INTERVIEW My旬Ranking 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。 VIDEO COMMENTLOWHIGH1MLOWHIGH1M UA
TOP
UA UA
INTERVIEW 01 02 03
Excite:『泥棒』〜『SUN』〜『Breathe』と続く最近の活動は、物凄く充実してると思いますよ。ここで少し最近の活動を振り返ってみましょうか。暗闇のスリルに満ちていた『泥棒』の後には、UAさんは自身の音楽を進んで日向に当てようとしてる気がします。
UA:その通りです。『SUN』はまさしく太陽のことで、全て昼間の音というのを意識して作ったもの。『泥棒』の世界は地下、穴の下から見ていたんでしょう。自分自身はそういう私さえ俯瞰していたつもりだったけど、まだまだ自分を吐き出すという作業の渦中にいたんですね。それは快感かもしれないけど幸せではないので訣別したかったな。
Excite:快感だけど幸せではない。ブラジル音楽のサウダージ(宿命)の感覚にも延長できるかな。そこからも音楽のエロキューションは生まれますよね。でもUAさんはマイナーキーの曲が似合う人、ブルースフィーリングを持った女性という長らくの印象がありました。その部分で音楽を作るのは前作の『SUN』では辞めた?
UA:プラス暮らしの中で太陽を凄く意識していた。そしてこの『Breathe』では、いつまでも空を見上げているのも止めた。もっと真ん前を見よう。空の上ではなく自分の目の前に道があるということを意識しようとしている。宙の中に答えを求めるのではなく1曲目(「The color of empty sky」)の歌詞のように自分の内側に答えがあるという感覚を信じたい。光や太陽に溶け込みたい自分がいたけれど、私は所詮人間なんです(苦笑)。
Excite:確かに『SUN』や『la』は主人公が鳥のように上空から世界を俯瞰するのを求めてるようでもある。だからこそ神話的アプローチが必要だったんでしょう。
UA:そうしないと過ごせなかった。世界は最悪に見えたから神話というものを、こんな現代だからこそ持たないといけない気がした。心の中にあるビジョンで解決しないと自分も歌えないという気持ちでした。でも今は全てをひっくるめて事実というか、現実から目を背けても何にもならないという気持ちでいるんです。
Excite:お彼岸の季節ですよね。冗談も交えて聞くと、あっちの世界に行くのはもう止めましたか(笑)。
UA:一瞬心が傾いたけど、本当にあっちに行った時にあっちの世界に入ればいいや、なんて今は思うかな(笑)。『チベットの死者の書』などを読めば分かる通り、勿論人間は死ぬために生きている。でも私の場合は、しばらく現実を離れてしまったかな、という気持ちの方が先にあります。
Excite:UAさんの表現が単なるファンタジーではなくて、時事性や時代性にも影響されているというのを今、知りました。
UA:頭で私は考えたりしない。でも生きてたら普通に世界の憂鬱は感じるものでしょう。それを知らないフリをして幸せであることはありえないと思うので。
Excite:「泥棒」という曲についてかねてから感じてたことがあります。心臓を奪い取っていくような不吉な存在に対して歌の中では「泥棒!」と指を突き立てていますよね。9.11の事件が起きた翌年にこの歌を聞いたせいもある。当時、ぼくにとっての泥棒はブッシュ政権のことでした。
UA:……人ってね、シンプルに生態系の一部でいればいいのに自分達が人間を特別なものにしたせいで孤独を抱え込んだり他人から奪いたくなったり。世界は本当に泥棒というか全ては略奪行為で出来上がっていますよね。うん、実はそこまで含んでたんですよ。余りその点は言われなかったし聞かれなかった。指摘されて嬉しいですね。
Excite:チベットの話が出ましたが、以前パティ・スミスに貰ったと聞いたチベタンボウル(チベット仏教の勤行で使う鉢)は今も部屋にあるのですか。
UA
UA:今もあります。でも殆ど置きっぱなし。
Excite:パティの88年の曲「ピープル・ハブ・ザ・パワー」が「VOTE FOR CHANGE」というコンサートツアー(昨年10月ブルース・スプリングスティーン、パール・ジャム、REM、ジャック・ジョンソンら多数が参加して行われた米・大統領選に向けて民主党候補ケリーへの応援を呼びかける全国ツアー)で合唱されて、新しいロックンロールのスタンダードになった感があります。UAさんは政治的な曲は書かないようにしていますか?
UA:そういう訳ではないけど日本語には言霊(ことだま)というのがやはりあって。アルバムの冒頭は限りない可能性を見つけたという曲。でも限りない可能性という日本語は歌詞としては美しくなくて、結局英語詞で歌っています。私にとってはポリティカルな曲だと思う。しかし言葉としては日本語を選んでいないんですね。何故でしょう(笑)。
Excite:音楽の雰囲気を損なわずに発音できる日本語をさがすと、ついつい固有名詞が省かれる場合も多いでしょうしね。
UA:パティに関しては、最初に聞いた時とてもショックを受けましたし、ビヨークも新作(アルバム『メダラ』に収録されている「マウス・クレイドル」)でブッシュを真っ向から批判してる。未だ私は自信がないのかな。いい歳の取り方をしていけば説得力を持って歌えるかもしれない。
UA UA
BACK PAGETOP NEXT