CRAIG DAVID
TOP インタビュー 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。 ビデオメッセージ 1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
 
"キング・オブ・ 2ステップ"なる異名のもと、1stアルバム『ボーン・トゥー・ドゥー・イット』を発売したのが、2000年のこと。同作品は、瞬く間に音楽シーンを席巻。世界20ヶ国以上でプラチナ・ディスクを獲得する大ヒットを記録。2ndアルバム『スリッカー・ザン・ユア・アベレージ』も同じく世界的に高い評価を受け、クレイグ・デイヴィッドの名を不動のものとしていった。当時の彼は、コンサート・ツアーやプロモーション活動のため、日夜各国を駆け回る忙しい毎日を送っていた。念願だった”成功”という夢を手にしたクレイグ・デイヴィッドだったが、同時に彼は、プライベートな時間どころか、パーソナルな自分という意味さえも失いかけていた。そんな全力疾走し続けて来た心や身体を一度リセットすべく、クレイグ・デイヴィッドは3rdアルバムの準備へ取り掛かるに当たり、まずはロンドンに家を購入した。そこで、友人たちとのプライベート・ライフを充実させ、数年前のまだ無名だった頃の自分へと舞い戻り、みずからをリフレッシュさせゆく時間へと費やした。実は、そんな当たり前な日常を経験したことが、3rdアルバム『ザ・ストーリー・ゴーズ…』を作る上での大きな力や糧へとなっている。
クレイグ・デイヴィッドは、最新アルバム『ザ・ストーリー・ゴーズ…』を長年の盟友マーク・ヒルと共に制作。他にも彼は、アメリカで知り合ったプロデューサーのザ・アンダードッグズや、リック・ノウルズともコラボレートを実施。2ndアルバム『スリッカー・ザン・ユア・アベレージ』を発売して以降、感じ、体験し続けてきた想いを客観的に振り返りながら、全部で13篇の物語を完成。24歳の天才児は、またしても世界を圧巻させるに相応しいアルバム『ザ・ストーリー・ゴーズ…』を作りあげた。
折りしも9月にクレイグ・デイヴィッドは、日本へとプロモーションやコンベンション・ライヴの為に来日。短い時間の中、『ザ・ストーリー・ゴーズ…』へ込めた想いを語ってもらう機会を得ることが出来た。そして、4月には待望の来日公演も決定し、再び盛り上がりを見せる、クレイグ・デイヴィッドへのインタビューをお楽しみください。
(取材・文/長澤智典、撮影/田中純一)

【CRAIG DAVID The Story Goes... Album Tour 2006】
プレミアム・アコースティック・ライヴ セット・リスト(2005/9/22 恵比寿ガーデンルーム)
・ALL THE WAY
・DON’T LOVE YOU NO MORE (I’M SORRY)
・FILL ME IN
ワーナーミュージック公式サイトでは、この3曲のフル・ヴァージョンを後日公開予定! お楽しみに!
詳細はこちら
リリースインフォメーション
『ザ・ストーリー・ゴーズ…』

発売日:2005/08/24
WPCR-12159
価格:¥2,580(税込)
この作品を購入する
ライブインフォメーション
4月14日(金) ZEPP OSAKA
OPEN18:00/START19:00
前売¥7,000(1F立見&2F指定/税込) 入場時ドリンク代別途¥500
主催:FM802 (問)H.I.P.osaka 06−6362−7301
4月16日(日) ZEPP TOKYO
OPEN16:00/START17:00
前売¥7,000(1F立見&2F指定/税込)入場時ドリンク代別途¥500
主催:J-WAVE (問)H.I.P. 03−3475−9999
4月17日(月) ZEPP TOKYO
OPEN18:00/START19:00
前売¥7,000(1F立見&2F指定/税込)入場時ドリンク代別途¥500
主催:J-WAVE (問)H.I.P. 03−3475−9999
 
LINK 海外オフィシャルサイト 国内レーベルサイト アーティストデータ 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。