TOP インタビュー My旬ランキング プレゼント インタビューダイジェストHIGH1M ビデオコメントHIGH1M
RIP SLYME RIP SLYME
RIP SLYME RIP SLYME
1 2 3
Excite 風通しが良くて、ゆとりのある実に楽しげなアルバムが出来ましたね。
RYO-Z 今回は分担作業で、誰かがイニシアチブをとってレコーディングをするようになったのと、FUMIYAの家にスタジオを作って、そこでも声が録れるようになったので、個人個人にゆとりが出来たんですね。
Excite レコーディングの進め方が変わった、と?
PES でも、変えたといってもベーシックな部分、トラックがあって、リリックを書くってことに関しては変わらないですからね。ただ、動き出しを早くしたり、予測して動いたりしたから、ちょっと楽になったというか。
RYO-Z 余裕があったよね。レコーディングの準備は今年に入ってから、ちょっとずつ進めていて、デモを作ったりしていたので。まぁ、さすがにレコーディングの終盤は焦りもありましたけど、いつもみたいにテンパることはなかったです。
Excite そして、余裕があると、遊べる要素が増えるっていう?
RYO-Z 遊べる要素が増えるし…。
PES あと、レコーディングそっちのけでホントに遊んじゃうっていう(笑)。
RYO-Z 完全なレコーディング月間にもかかわらず、ホントにしらっと休んだりしますからね。
PES しらっと飲みにいったりね。
RYO-Z そんな日もありました(笑)。
Excite アルバム全体のイメージとしては、アルバム・タイトル『FUNFAIR』、つまり…。
FUMIYA
PES そう、移動遊園地ですね。
RYO-Z 最初にFUMIYAからそういうテーマが出てきたので、バラエティに富んだアトラクションが1枚のアルバムで楽しめる作品になれば良いねってことになったんです。
PES しかも、その遊園地は未来的なやつではなくて、木で出来た手動で動かす感じ。「そういうのはどうかな?」っていう提案がFUMIYAからあって。
RYO-Z
Excite 遊園地が木で出来ているところは、ここ最近のRIP SLYMEの特徴であるオーガニックなムードが反映されていますね?
RYO-Z そうですね。FUMIYAって、基本的にピコピコした感じが好きなんですけど、そこに生楽器を混ぜていくのを面白がっていて、実際、トラックにはギターの音が多く入っていますから、そういう方向にはありますよね。
Excite そのムードはみんなのライフスタイルが変わってきたことが大きい?
PES まぁ、余裕が出てきたっていうことなのかもしれませんね。
Excite 今回、PESくんがトラックを担当したのは「NP」と「Tales」、「流れの中で」の3曲ですけど、「NP」はロカビリー的なロック・テイストですね?
PES そうですね。そんなつもりはなかったんですけど、後々でそうなったなって気付いた感じで。どうしてそうなったのかは自分でも分かりませんね(笑)。作っている時にギターで弾いたフレーズと打ち込んだドラムが自然とああいう感じになったっていう。
RYO-Z まぁ、でも、問題ないね(笑)。
Excite ただ、FUMIYAくんが作った「SPEED KING」もロカビリー・テイストじゃないですか? だから、今、RIPの中でロカビリーがキてるのかなって。
PES ああ、それはFUMIYAくんも言っていましたよ。「結果的にギターっぽい曲が多くなっちゃね」って。まぁ、それはそれってことで。それも意図したものではないです。
Excite そして、「Tales」はメロウなアコギもの、「流れの中で」は未来的なエレクトロ。こうして見ていくと、気の赴くままに作っていった感じが伝わってきます。
PES そうですね。今までのアルバムではヒップホップな感じをどうやって消化しようかって考えていたんですけど、今回は全く考えませんでしたね。でも、FUMIYAくんなんかはとっくにそうなっていると思いますけどね。だから、僕もあんまり考えず、好きなように作って、ラップも別にやらなくても良いかなって。もちろん、やるべきところではやってますけど、今となってみれば、もうちょっとラップやっときゃよかったなって思いますけど(笑)、気の赴きままには作ったんで、すっきりはしてますね。
RIP SLYME RIP SLYME
RIP SLYME RIP SLYME
BACK PAGETOP NEXT