TOP Interview My旬ランキング Video CommentHIGH1M
interview with 小泉今日子 interview with 小泉今日子
interview with 小泉今日子 interview with 小泉今日子
PAGE 1 2 3
Excite:どの曲をどんな声で、っていう選択は、歌いながら決めていったんですか?
小 泉:そう。何度か歌って、ディレクターが「もうちょっと優しい感じで歌ってみますか」とか、「もうちょっと強い感じで」とか、ニュアンスなんですけどね。でも、それで歌ってガラッと変わるから。曲によっては、作曲した人がディレクションした時もあったし。前作『厚木I.C.』が、いわば私たち2人にとってのデビュー作。私も、それまでのものとは切り離して新しい音楽を作ろうと思っていましたから、私自身にとっても2人にとってもデビュー作だったと思うんですよね。でも今回は2枚目だから、少し息が合ってきたという感じがありますね。楽曲的には本当にバラバラなんですよね、バラエティに富んでるでしょ?
Excite:音も色々ですしね。
小 泉:だから、一曲一曲の歌入れはすごく楽しかったですね。全部違っていいやと思うと、一曲ずつ振り切れるっていう感じがあったし、トラックダウンの段階でも、思いっきりディレイでエコーみたいなのを掛けるところとか、そういうメリハリがはっきりしてきて、すごく楽しかったですね。
Excite:上田健司さんの「Samida‐rain」もすごく切なくて、良いですよね。
小 泉:そうなの!レコーディングしようかなって動き始めた頃に、上田さんがどこかから私がレコーディングするっていう噂をキャッチして、自ら作って売り込んでくれた曲なんです。すごく良い曲で、自分の声にもきっとぴったりだろうなあと思いました。
Excite:軽やかでポップなんですけど、ちょっと憂鬱な雰囲気もあって。
小 泉:でもなんか少女っぽさがあるっていうか、かわいいんですよね。上田さんは、歌詞も素敵なんですよ。ロマンティックなんだよね、ちょっとセンチメンタルで。上田さんとは相性がすごく良かったので他にも作ってもらって、結局、上田さんの曲は3曲入ってるんですよね。
Excite:「秘密の森」の小泉さんが書かれた歌詞の、<あなたのココロはいい匂い>っていう表現もはっとさせられました。この言葉は、どこから出てきたんですか?すごく自由な表現ですよね。
小 泉:なんとなく、ですけど(笑)。でもやっぱり、エッセイとか他のものを書いている時に比べて、一番自由ですよ。なんでもあり。メロディが助けてくれるから、多少伝わりづらい言葉でも、耳触りが良ければ意外と歌詞ってOKなんですよね。だから自由に書けるかな。
Excite:ユニークな歌詞といえば、リリー・フランキーさんもElvis Woodstock名義で2曲、参加していますね。「小泉今日子はブギウギブギ」、最高に面白いですね。
小 泉:「そろそろレコーディングしようか」っていった時に最初に相談したのがASA-CHANGだったんですね。で、ビッグ・バンドみたいな曲をやりたいなあっていう相談をしたら、この曲を作ってくれたんです。ASA-CHANGは、「小泉今日子“の”じゃなくて、小泉今日子“は”で!」っていうところにすっごいこだわりがあったみたいで、かなり強く言っていました(笑)。昭和の匂いもするブギウギで、せっかくだから私の酔っ払い伝説を詞にしようかな?と思ったんです。でも、自分で書くとちょっと甘くなるか、自虐になり過ぎるかだなあという気がして(笑)、客観的に見てる人が書いた方が面白いんじゃない?と思ってリリーさんにお願いしたら、ちょうど良い感じで出来たんですよね。
Excite:豪快でかわいくて。正しく、小泉さんでなければ歌えない曲ですよね。
小 泉:まあ、得意技ですからね、自虐は(笑)。「なんてったってアイドル」もそうだったし(笑)。
Excite:その系譜に連なるんですね。
小 泉:自分を自分で冷静に分析する、みたいなね。
Excite:でも、面白コミック・ソングになってしまうのではなくて、音としてもすごくカッコ良いですよね。
小泉今日子
小 泉:うん、音もカッコ良いし、詞もちゃんとロマンティックなんですよ、リリーさんが書いてくれたのは。
Excite:暴露ネタでもなく、ちゃんと物語になっていますよね。今年の()SUMMER SONIC】のステージでも、この曲を披露されましたよね?
小 泉:そうそう、「一曲ぐらい新しいのをやろうね」ってみんなで話し合ったんですよ。ASA-CHANGたちがバック・バンドだったんで、「練習がてら、やりますか?」って。まだレコーディング前で歌入れも済んでいなくて、リリーさんの歌詞がやっと出来てきたのが、リハーサル最終日の夕方ぐらいだったんですよね。それまで私はずっーと「ららら」で歌ってました(笑)。最悪の場合、「リリーさんの歌詞が出来てないから、即興で!」っていう歌詞にして歌おうかなと思ってたんですけど、何とか本番に間に合って、歌うことが出来ました。
Excite:恐ろしいエピソードですね(笑)。
小 泉:(笑)。でも私、そういうことが嫌いじゃない。
Excite:楽しめるんですか?
小 泉:ちょっとこう、(テンションが)上がるでしょ? 楽しいですよね。
Excite:なるほど…。私なんかは、年を重ねることへの不安がけっこうあったんですが、お話を伺っていると、これからも頑張ろうという気持ちになってきます。
小 泉:楽しいことだよ、年を取るって。20代の時に遊んでいた友達がたくさんいて、どこかでみんなそれぞれの道を歩き出して…でも再会した時に、「あの時撒いてた種は、ちゃんと木になってるなあ」っていうようなことを感じるんですよね。そうすると、生きていくことにさらに自信がつくから、「私、20代の時にさぼってなくて良かった」って思ったんです。仕事もちゃんとしてたし、遊ぶこともさぼってなかったなと思って。そういうのの、結果が出てくるんだよね、そろそろ。だから、今をさぼらずに生きたいなって思うし、それが先の結果になるんだなあと思います。
Excite:このアルバムも実りの一つなんですね。では、最後に。このアルバムを色々な方が聴くことになると思いますが、一言メッセージをお願いします。
小 泉:やっぱり同世代の人に聴いてもらいたいなあ、という思いが一番強いんですよね。皆さん、一緒に、切ない中年になりましょう(笑)。
Back Pagetop Next