Interview with スガ シカオ
MENU | トップMENU | インタビュープレゼント応募期間は終了いたしました。ありがとうございました。MENU | スガ シカオでミュージックサーチMENU | オフィシャルサイト
インタビュー・ダイジェスト | Windows Media Player:Highインタビュー・ダイジェスト | Windows Media Player:Lowインタビュー・ダイジェスト | Real Player:Highインタビュー・ダイジェスト | Real Player:Lowビデオコメント | Windows Media Player:Highビデオコメント | Windows Media Player:Lowビデオコメント | Real Player:Highビデオコメント | Real Player:Low
NEW ALBUM『SMILE』を制作するため、1か月に及ぶ“山籠り”を敢行したというスガ シカオさん。「東京にいることで発生する仕事や用事から逃げるため」と言うが、そうして完成したアルバムは明らかに前作『Sugarless』までとは違う、新鮮な輝きを放っていた。まずはそのアルバム『SMILE』について伺うことにしよう。
Interview | Page1Page1Page2Page3Page4
excite 今回のアルバム、新鮮に聴かせていただきました。
スガ シカオ 僕も新鮮でした、自分で聴いてみて。  
excite 収録曲のほとんどは山の方で作られたんですか?  
スガ シカオ あ、ほとんど違いますよ。なんか、おもしろおかしくそういう風に書かれるんですけど。実際はほとんどできていたものを山に持って行って、帰って来てからまた曲書いてっていう。(アルバムの)8割くらいをそこでアレンジしてました。  
excite 『SMILE』というタイトルが、ファンの間でも話題になっているようですが。  
スガ シカオ あんまり深い意味はないんだよね。なんか、全体が見えたとこぐらいで「コレかなぁ」みたいな感じなんで。いつもインスピレーションで付けちゃうし。記号っぽく、一文字で。  
excite でも実際に完成した作品を『SMILE』として聴いてみていかがでしたか?  
スガ シカオ いやぁ〜、『SMILE』って言われればそうか『SMILE』か…『SMILE』だなぁって(笑)。  
excite 今作のリリースは1年半ぶりですね。
スガ シカオ 曲、アレンジ、プレイ、トータルプロデュースまで全部やって1年半というのは足りないくらいですね。歌だけ歌ってるのと一緒に考えられちゃうと3か月で1枚って言われるんだけど、それだけじゃないから。「出せませんよ、そんなに」って(笑)。でもまぁ1年半くらいだとちょうどいい、っていうか限界。  
excite 『SMILE』では新しい方向性を探るということで、具体的に“掴めた”と思えた楽曲はどれになるんですか?  
スガ シカオ 『青空』と『アシンメトリー』以外は全部。この2曲は1年前に作った曲なんで、迷ってたりくすぶってたりしてた。あっちがいいかな、こっちがいいかな、コレもやってみよう、アレもやってみようと思って作ってたんですよ。  
excite そういった迷いながら作った曲を、今回“掴めた”と思えるアルバムに収録したというのは? 新しい曲だけで構成することも可能だったかもしれないですよね  
スガ シカオ まぁねぇ。普通の人が聞いたらまったく同じだと思いますよ。だって、オレが聴いたって交じってるように聴こえるもん。自分自身の心の中の細かいところで聴いていくと「あぁ、ここが違うな」ってやっぱり思うけど、心の中まで解る人いないし。解られても困るし(笑)。  
 
スタイリスト 袴田能生(juice&juicy)
ヘアメイク 宮本由樹(CUBE)
 
   
Page1Page2Page3Page4
This Page TopNext Page