応募受付終了致しました。
ありがとうございました。

Excite:『ASTROMANTIC』があったからって所もあるんでしょ うかね?
VERVAL:心の余裕は前よりも確実にありましたね。
☆Taku:『ASTROMANTIC』の経験はすごく大きなもので、その時にいろいろ試したことは今回のアルバムにもいかされてますね。厳密に言うと、m-floはいつもそうなんです。前回のアルバムがつねに自分の経験値として次の作品に反映されていくんで。
Excite:なるほど。これはシングルでもあるんですけど、 和田アキ子さんとの「HEY!」は、どんな形でレコーディング したんですか?
☆Taku:昔のアッコさんの曲をサンプリングして。
歌は生でレコーディングしてます。
Excite:一緒にやってみてどうでした?
☆Taku:いやぁもう、アッコさん最高ですよ。
人としても素晴らしいし、本当に魂=ソウルを吹き込むようなレコーディングでしたね。
あれほど集中して魂を吹き込んで歌う姿を、直で見ることができたのはすごく貴重な体験でした。
VERBAL:もう“アッコさん!”って感じでした。
テレビで見る以上っていうか。日本ではみんな総理大臣よりもアッコさんのことを知ってるくらいなわけじゃないですか(笑)。世界の“先輩キャラ”だなと思いましたね。
Excite:そして、アルバムの最後のほうには、LISAさん参加 のトラック「TRIPOD BABY」が入ってます。LISAさんが参加 した経緯というのは?
VERBAL:やっぱり脱退しつつも気になる存在なわけですよ。アルバム2枚作ったし、『ASTROMANTIC』の時もなんだかんだいって彼女のソロ作品を気にしてたし。だから今回頼んだのは自然な流れでした。6月の中旬くらいにやらない?ってオファーしたんで、スケジュール的には結構ギリギリだったんですけど。もう自然の流れっていう。前から頼みたいねっていうのはあったけど、もったいぶってたら時間が経っちゃった(笑)。
 
 
☆Taku:今、LISAとやったらどういうふうになるのか。それはすごく興味ありましたね。いろんなタイミングが重なって久しぶりにやる
ことになったけど、現場はもう笑いの渦で、いい緊張感を持ちつつ、すごく和やかな現場でしたね。
 Excite;曲も軽やかで、楽しい感じの仕上がりですよね。
VERBAL:昔のm-floのグルーヴ感を大事にしたいという気持ちがあって、もうそればかり気にしてたんですよ。曲自体いいものを作
れるっていうのはLISAもプロだからできると思ってたんですけど、昔3人でm-floやってた時の自然な流れ――お互いに任せあっても
大丈夫っていう、そんなグルーヴ感を大事にしたかったんで。LISAも気を使って「VERVAL、私のサビのところを書いてよ」
とか言ってくれたんですけど、逆に「LISA書いてよ」みたいな。そういう昔の流れもあったりとかして、自然なグルーヴ感を出せたん
じゃないかと思います。

 Excite:なるほど。それにしても、盛りだくさんのアルバムですね。
VERBAL:今回の『BEAT SPACE NINE』は、確実に『ASTROMANTIC』パート2ではないと思うんですね。前回のフレーバーは残しつつも、同じ監督が作った、別の映画みたいな感じです。前回はクラブ・テイストなものが多くて、ストーリーもクラブでの出会いとかが多かったんですけど、今回はそういうのもありつつ、ディープでコンシャス、エモーショナルな曲がムンムンなアルバムです。これはこれで楽しめると思いますね。
☆Taku:どんな場所で聴いても、リスナーの心に届くように仕上がってると思いますね。 体が自然と動きたくなるような曲を求めている時もあれば、じっくりと曲を聴きたい時もある。僕らもいちリスナーなので、その感覚はよく分かります。速い曲もメロウな曲も、とても心地よく聴けるアルバムだと思います。
 Excite:9月7日には、野宮真貴さんがm-floをlovesするシングル「Big Bang Romance」もリリ ースされます。
☆Taku:『ASTROMANTIC』で参加してもらったお礼もありますけど、そうでなくても
野宮さんに誘われたらいつでもやりたいってくらい野宮さんが大好きなんで。
野宮さんの久しぶりのシングルで、一緒に曲を作ることができて光栄ですね。
VERBAL:ピチカート時代からそうなんですけど、野宮さんが歌うと、オゲレツな言葉も変な言葉もすごいナイスに聴こえちゃったりする。そういうちょっとおいしい “持ってっちゃう”タイプの人なんで、歌詞も結構ハチャメチャに書かせてもらいました。で、野宮さんはサラッて歌ってたから、さすがって思いましたね。
本当にかっこいい人だなって。
 Excite:10月6日からはツアーも始まりますよね。どんな内容のライヴになりそうですか?
☆Taku:今回のアルバムのものもありつつ、前回のアルバムもありつつ、みたいな。去年はクラブツアーオンリーだったんですが、
今年はコンサートツアーなんで未成年の人も行けます(笑)。ライブセットのm-floで、みんなと会えるのがすごい楽しみです。
VERBAL:去年はライヴ自体すごく成功したんですけど、正直、心の余裕があんまりなかったんですよ。でも、今年は夏フェスにも
出させてもらって、YOSHIKAやEMYLIとも何曲かやったりして準備はできてます。もっとお客さんと一緒に楽しむことができるライヴに
なるんじゃないかなと思いますね。