Interview Digest ウインドウズメディアプレイヤー 1M LOW リアルプレイヤー 1M HI LOW
Interview With DA PUMP
My 旬ランキング
Video Message ウインドウズメディアプレイヤー 1M HI LOW リアルプレイヤー 1M HI LOW
応募受付は終了しました。
ありがとうございました。
Interview02
excite 今作では、ダンスホールや和太鼓を取り入れた曲など、新たなテイストの楽曲にチャレンジされていますが、抵抗とかありませんでしたか?
ISSA ISSA:いやぁ〜全然全然。むしろいろんなテイストの曲を聴くわけで、自分たちの普通の会話の中でも「あれいいから」ってお互いに聴いたりとか、「こういうのも良いんじゃない?」とか「俺らがやったらカッコイイと思うんだけどな」っていうところから、普通に好きで聴いてるような音楽とか、昔ストリートでやっていたときに踊っていた曲だったりとかっていうのも持ち出したりしてたんです。
KEN KEN:あんまり壁を作らずにというか、「○○だから○○じゃなきゃいけない!」っていう括りは無くして、そっから俺たちがパフォーマンスできるような形に向かって行くっていう風に作ってましたからね。
excite 今作のレコーディングを進めるにあたって、掲げたテーマとかはありましたか?
SHINOBU SHINOBU:テーマは最初の話し合いの段階で掲げていたんですけど、パフォーマンスを考えて曲を作っていこうってことを一番に。だから、「こういう踊りがしてみたい」とか、「パンプに合うね」とか、そういう目線でまずはアイデアを出していましたね。それと、コンセプトとして、和の楽器を使ってみようっていうのがありましたね。
excite なるほど。それとですね、気になるのが『疾風乱舞-EPISODE II-』というアルバムタイトルなんですけど。このタイトルにはどのような意味合いが込められているんですか?
KEN
KEN KEN:アルバムタイトルには色々案がありまして。結構、漢字のタイトル案とかをみんなで出し合ったりとか、英語とかもあったし、色々あったんですけど。その中で2つくらい候補があって、その中の一つが“疾風乱舞”で、「DA PUMPを四文字熟語で表したらそんな感じじゃねぇ?」ってことになって。イメージとか語呂も良いし(笑)。
excite 前回のインタビューでKENさんは、「俺らが東京に出て来た頃を“エピソードT”だとしたら、まったく自分らで発想して作ってるこの曲はエピソードU・なんですよ。」とおっしゃっていたんですよね。そういった意味合いが今回のタイトルに込められているんですかね?
KEN KEN:ほう、すごいじゃん俺。そうですね、その通りですね。これからはいろいろ自分らからでも発信していくし、始ったなっていう感じ。自分たちの音作りの作業も首突っ込んだりして、今回ね十分にやったから、これからいろんなことが起きうるだろうって、第U章って言っても良いんじゃないかなってことから「エピソードU」にしたんですよね。みんなで「その通り!」って、「じゃあエピソードIIだ!!」ってことで。ちょっと古いけどスターウォーズっぽくて・・・うわぁ、すっげータイムレス(笑)・・・。
excite (笑)。そういった意味では、セルフプロデュースという新たな幕開けという、これからのDA PUMPの方向性を示す、現在の集大成的な作品ということなんですね。
KEN KEN:そうっすね。メンバーの関係的に、キュッと固まったんで、グループ上で制作をするという意味では大事な作品になったと思いますね。もちろんその中で得意不得意は出てくるんですけど、やはりそれを補って作る感覚が非常にいい。よりなんかこう、俺らが当初目指していた形に近いから。それが一番重要ですね。それをまた再確認というか、「やっぱ俺ら出来るじゃん!」っていう風に確認できたのが一番強かったですね。
excite 実際、楽曲を聞かせていただいて、今回のレコーディングで、メンバーそれぞれが向かい合ったからこそ、いろんなテイストの楽曲が揃ったんじゃないかなって感じたんですけど。
KEN KEN:非常に向き合いましたよ。「なんで?妥協するなって言ったじゃん」とか、「てめぇ〜自分がスーパーギタリストだと思ってんなよ」とか、「やるんだったらやり切れよ!」とか、そうなりながらも、いちいち集まって確認とか、形をすごく気にして作りましたよね、一曲一曲。
excite 意見を素直に言い合ったりとか、本気で向き合ったからこそ良い統一感が出せたんですかね。
ISSA ISSA:だから良いのが出来たんじゃないかな、作品的にも。
KEN KEN:感情をさ、赤裸々にした分、すがすがしいじゃん。それを乗り越えて音を作ったりとかして。それがまた作品として形になるのって、何年後かにまたこれを聴いたら、かなり良いと言えると思う。なぜ良いと言えるかというと、なるべくその場その場で熱い思いはどんどん注ぎ込んでるから、嘘が無い!
excite なんか良いですね。そういった中で生まれた作品って。
KEN KEN:良いっすよ(笑)。倍の喜びっすもん。
excite そう言えば、今回の作品の完成盤を、TV収録後に皆で集まって聴いたとお伺いしたんですが。
ISSA ISSA:そう、楽曲が全部出来てからスタジオでね。ずっと一緒にやってたディレクターさんやエンジニアさんと皆で聴いて。照明を落として良い雰囲気にライトアップしてね。聴いてすごい良かったですよね、何かいろんなことを考えたし・・・あの人元気にしてるのかなぁとか思ったり、何か守るべきものとかの存在確認であったりとか。
DA PUMP
PREVIOUS PAGETOP NEXT
HOME