TOP インタビュー My旬ランキング プレゼント インタビューダイジェストHIGH1M ビデオコメントHIGH1M
interview with THE BACK HORN
THE BACK HORN THE BACK HORN
THE BACK HORN THE BACK HORN
PAGE 1 2 3
excite その10年後の「冬のミルク」を録ったことで本当にTHE BACK HORNの10年がパッケージされたことになったわけですが、改めてこの10年を思い返すとどんなことが思い浮かびます?
岡峰光舟/Bass
松田晋二 本当に、曲を出すごとに道が開けて。また道の途中に生み出すものがあって、そこからまた進んで行くという、10年間、立ち止まらずにやってきたことこそが、バンドを10年やってこられた要因でもあるんじゃないかと思っていて。流れに押し出されるように動いてきたというか。でも曲を作る時には、その瞬間のリアルな俺らの「これだ!」っていうものをしっかり結着を付けて出してこられたから先に進めたと思うし。そこを振り返れば、平坦な道でも追い風に乗っているような道でもなかったけど、曲っていう壁を4人で作っては乗り越えて、ライヴをやって…。それをずっとやってきたような気がしますね。
菅波栄純 そういう感じですよね。曲って結局、狙っては作れない。自分たちが感じていることだったり、無意識の部分だったりが曲になるんですよね。曲が出来て自分たちでも「今、こう思っていたのか」とか。(山田)将司がたまに言っているけど、曲に引っ張られて、曲に連れて行かれる感覚があったりして。「もっとこっちまで上がって来い」って曲が言っている感じだとか。そういうことで10年、進んできたんだろうなぁって思いますね。基本的には無我夢中ですけどね。制御しきれないTHE BACK HORNとか音楽っていうエネルギーを感じていて、それに導かれながら、振り回されながら、戦いながらやってきた気がする。それが曲になっていって、アルバムとしてまとまって。めちゃくちゃ感動的ですよ。
山田将司 昔は無意識的にやっていたなぁって思いましたね。曲とも1曲1曲ガチンコでぶつかってきたから、曲によって自分の生活とかが変わってきたことや、THE BACK HORNをやってきて自分も変わったところもあった。で、「これからどうするの?」という話で。ベストアルバムが完成したことで、むしろ俺はこれからのことを考えていましたね。10年って時間の長さを感じてはいなかったですね。一生懸命やってきていて。でもどんどん意識的にはなっていったと思う。だけど頭で整理出来ることばかりやっていても音楽やっている意味はないから。ワクワクしたい。だから無意識的な部分も自分の中に作っておきたいっていうのはありますね。音楽をやっている由縁だから。楽しむこと。ライヴで曲に持っていかれたり、自分を持っていったり。意識的かつ無意識な、自由なスペースを自分の頭の中には作っておきたい。
excite 光舟は…。
岡峰光舟 メンバーになったのは(2nd・アルバム)『心臓オーケストラ』出した後で。ライヴは『サニー』の頃からやっていて。7年くらい。
菅波栄純 7年経ったんだなぁ。
岡峰光舟 メンバーになってからは6年。だからTHE BACK HORNになってからのことを思い返すとライヴを抜きには出来ないところはありますね。ずっと曲ばっかり作っていたら出来ないと思うし。ライヴがあってこそ色んなものが成立しているし、次に行くためのヒントとかはライヴで掴むことが多いし。意外と音源を録った後にライヴでやって気が付いていくことも多いし。ライヴは重要だなぁって思いますね。そしてこれからのTHE BACK HORNにとっても重要ですね。
excite 曲を聴けば聴くほど、リスナーとしてもその時、その時の自分のことが思い出されて。10年って相当な時間ですよね。「冬のミルク」が生まれた年に生まれた子供は10歳になるわけだから。
松田晋二 そう。まさに「冬のミルク」は10歳です。
菅波栄純/Guiter
excite そんな10年前に思い描いていた10年後の自分の姿ってあった?
松田晋二 思い描いた記憶がない。もうそういうバンドの未来像がなかった。10年後はどんなことになっているかというよりも、今だったり、明日の、明後日のTHE BACK HORN、この次の曲のTHE BACK HORNっていうものの積み重ねで今に至っていると思う。個人的にはこういうバンドでありたいなっていうイメージはあったけど、10年後なんてわからないよっていう感じでしたね。明日、曲が出来てみないとわからないし、明後日になってみないとわからないし、1年経ってみないとわからないし、って。そこに何かを設定して4人で向かっていくのもありなんだろうけど、じゃあ何を設定するの?って。CDの売り上げやライヴの動員とかではなくて、イメージみたいなものをどれだけ鋭く楽曲に出来るかっていうことだと思うんです。それをずっと4人で追い求めているだけだから。逆に今となっては、簡単な目標を設定してそこに向かって進んでこなくて良かったっていうのは思いますね。俺らの音楽っていうのはそういうものなんじゃないかなって。そうやってきた音楽に対するハングリーさは今も同じですね。
THE BACK HORN THE BACK HORN
THE BACK HORN THE BACK HORN
BACK PAGETOP NEXT