気がつけば一緒の事務所に入ってて。
山本領平 デビュー前に僕の音源が偶然タクちゃんのもとに渡ってたんですよ。それで、呼んでもらって飯食うようになっちゃって。それでけっこうちょくちょく遊びにお邪魔させてもらってたんですよ。
Q:今日は“melody.さんと山本領平さん”カップリング曲で“CHEMISTRY”さんという、かなり豪華なコラボレートが実現した、m-flo再始動第2弾シングル「miss you」についてお伺いしていきたいと思います。
まずは、このプロジェクトがスタートしたきっかけと経緯を教えていただけますか。
photo melody. ホントに私?間違いじゃない?って感じ・・・うん。
Taku なんで??
   
melody. 「エッ?ホントに私でいいの?」ってびっくりして、ホントに嬉しかった。
ハワイにいたときからずっと(m-floの曲を)聴いてたし。あぁカッコイイなって思ってて、で実際こうやってm-floと仕事する形になって、ホントにラッキーだなって思うし。今年デビューしたばっかりなのに、こうやってすごい良い人達に会えたなって。すごいいい刺激もらったし、とても勉強になりました。
   
山本領平 僕はやっぱり、憧れであり、リスペクトの目で見てたアーティストだったもんですから、まさか一緒にやらしてもらえるとは思ってなかった。正直ちょっと“m-flo”っていうでっかい看板があるんでね、その、責任感っちゅうか、ほんと実力をもっと急いで磨かないと・・・。m-floのかっこええイメージを背負うからね。責任感と喜びと・・・何かいろんなプラスの感情があって。
   
Taku 気持ちは一緒ですよ。2人に対して僕らも。