ACIDMAN 大木伸夫(G.Vo) × 映像クリエイター 西郡 勲(P.I.C.S.) スペシャル対談


TOP

スペシャル対談

応募受付は終了しました。
ありがとうございました。

インタビューダイジェスト

Windows Media1MHIGHLOWRealmedia1MHIGHLOW

INTERVIEW

01 PAGE

02 PAGE

03 PAGE


Excite:お互いどのような印象を持っていますか?

大木 大木:作品と普通のときの差が激しすぎるっていうか。俺が西郡さんのことを知らないであの作品を観たら、ものすごく怖いというか寡黙な人だなってきっと思うんですけど、やっぱすごい明るいですよね。明るいっていうか面白い人。エンタテイメント性に富んでるという。俺はやるときはちゃんとやるっていう感じの人が好きなんで、まさにそういうタイプ。

西郡 西郡:僕も褒めた方がいいですか?(笑)。なんだろな、すごく分かりやすいかな。僕は映像を作ってるけど、大木くんは音楽作ってて。でも作り出すっていうことは一緒だから。話を聴いてると、なんかものを作ってる人だなって思いますね。たしか、「イコール」のときかな。PV作ったときに、「キラキラしたい、キラキラしたい」って、ずっと言われてて。最初はキラキラしたいって言ってることが理解できなかった。実際、撮影やってみて、出来上がったものを観たら、「あ、キラキラしたいってこれか!」と思ってやっと意味が分かった。ちゃんとモノを作ってて、モノをイメージできてる。するどい人ですね。 

大木 大木:そのへんは伝え下手っていうか、雰囲気で伝えてなんとかそれで解ってもらいたいっていう。こういう風な感じなんですよって。それをちゃんと感じ取ってくれるんすよね、西郡さんは。

西郡 西郡:ありがとう。実は僕はね、昔からインストものが好きだったんですよ。ダンスミュージックとか、普通のアンビエントとか聴いてたし。そういうの聴いてるときと感覚が一緒なんすよね、ACIDMANの曲って。聴いてて「ドン!」とくる心地良い場所が音にあったりするんですよ。多分、3人とも映像とか頭にぼんやり色とかがあったりして作ってるはず。僕は作ってるときはよく知らないんですけど、そうやって作ってると思うんですよ。僕が初めて曲もらって聴くと、なんらかの色が見えてくるんですよ。それがちゃんと曲に反映されているんすよ。映像を作る側にとってはイメージの湧きやすい曲を作ってるなって思うし。音楽だけじゃなくて、ちゃんとしたビジョンというかイメージがいつもあるバンドだなって。

大木 大木:嬉しいですね〜。インストは特にそういう感じなんすよね。作ってるときに一つの世界があって。で、急にそれがクルっと反転するようなものにしたくなったときに、いかにその世界を変えるか。色を一気に違うものにするかっていうのをよく考えてやるんで。

Excite:曲の中で世界を急に変換させるという点はACIDMANの得意ワザですもんね。

大木 大木:相当煮詰めますけどね。「こんなとここだわらなくていいのに・・・」っていうのに何日もかけてやるから。だから、すごい曲作りは疲れるんだけど、ホント発明に近いというか、答えはどこにもない。ルールはないし、今まで聞いてきた音楽の中にもないし、答えがないから自分自身で変えるしかないんですよね。

Excite:それでは次に、相手に対して気になっていることを質問していただけますか?

大木 大木:先になんか聞いてくださいよ(笑)。

西郡 西郡:あっ、はい。前も話したんだけど、映像を作るというのは音楽があって、その音楽に合うイメージはこれだってひとつ見つけ出す。でも、そのもともとの音楽を作るのがホント大変そうだなって。僕はまだ映画とかやってないから、ストーリーとかそういうのを脚本したことないしね。いつもデモ盤が僕のところに来て思うのが、このデモを作るのに何日かかってるのかなって。



大木 大木:メチャクチャかかりますね。ただね、簡単なときはすげぇ簡単なんすよ。多分、西郡さんみたいな人はすぐできると思いますよ。俺は西郡さんの作品観てて思うのは、俺らの曲に合わせてくれたというより、その世界が西郡さんの中にあったという感じ。西郡さんの世界が俺らの曲と偶然合ったというような感覚がいつもあって。合わせてもらってるんだけど。だから映像と音楽は難しいですね。

西郡 西郡:なるほど…(笑)。僕はいつも気をつけてることがあって、音楽に映像を付けるんだったら、音楽が聴こえないとどうしようもない。映像が主体になってしまって、音楽が聴こえてこないものって世の中にいっぱいあると思うんですよ。でも作る上で、映画でもなんでもそうなんだと思うんですけど、音楽ってすごい作用するんですよね。たとえば、そのイメージに無音と無音じゃないものってぜんぜん印象が違うんですね。僕が今やってることはACIDMANとのコラボレーションなんで、音が聴こえてこなきゃしょうがない。むしろ、音が聴こえてこなかったら失敗だと思ってますから。そこはいつも気をつけてますね。確実に映像と音が同時進行する、というのをずっと心掛けてやってますね。

大木 大木:なるほどね〜。それにちょっと絡めて、西郡さんの100%の作品を作るとしたら、それは形としては映画が一番ベストか、それとも映像作品か。なにもかも自分でやるとしたら次は何がやりたいですか?

西郡 西郡:僕はわりとこだわらない人だったりするからなぁ。生きている間に「映画作りてえなぁ」って思ったときに映画を作れるような立場にいたらいいなといつも思ってて。何かの出来事があったりして考えってちょっとずつ変わってくから。


大木 大木:なんか分かるわ。そんな感じの人だ。

西郡 西郡:モノを作ることが好きだから。僕、映画を目指していたらこんなふうにコラボレーションできなかったと思うし、いつも間に立ってるのが好き。卑怯なヤツなんだけど、どっちにもよらずに間に立ってこっそり覗いてるみたいな。
ねぇ、大木くん的に次にやってみたいことって何?

大木 大木:次? まさに今回の「Cinema」の展開で、次作るとしたらストーリーものを作りたいなと思って。ある程度自分の浮かんだストーリーを西郡さんの世界にしてらいたいなって思ってて。今回のシングルで「SOL(inst.)」って曲をそういうイメージで作ってるじゃないですか。今まさに作ってもらっててすごく楽しみなんすよね。まだ、それもちゃんと形になってるのをちょっとしか観てないけど、その世界が自分の思ってた以上にディープなものになってるから、そこが凄く嬉しいですね。

西郡 西郡:あ、ちょうど今日の朝の7時くらいまでやってました。


BACKPAGE TOPNEXT