TOP インタビュー My旬ランキング プレゼント インタビューダイジェストHIGH1M ビデオコメントHIGH1M
RIP SLYME RIP SLYME
RIP SLYME RIP SLYME
1 2 3
Excite 今回のアルバムはPESくんやRYO-Zくんがトラックを手掛けたり、そのトラックの表現幅も広がっているし、選抜隊がMCをしたり、変わりゆくRIP SLYMEが表れていますよね?
RYO-Z 昔からFUMIYAとは「ラップが入っていない曲があっても良いよね」って話をしているんですけど、そのうち、そういうことも出来るようになっていくんじゃないかって、自分でも期待しているんですけどね。そうなったら、ライヴの形態も随分変わると思うし、そうなったらRIP SLYMEも変わっていくだろうし。
Excite そうすることで、ラップそのもの、曲そのもののモチベーションを上げていくっていう。こと、ラップを乗せていく作業に関してはいかがでした?
RYO-Z 中には何年かかっても、言葉が乗らないトラックもあったりするんですけど、「流れの中で」でもかき回したりしたし、まぁ、ほんのちょっとですけど(笑)。
PES 「流れの中で」はRYO-Zくんのところはトラックが展開していくからね。俺がやらせておいてあれだけど、あそこは難しいわ(笑)。でも、そう思いながら、「頑張れ!」って思っていました。
RYO-Z しかもね、「あそこ、書き直した方が良いっぽいよ」って、ニューヨークで、しかも、ILMARIから聞かされて(笑)。「え〜、違ってたんだ!?」って。まぁ、結果的に良いものになったんで良かったんですけど。
PES あと、「I・N・G」も面白かったよね。もう、韻を踏んでるのか踏んでないのか、よく分からないっていう。ああいうアプローチも良いことだよね。
Excite ラップは韻を踏むものか、そうじゃなくて良いのかっていう問題もあったりしますけど。
RYO-Z 気持ちよければ、どっちでも良いと思いますけどね。あとは趣味ですよね。韻を踏んで気持ち良いならそれでも良いと思うし、そうしなくても聴かせられるなら、もっと何を伝えるのかっていう内容に重きを置いても良いんだろうし。俺はリズムに乗っかって、言葉をパーカッシヴに発していくのが楽しいので、そうなっちゃうんですけど、全然どっちもありだと思いますね。
Excite リリックで扱われているトピックに関しても、日常をいかに切り取るかっていうことが際立ってきていますよね?
RYO-Z そうですね。まぁ、リリックのトピックは夜な夜なクラブに繰り出したり、ライヴやったり、そういう中から滲み出してくるものだったりするんですけど、誰しもそういう生活をしているわけではないし、そういう意味ではニュートラルなところって、どこなんだろう?と思うんですけど、でも、まぁ、変に大衆的な内容にしなくても良いと思うし、なるべく素直に、それでいてなるべく分かり易い表現は心掛けていきたいとは思っていますね。
ILMARI
PES 漠然ともなりがちなんで、難しいところですよね。「I・N・G」とか「残念ボーイ」みたいな、何があって、どうしたこうしたっていう曲はすごく書きやすいというか、RIP SLYMEらしいと思うんですけど、漠然としたもので、伝わり易く楽しい曲が作れたら良いなとは思いますけどね。
RYO-Z そういう曲のバランスですよね。「Fa-a-ar」とか「StroboX」みたいな、意味のあることは言ってない曲もあって良いし。
PES 「Fa-a-ar」に至っては奇跡ですよね。メジャーから出るアルバムにこういう曲が入っているっていう(笑)。
SU
Excite でも、意味がないなりに曲そのものに強さがないと残らなかったりするじゃないですか。そう考えると、勢いだけで突っ走りつつも、頭は高速回転しているっていう。
PES そう。前のアルバムで一緒にやったスチャダラパーのBOSEさんが「何も言わないのって一番難しいよね」って言っていて、「あ、そうなんだ?」って思ったりしていたんですけど、最近それがすごく分かるようになってきて。何も言わないような、でも、ちょっと言ってるような、そういうリリックは…難しい(笑)。
Excite トラックの流れで言葉って出てくるものだろうし、考え過ぎてもしっくり来なかったりするでしょうし。
RYO-Z 大体、滑稽になりますからね。そこに陥らないようにとは思っていて。
PES そう思っていても、取り消したい箇所がこのアルバムでも何個かありますからね。
RYO-Z 早いな〜(笑)。
PES 僕はありますよ、そりゃ。「すまない、時間よ戻れ!」と(笑)。
RYO-Z まぁ、でも、アーティストのそういう後悔が次の始まりですから。
PES 今回はライヴのことも考えずに作りましたからね。でも、今まで色々考えてやってきましたからね。
RYO-Z うん、そうそう。思うがままにやっていこう!移動遊園地で遊んでいる子供のように(笑)。
RIP SLYME RIP SLYME
RIP SLYME RIP SLYME
BACK PAGETOP NEXT