Excite: それにしても、いろんな方が参加して、楽曲ごとに個性があるんですけど、一枚を通して聴いてみると、統一感があるんですよね。
Rie fu: はい。自分でも完成した作品を改めて聴いてみたところで「統一感があるなぁ」って感じました。アルバムとしての流れやバランスが良い作品になったのか なって。曲順も、レコード会社の人やスタッフの人が何人か集まって、それぞれ案を出し合って、一曲ずつ聴いていったんですよ。そういった作業がじっくり とできるというのも、日本に帰ってきたからこそできることなのかもしれないなって思いました。
Excite: アルバムの最初「5000マイル〜Album Ver.」と最後「あなたがここにいる理由」は、アルバムを作っている時からイメージとしてありました?
Rie fu: そうですね。一曲目は「5000マイル」か2曲目に入ってる「Come To My Door」のどちらか迷ったりはしましたけど、最後は「あなたがここにいる理由」か なっていうのは思ってました。この曲はここ以外には入れないというぐらい重みのある曲なので。

Excite: 「5000マイル」で始まって、「あなたがここにいる理由」までの13曲。これを通して 聴いてみると、ひとつの大きなストーリーを感じます。聴き始めると、気付いたら13 曲終わってたって言う感じでしたし。
Rie fu: そう感じてもらえるのはすごく嬉しいですね。今の時代は、音楽配信で一曲ずつダウ ンロードできたりもしますが、曲順やアートワークを含めて、アルバムを一つの作品と して楽しんでもらえたら良いなと思っています。今回のアルバムは一番の自信作です から(笑)。
Excite: 自分で「自信作だ」と言い切れることって重要だと思いますよ。
Rie fu: 自分に対する自信っていうのはまだまだだと思っていますし、足りないなと思ってるところもあるんですけど、このアルバムの自信に繋がったのは、スタッフの方やアレンジャーの方やミュージシャンの方など、周りの人に対しての信頼っていうのが大きいですね。そういう方たちがRie fuのことを考えてくれていて、信頼できるからこそ、このアルバムの自信に繋がるというか。大学で絵を描いている時は、完全に一人での作業なんですよ。音楽だと絶対にそれはひとりでは出来ないし、色んな方の協力が必要ですし、協力してくれる人が増えることで足し算じゃなくて、かけ算みたいにどんどん広がっていくんです。そういう意味での、自信作です。
Excite: 制作に関わっている人の数も1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目というふうに多 くなってるでしょうし、色んな人と一緒に作ってるんだという意識を持つことで、より良 いものが作れるんだと思いますし。
Rie fu: そうですね。活動を始めた時は、自分の性格もあるんですけど、疑いから始まるん ですよ(笑)。デビューが決まった時も「ホントに?」という気持ちがありましたし。 でも、そういう壁がやっと取り払われてきて、新しく仕事を一緒にする方に対しても、 すごく自分自身をオープンにすることも出来るようになりましたから、そういう意味でも、 自分の扉が開かれてきたかなと思いますね。


Excite: 信頼関係が築けたことによって安心感も生まれますし、もっと自由にやっても良いんだって気持ちになったりもするんじゃないですか?
Rie fu: そうかもしれませんね。何でも自分でしなきゃいけないって思うとプレッシャーになってしまいますけど、迷った時に相談できたりする相手がいると思うことで、 思い切ったことがやれたりしますし。

Excite: 気持ちがいい方向に、前向きになってるのが今回の アルバムにも表れてるんでしょうね。初回盤には全 12面蛇腹式「Tobira Art Booklet」が封入されてい ますが、これはどのようなものですか?
Rie fu: 大学の卒業制作で、大学に買い取ってもらった作 品や企業に買い取ってもらった作品とか、そういっ た油絵の画集的ものになっています。
Excite: 「ロンドンでこういうことをやっていました」っていうの が見えるような。
Rie fu: はい、そんなブックレットになっています。「ちゃん とやってたんだぞ」って(笑)。そういう意味でも、 ホントに集大成的なアルバムになったと思います。