TOP インタビュー My旬ランキング インタビューダイジェスト 1M HIGH ビデオメッセージ 1M HIGH プレゼント
Interview with 森山直太朗 Interview with 森山直太朗
Interview with 森山直太朗 Interview with 森山直太朗
Interview with 森山直太朗 Interview with 森山直太朗
<生きてることが辛いなら/いっそ小さく死ねばいい>こんな歌詞で始まる森山直太朗の新曲「生きてることが辛いなら」。テレビやライヴでの披露以来、その冒頭部分の歌詞を巡って大きな反響を呼んでいることは皆さんも既にご存知だろう。これは元々、彼の長年のパートナーである御徒町凧氏がしたためていた一編の縦書きのポエムだったそうだ。断片だけがクローズアップされてしまっているが、最初から最後まで聴くと、非常に力強い生命の力を感じさせてくれる。何故彼は、この“歌詞”ではなく“ポエム”として既に完結していた作品にメロディーを乗せて歌おうと思ったのか。その心の動きを探ると共に、この曲が披露されてきたツアーのファイナルで「魂の続く限り歌い続けたい」と言った彼の言葉に繋がる思いを、じっくりと訊いてみた。
(取材・文/山田邦子、スチール撮影/古溪一道 www.kazumichikokei.com 、動画撮影/福富雅士、動画編集/松橋直樹) インタビュースタート
新譜情報 New Single 2008/08/27リリース『生きてることが辛いなら』
新譜情報 New Single 2008/08/27リリース『生きてることが辛いなら』
収録曲
1.生きてることが辛いなら 試聴 PV視聴
2.生きてることが辛いなら (弾き語り)
3.生きてることが辛いなら (instrumental)
UPCH-80088 ¥1,100(税込)
この商品を購入する
プレゼント 直筆サイン入りポラ写真 3名様 プレゼント 直筆サイン入りポラ写真 3名様
応募する
オフィシャルサイト レーベルサイト アーティストデータ 前回のレポート(2008.08.03掲載) 前回のインタビュー(2008.03.07掲載)
Interview with 森山直太朗