メレンゲ TOP
インタビュー My旬ランキング インタビューダイジェスト ビデオメッセージ 応募受付は終了致しました。
ありがとうございます。
HIGH LOW HIGH LOW HIGH LOW HIGH LOW
メレンゲ メレンゲ
インタビュー/page-2
Excite:そういった感情がダイレクトに伝わるライヴも精力的に行なってるよね。ズバリ、自分たちにとってのライヴとは?
ヤマザキ ヤマザキ:スタジオでやってると誰に向けて演奏しているのか、分からなくなってくる時があるんです。そういう時にライヴがあると、僕らの音楽を聴いてくれてる人は、こういう人たちなんだってことが実感できる。だから、ライヴは人と人との対話ができる場所。それで、Tあっ、なるほどUって自分たちに足りないモノが発見できる。それができたら、また、それを煮詰めてライヴをして・・・、その繰り返しの場所かな。
クボ クボ:そう。だから、ライヴはピアノの発表会みたいな感じではない。そして、ポイ捨てするような感じゃない。演奏して、ハイ、じゃあね、みたいには終らないです。
Excite:そう言えば、昨年11月には初のワンマンがあったよね。感想は?
クボ クボ:自分らだけを見に来る人たちが、あんなにも集まってくれて、感激しました!そして、得たモノも大きかった。
タケシタ タケシタ:ライヴ・イベントだと、変に意識することとかもあったけど、ワンマンなら気にしなくていいんだぁって気持ちにもなった。
ヤマザキ ヤマザキ:ホント、ワンマンをやってから気持ち的に変わった部分も多くて、それ以降のライヴでも少しずつ変化してる所があります。
Excite:ライヴをすることによって、変わってきたこととは?
クボ クボ:もともと脳で作ってた音が体で作り出したってことかな。最近になって、その体が自由に使えるようになってきたし。脳で作ることと体で作ることが両立してきました。だから、やりたいことの可能性が広がってきましたよ。
Excite:体ってことは、客の反応を見て作るようになってきたってこと?
クボ クボ:まぁ、反応だけを見ている訳じゃないですけど、自分本位ではなくなりましたね。前はどっちかっていうと、好きな人が聴けばいいやぁ、みたいなスタンスがあったけど、これをいかに分かりやすく多くの人に聴いてもらうためには、どうしたらいいかを考えるようになった。
Excite:では、楽曲自体、どのようにして生まれてるの?
クボ クボ:僕は1個のキーワードが出てくるまで、すごく時間がかかって・・・。そのキーワードが膨らんだ瞬間にワ〜ッと書く。だから、それが出てくるまでは、普通に生活するしかないんです。
Excite:その普段の生活の中とは?例えば、本をたくさん読んだりとか・・・。
クボ クボ:マンガはよく読みますよ。ただ、本に関しては、本好きの人に比べると、あんまり読まない方かも。最近、ファンの子から絵本をもらったんですけど、感動して・・・。音楽の歌詞って言葉が詰めれても少ないじゃないですか。絵本もそういった部分では似てるなあって感じた。絵と少ない言葉で涙を呼ぶ所とか。だから、僕らの音楽も絵本に近いようなものにしたい。
Excite:ところで、マンガからヒントを得て、曲を作ったことはある?
クボ クボ:もちろん、ありますよ。今度出るアルバム『サーチライト』にも入ってる「輝く蛍の輪」は、「銀河鉄道999」の駅名からアイデアを膨らませて作りました。
Excite:その今、話に出た、メジャー第1弾のミニアルバム『サーチライト』についても聞かせて下さい。どんな作品になったと感じてる?
クボ クボ:自分らの過去っていう訳じゃないけど、インディーズとをうまく繋ぐ橋のような作品になったかな。メジャーになったからといってガンと切り替わるんじゃなくて・・・。自分の意識としては、インディーズ頃と変わっていないし・・・。
ヤマザキ ヤマザキ:ずばり、現在、過去、未来の掛け橋みたいな作品です!
Excite:収録曲もインディーズの頃の楽曲と新曲で構成されてるもんね。サウンドはどんな感じになってるんですか?
クボ クボ:サウンドはアルバム全体というのではなく、1曲1曲のコンセプトで仕上げてます。あと、前作(インディーズ時代の2ndミニアルバム『少女プラシーボ』)よりは音数を減らしました。
ヤマザキ ヤマザキ:3曲は以前音源にしてるから、逆に今回は実験的なことができるかなっていうスタンスだった。だから、実験的なことをやりつつ、現在の自分たちを表現できた。そして、こういう方向に進んでいくんだろうなっていうのも込めれたし・・・。そういった意味で1曲1曲に対するスタンスがちょっとずつ違うんです。
Excite:その以前発表した3曲(インディーズ音源)をセレクトするのは、大変だったんじゃないですか?
クボ クボ:この3曲はすんなり決まりました。ライヴでやっていて、感触があった曲だったので・・・。
Excite:それでは、以前の音源とでは、どのように変化したんですか?例えば、さっき言ってた、前作『少女プラシーボ』にも収録の「輝く蛍の輪」は?
ヤマザキ ヤマザキ:この曲では、今回、疾走感とシャープさを出したかったんですよ。もちろん、前に録った音源も満足していて、前は前で完成してるけど、さらにもうちょっとロッキンにしようってことになって・・・。あの曲を作った時って、僕らの中でTめくるめくUっていう言葉がテーマだった。そのTめくるめくUっていうのをさらに僕らなりに追及したら、どうなるんだろうなあ〜って。
Excite:じゃあ、前作にも収録の「春雨の午後」は?
タケシタ タケシタ:これはかなり変えたよね。
クボ クボ:そうだよね。前のは前で好きだったけど、それとは違うものにしたい、ってのがあった。アコギをメインにして、ドラムもツインドラムにしました。実験的要素を加えたかったんです。
ヤマザキ ヤマザキ:これもテーマがあって、今回はTうたた寝バージョンU。だから、ちょっと浮遊感を漂わせて、奥行きがあるようにしようって。で、不思議な雰囲気になりました。前作のものと聴き比べてもおもしろいと思いますよ。
back pagetop next