INTERVIEW WITH SUGA SHIKAOTOPインタビューダイジェスト
インタビュー
MY旬ランキングビデオコメント
応募受付は終了致しました。
ありがとうございました。
coming soon!
スガ シカオ
スガ シカオスガ シカオ
スガ シカオスガ シカオ
INTERVIEW#1
123
スガ シカオ
スガ シカオ
スガ シカオ
excite年明けの全国ツアー後、姿を拝見する機会がなかったので近況が気になっていました。ラジオも終わってしまいましたしね。
スガ シカオそうなんですよね。ラジオが終わって悲しい日々を過ごすのかなと思いきや、意外と忙しくてですねぇ。毎週木曜日のこの時間、何をしようってすごく不安だったんですけど、バタバタのまますごく自然に、あっという間にここまで来てしまいましたね。
excite7年間も続けていたことですから、それが終わるとなると喪失感もあるかと思っていたのですが。
スガ シカオ習慣として身に付いてはいたんですけどね。でもなんか、今となってしまうと「本当に毎週毎週生放送やってたのかなぁ?」と思うくらいで。不思議な感じです。
exciteその後は少し長めのお休みとか取らなかったんですか?
スガ シカオ一応名目は休みになってたんですけど、その休み中にこのシングルも仕上げたし、他の音楽の仕事とかもやってたんであんまり“休み”って感じじゃなかったですね。でもここ2〜3か月は結構気楽にやれてたかな。
excite今回のシングルは高校野球の番組テーマソングですが、これは依頼があって書いた曲になるんですか?
スガ シカオはい、そうです。
excite個人的にはスガさん=サッカーってイメージがあったのでニュースを聞いた時は意外だななんて思ったりして。
スガ シカオ好きなスポーツとしてはそうなんですけどね。でもやっぱり音楽的には放っておくと自分の好きな曲の種類の方に寄っちゃうんですよ。ディープなファンクとかが好きだから、ついついそっちに。だからたまにこういう「こんな感じの曲をお願いします」みたいな話があると、積極的に請けてトライするようにしてるんです。“爽やかな曲”って放っておくと絶対書かないから(笑)。
excite具体的に要望されたことはあったんですか?
スガ シカオ「好きにしていいですよ」っていう話だったんだけど、「熱闘甲子園」という番組は去年も一昨年もその前も、ずーっとある番組だから。そのオープニングとエンディングにはもうイメージっていうのがあるんですよね。だからあんまりそこから外れるのはマズイだろうなっていう、見えないプレッシャーはありました。
excite『奇跡』と『夏陰』はそれぞれオープニングとエンディングということなんですけど、制作順序もその順番通りだったんですか?
スガ シカオ先に『夏陰』ができて。エンディングのテーマってドラマが見えやすくて作りやすかったんで、すぐできたんですよ。で、オープニングの『奇跡』は『夏陰』の反対側のところで作ろうと。この2曲のバランスを考えながら作りました。
excite歌詞はいつも、あまり考えずサラサラと書いているとおっしゃっているスガさんですが、今回の曲に関しては“高校野球”もしくは高校時代”というポイントがあるのでいつもとは違ったんじゃないですか?
スガ シカオそうですね。やっぱり“高校野球のテーマ”というのがあったんで、今のリアルタイムな話を書いてもしょうがないのかなっていうのがまずありました。あと、高校野球や甲子園がテーマとなるとグラウンドの中の人たちが主人公、みたいになりがちなんですよね。僕は全然野球の経験がないし、甲子園に僕の高校が行ったみたいなこともなくて、高校野球はテレビの中だけの存在だったんですよ。だから、グラウンドの中の人だけが主人公っていうんじゃないものを入れて作りたかったんです。応援してる家族とか彼女とか、グラウンドに入れなかった控えの選手とかテレビで観てる僕たちとか。そういう大きいところまで全部まとめたドラマにしたかったんです。
exciteちなみにスガさんの高校時代ってどんな感じだったんですか?
スガ シカオ高校時代っていうのは本当ろくでもない人間だったんで、あんまりお話できるようなことがないんですけど(笑)。まぁ僕らの時はバイトとバイクとバンド、で、やっぱり女の子みたいな感じで。それらのことしか頭になかったからヒドイ生活ばっかりでしたね。アレもコレもってやることが多すぎちゃって、寝る時間なかったもんね。寝ないでいろんなことしてました。
exciteそういうエネルギーを高校球児たちは全部野球に注ぎ込んでるんですねぇ。
スガ シカオそうだよね〜。それは僕、すごいことだなって思うんですよね。僕のあの無駄遣いしてたあの日々がもし何か一つのことにいってたら、今頃僕はもうちょっとマトモな人間になってたような気がする(笑)。
exciteあははっ。早速話が反れてしまいましたが再びシングルについて。今回、サウンド的に一番こだわった点というのは?
スガ シカオオープニングの『奇跡』の方は疾走感っていうのがあって。テンポの早い曲を作りたいなと、スガ シカオ史上最速のテンポっていうので作ってみたんです。だからすごい早いんですよ。
excite早いと歌うのが大変とか、そういう苦労が出てきそうですね。
スガ シカオメロディーは大きくとってるので、歌はラクなんですけどギターが。早すぎて手が追いつかないんですよね。これはね、すごい大変だったですよ。こんなに早くギター弾いたことないっていうぐらい早いんで。
PREVPAGE TOPNEXT
1MB_WMP HIGH_WMP LOW_WMP 1MB_REAL HIGH_REAL LOW_REAL 1MB_WMP HIGH_WMP LOW_WMP 1MB_REAL HIGH_REAL LOW_REAL オフィシャルサイト