Excite: むしろ、今だからこそ書ける曲なんですね。
大塚: そうですね。「夢に向かっていけるよ」っていう優しい気持ちは、そこまでの余裕がないとなれないものですから。デビュー前は逆に 「そんな優しさはいらない」って(笑)。それぐらい一生懸命だったんです。





Excite: 今回の曲は、徐々に気持ちの余裕が出てきた証拠なのかもしれないですね。デビュー3年目、何か心境の変化はありましたか?
大塚: ん〜、物作りに対するこだわりは変わってないのかなと思います。良いものしか出さない、良いものでなければならないっていう、 厳しいラインは絶対に変えたくないんですよね。そこが甘くなってしまったら、多分その甘い先にはもう後がないと思うから。ただ、 厳しいことは変えたくないけど、許容範囲は増やしたいっていうのはあって、昔よりも人の意見を聞くようになったりとか、そういうこと で自分の中の材料や考え方を増やしてみたりとか。それは大事かなって思うようになりました。
Excite: そうやってどんどん柔軟になったり、引き出しが増えていくことが、 今回の『ユメクイ』にどのように反映されていると思いますか?
大塚: この曲はまず、オファーの時点でバンドが歌うってことが決まってい たんです。ですので、自然とバンドサウンドにするしかなかったし、その中で自分の声をどう聴かせようかなと。やっぱり、私の声はす ごく“女性度”が高いんですよ。そこを「どうやってバンドサウンドと合わせていくのか」っていうのが課題でした。曲を歌いこなすとい う意味でも、そこは重要だったんですね。
Excite: 歌い方、いつもと少し違いますよね?
大塚: そうなんです。私の声とバンドサウンドが綺麗にマッチして、「良いも のになる為には・・・」って考えた時、“女性度”の高い歌い方だとプリプリしちゃう。それはイヤだなっていうのがあって、なるべく低い部 分が目立つように工夫しました。私の中にある“男っぽさ”を心掛けましたね。歌詞の方も、いつもの女性目線ではなく男性目線で書い たので、特に男性っぽい歌い方にしないと割合が合わなくなってしまうと思いました。
Excite: いつもと違う面を出すということで、レコーディングに苦労した記憶はありますか?
大塚: そういった記憶はないので、多分すんなり進んだんだと思います。 感覚的には、自分の声にある成分を絞ったり、ちょっと強くしたりっていう細かい作業を、頭で考えた通りに歌ったらそのままいけた感じ。
Excite: 前回の『フレンジャー』の時も敢えて男性のコーラスを入れたりして いたことを思うと、大塚さんの中で自分の声に対する認識や自覚が、より明確になってきた感じですか?
大塚: 今回は、自分の持っている引き出しの中で、男性的な部分を出して きたって感じですかね。もともと私の声って、HIGHとLOW、息の成分の混ざり具合で、全く変わってくるというのが特徴で。バラードや 美しいメロディだったら息の成分を多く使おうとか、逆に元気が取り柄みたいな曲だったらキンキンの声にしようとか、プリプリした方が 良いとか、ちょっと怖めに歌った方が良いとか。本当に色々手がありまして(笑)。その中で、今回は初めて男性的な部分をみんなに 見せたかなって感じがします。
Excite: そう言えば、アルバムではそういったのが特に明白ですね。
大塚: そうですね。アルバムが一番分かるかな。
Excite: 一方、カップリングの『tears』ですが。ついさっき、完成したばか りの曲を聴かせていただいたんですが、切ないバラードですね。
大塚: 『tears』は、アレンジに相当悩んだ曲なんですよ。これも「東京フレ ンズ」のオファーがあった時、『フレンズ』と一緒に出したものなんです。『フレンズ』がちょっとロマンチックな曲調だったので、もう1 曲はバラードっぽいのが良いかなっていうことで。それを今回CD化するにあたって、そういう形にするのが良いのか悩みに悩んで。 何ヵ月も考えても辿り着かなかったのが、やっと「ギターじゃなくて、ピアノだ」って閃いて、全てが解決しました。
Excite: それまでは、ずっとギターにこだわっていた?
大塚: 最初は、アコースティックギターがメインになっていて、それはもう、 DVDの方に入っているんです。私もアコギで攻めようって思っていたんですけど「グッとこないな〜」って思っていて。今ひとつ、「まだ まだいけるのに・・・」っていうのがずっとあったんです。で、粘って粘って(笑)。ここまで粘って本当に良かったです。
Excite: もう、ピアノって決めてからはスムーズに進んだんですね。
大塚: ピアノと思った瞬間に、色んなことが頭の中で繋がったんですよ。 デビュー曲の『桃ノ花ビラ』(※2003年9月リリース)と繋げようって…。