SOUL'd OUT インタビュー
TOPインタビューMy 旬 ランキング応募受付は終了致しました。
ありがとうございました。
インタビューダイジェスト1MHighLow1MHighLow
ビデオメッセージ1MHighLow1MhighLow
アーティストデータ全回のインタビューオフィシャルサイト
インタビュー01

Excite:前回はシングル「Magenta Magenta」のリリースの時にエキサイトミュージックに登場してもらいましたが、今回は2月2日にリリースされた2ndアルバム『To All Tha Dreamers』について聞かせていただきます。まず、ニュー・アルバムのコンセプトというか、テーマを教えてください。
Shinnosuke:“Planet Earth, Your Network”というのがテーマになっています。これはですね、「Love, Peace & Soul」というシングルが一昨年末に出まして、そこからシングルをたくさん切ってきたんですけど、それらの曲がアルバムに当然入ると言うことで、何をしようかなと考えてたんです。その考えは昨年の秋ぐらいに固まってきまして。で、今年の元日に「To All Tha Dreamers」というシングルが出るというので、カップリング曲の「To All My Dearests」という曲をアルバムと同時進行で作ってたんです。そのシングルに収録されている2曲が、すごくハートウォームな方向になったので、それを広げた形でアルバムをまとめてみたいなと思って。
Excite:先行シングルを制作している中で、アルバムの方向性が決まったということなんですね。
Shinnosuke:そうなんです。「To All Tha Dreamers」のプロモーションビデオを観ていただくとわかるんですけど、グローバルなイメージがあって。
Excite:最後に宇宙から見た地球の姿が映し出されますよね。
Shinnosuke:はい。そこがアルバムに繋がってるイメージなんです。
Excite:シングルの「To All Tha Dreamers」とアルバムの『To All Tha Dreamers』は同じ発想で作られてて、作品同士が繋がってるんですね。
Shinnosuke:まさにそうです。
Excite:先ほどShinnosukeさんが言ってたように、「Love, Peace & Soul」をはじめ、「1,000,000 MONSTERS ATTACK」「Magenta Magenta」「BLUES」「To All Tha Dreamers」と5曲のヒット・シングルが収録されているので、アルバムの要所要所に入っているインタールードが効果的だと感じたんですが。インタールードによって、1枚のアルバムとしてトータリティーが現れたのではないか、と。
Shinnosuke:やっぱりシングルの数が多ければ多いほど、違ったニュアンスを出すのが難しくなりますからね。シングルの寄せ集め的な内容にはしたくなかったですし、どうしようかと考えましたね。
Excite:シングル曲をアルバムに馴染ませるというのは難しい作業だと思いますが、トラックを作られてるShinnosukeさんとしては、ある意味、作り甲斐のある作品だったんじゃないですか?
Shinnosuke:そうですね。そういう感じはありますね。
Excite:アルバムの冒頭に「Introduction:Message from…」があって、最後にアウトロ的な「Love, Peace & Dream」がありますけど、それもインタールードを作ったのと同じ理由で入れたんですか?
Shinnosuke:そうですね。でも、こういう作りじゃなくても、イントロとアウトロは入れようかなとは思ってたんですけどね、案のひとつとして。
Excite:前作に比べて、今回の方がコンセプチュアルな作品に仕上がったと思いますが、制作するにあたって何か前作との違いはありましたか?
Diggy-MO’:基本的にはそんなに違いはないんですけど、段階を経て向上していきたいという気持ちがあるので、表現力とか、そういう部分でのいろんなグルーヴのダイナミズムというのは、自分としては多少いいところに行ったかなって思いますね。さらけ出し、出され具合が結構いいかなって。
Excite:1stアルバム『SOUL’d OUT』が大ヒットした作品だったので、作る上でのプレッシャーは感じたりしましたか?
Diggy-MO’:プレッシャーですか。……細かく言えば、個人レベルで多少ありましたけど。でも、よりクリエイティブにという気持ちが強かったので、途中からはそんなに意識することはなかったですね。
Excite:Bro.Hiさんは、今回のアルバムのどの部分が前作と比べて成長したと思いますか?
Bro. Hi:う〜ん、まぁ1曲1曲ですからね。具体的にどこがっていうのは説明できないんですけど、“やりたいこと”や“やれること”の幅は3人3様で、すごく広がってると思います。
Excite:前作を作ったことによってそれぞれのやりたいことが広がって、それを今回やったと言うことですか?
Bro. Hi:うん、そうですね。
BACK PAGE TOP NEXT
柳田久美子の交換日記ブログ『この指とーまれっっ』連載中!