応募受付は終了しました。
ありがとうございました。
coming soon! coming soon! coming soon! coming soon! coming soon! coming soon!


Excite:ついにアルバムが完成しましたね。

Salyu:はい。

Excite:デビュー・シングルの「VALON-1」から1年ぐらいが経過しましたが、その間にシングル「Dialogue」「Peaty」「彗星」をリリースしてるので、順調に進んできたのかなって思ったんですが。

Salyu:そうなんですよ。レコーディングもね、頻繁に出来てたので、集中力を保ってこられたのがよかったんじゃないかなって思いますね。

Excite:集中力が途切れることもなく。

Salyu:そうですね。作業が途切れ途切れになるよりは、目的意識も持てますから、いい流れだったんじゃないかなって。

Excite:アルバムっていうのは、デビューしてからのひとつ目の大きな区切りだとは思うんですが、それが完成した今、どんな気持ちですか?

Salyu:1stアルバムですから、ホッとした気持ちもありますね。アルバムの内容に関しては、アルバムのための新曲も入ってるんですけど、Lily Chou-Chouという名義でCDを出してた頃の音楽も入ってるんです。小林武史さんというプロデューサーと6年間も一緒にお仕事させてもらってるんですけど、その時間も全部入っていて、やっと今までやってきたことをまとめることができたかなって。やっとスタートラインが見えたところかなって思ってます。

Excite:この1年間というよりは、音楽活動を始めてからの時間で培ってきたものが集約された作品になったんですね。

Salyu:はい、そうなんです。そう考えると、じっくりと時間をかけて作れたんだなって思いますね。

Excite:先ほど、やっとスタートラインに立てたと言ってましたけど、アルバムのタイトル『landmark』(地の位置を知る目印)も1stアルバムに合ってますね。

Salyu:そういう作品になったと思います。アルバム制作は大変でした。でも、それだから楽しかったっていうのもありますね。充実した時間でした。

Excite:公式サイトのダイアリーに「コーラスが大変」と書いてありましたけど。

Salyu:コーラスは大変でしたね(笑)。いよいよアルバムも完成かなって思った時期に、新しくコーラスを入れてみようかってことになって。ちょっと気持ちが緩みがちになったところだったので、再び気持ちを引き締めてコーラス録りをしました。

Excite:シングルとアルバムというのは制作期間も違いますから、コンディションの維持とか、いろんなことに多くの注意を払わないといけなかったんじゃないですか?

Salyu:そうですね。体調管理も大切なんですけど、「明日、ワクワクするように」って気持ちを持っていくことが大切なんですよ。そう思うと、風邪を引かないように気
をつけますから。

Excite:たしかに、気の持ちようで体調が良くなったりもしますからね。

Salyu:はい。逆に気持ちが沈んじゃうと、体調も悪くなったりしますし。

Excite:では、収録曲について聞かせてもらいますが。1曲目はアルバム・タイトルと同じ「landmark」という曲ですね。

Salyu:アルバム・タイトルが『landmark』ですけど、その言葉のイメージって人それぞれバラバラだと思うんですね。なので、ひとつここで漠然とでもいいんですけど「私たちが思うlandmarkとは何か?」ということをハッキリ伝えるということはしておきたいなって。なので、1曲目に問題提議のような曲を、答えのないようなものをね、持ってきたんです。ここから物語が始まるっていうことで。

Excite:アルバム全体のプロローグというか、意思表示的な楽曲ですよね。

Salyu:すごく人間と向き合ってるような曲だと思うんです。「私ってどこから来たんだろう?」「私たちってどこから来たんだろう?」って、アイデンティティを探してる人間を描いた曲でもあるんです。

Excite:そこから2曲目の「アイアム」に繋がるんですね。

Salyu:うん、「人間って?」ということを歌ってるんです。他の歌もそうなんですけど、アイデンティティ探しっていうのが軸になってるのかも知れないね、最後まで。

Excite:「landmark」を受けての「アイアム」という流れは、すごく必然的な意味を感じさせてくれますね。3曲目がデビュー・シングル「VALON-1」ですが。

Salyu:すごくフレッシュな感じがしますね(笑)。デビューした時の気持ちを思い出すとかじゃないんですけど、最初の曲なので付き合いが長いので愛情がありますね。