2004年10月リリースのシングル「育つ雑草」をリリース後、長らくシーンの表舞台から姿を消していた鬼束ちひろが4年10ヵ月ぶりとなるアルバム『LAS VEGAS』を完成。本作では彼女が愛聴していたというYEN TOWN BANDを手掛けた小林武史にプロデュースを依頼し、音楽性の幅を押し広げつつ、前作完成時には既に決まっていたというアルバム・タイトルのもと、渾身の11曲で光と闇が織りなす彼女の旅を描いている。果たして、この作品を前に彼女は何を語るのだろう。
(取材・文/小野田雄、撮影/近藤誠司、動画/小嶋貴之、ヘアメイク/吉川清海[El mago])

  1.Sweet Rosemary
2.bad trip
3.蝋の翼
4.僕等 バラ色の日々
5.amphibious
6.MAGICAL WORLD
7.A Horse and A Queen
8.Rainman
9.Angelina
10.BRIGHTEN US
11.everyhome