NICO Touches the Walls
TOP
インタビュー
My旬ベスト
プレゼント
インタビューダイジェストHIGH1M
ビデオコメントHIGH1M
NICO Touches the Walls NICO Touches the Walls
NICO Touches the Walls NICO Touches the Walls
1 2 3
Excite 演奏面で“スタンダードな曲を”という意識はありましたか?
対馬 そんなに意識したわけじゃないんですけど、僕らが良いと思える方向が、自然とそっちだったというか。芯がある音楽という感じですかね。
Excite 今日の撮影中も音に合わせて、自然に身体が動いていましたね。“芯がある音楽”という言葉通り、曲が肉体化されているというか。
対馬 そうですね。感覚と身体が一緒に付いていくようになってきて、それが自信に繋がっていると思います。
坂倉心悟(Bass)
Excite リズムセクションとして、アレンジや音の面で冒険した部分はあった?
光村 苦労した曲もありましたね。どの曲もそうなんですけど、ドラムもベースも、曲ごとに音色を考えて作っているんですよ。収録されている曲で、リズム隊が全部同じ音で録られているということはないんです。気付いてもらえないかも知れないですけどね(笑)。7曲目の「有言不実行成仏」なんかは、リズム隊の二人は相当、苦労してましたよ。
坂倉 この曲は難しかった(笑)。ファンクは熟練度が必要なので、なかなか強敵でしたね。ベースがちゃんと転がっているか、常に考えながら演奏しました。
光村 うちのリズム隊は、ボーカルの抑揚のごとく、割と歌っちゃうんですよね。「有言不実行成仏」のようなカチッとしたダンスナンバーは初めてだったし、ベースのスラップも大変だったんですよね。その場のセッションの雰囲気を大事にしたいから、機械的なものに頼るのが大嫌いなんですよ。この曲も生でやり切ろうとしたら、それが全然上手くいかなくて。最終的には、「ベースはリズムマシーンを流しながら練習しなさい」と(笑)。ライヴではまだやったことがないんですけど、実際の演奏で強くなっていく曲なのかなと。
Excite ギターの演奏も、普段の曲とは変わってきますよね。
古村 変わりますね。カッティングなんかは、これまでの曲であまりやっていなかったし、ファンクは人間味のカッコ良さだったりするじゃないですか。ただカッチリやれば良いというわけじゃないので、今の自分達の人間味で勝負しました(笑)。
光村 本気でファンクをやっている人からしたら、そんなに上手なわけじゃないと思うんですよ。でも、それだけに日本人らしさが出た曲にもなったかなと。
Excite ファンクはあまり上手過ぎるとおじさん臭くなる場合もありますし、カッコ良く仕上がっていますね。続く8曲目の「ほっとした」からはまた雰囲気が変わって、先程言われた“静かだけど熱のこもった曲”が聴こえてきます。特に11曲目の「葵」は、魅力的なスタンダードナンバーですね。
光村 この曲は「Broken Youth」や「anytime,anywhere」(12曲目)と同じくらいの時期に出来た曲ですね。僕はトラヴィスが大好きなんですけど、『THE INVISIBLE BAND』というアルバムを聴いていた時に、「俺のニコのイメージとメチャメチャ近いなぁ」と思って。そんなことを考えながらアコギを弾いていた時に、パッと出てきたナンバーなんですよ。どんなアッパーな曲も差し置いて、このアルバムの中で好きな曲ですね。「これぞニコだ!」という感じです。
Excite なるほど。演奏面ではどうですか?
光村 ニコの演奏って、特別、手数が多いわけではないんだけど、歌心と揺らぎがあって、音に奥行きがあるんです。音だけで景色が見えてくるというか。そういう一面が、このメロディとともにバーッと浮かんできて。みんなが演奏している風景がハッキリと見えてきたし、ニコが始まって以来、一番良い曲が書けたんじゃないかなと。
坂倉 すごく好きな曲で、「これぞニコだ!」というのは、僕も分かります。演奏していても気持ち良い曲ですね。
対馬 この曲は自分を覆い隠すくらいの景色が見えるんですよ。変な話、ステージで演劇をしている人達のような感じで、曲に入り込むことが出来て。他の曲とは少し違うし、面白いですよね。
光村 パッと見は、こんな曲のドラムを叩いている人には見えないけどね(笑)。
古村 バンドとしても、この曲が来た瞬間に一発で落ち着いたというか、理由もなしに腰が据わったんですよね。景色がすぐに浮かんだし、個人的にも自分を表現し易い曲です。そんなに色んなことをやっているわけじゃないんですけど、優しい気持ちで弾きました。愛ですね(笑)。
Excite 言葉もシンプルで、割とストレートな印象がありました。
光村 そうですね。ラブソングではあるので、出来るだけシンプルな言葉選びは心掛けました。自分の経験と重ねちゃうと、グチみたいになって言葉が出てこなくなってしまうので(笑)、ドラマを観ているような感覚で書いたんですよ。
Excite ストーリーテラーとして、物語を動かすような感覚でしょうか。
対馬祥太郎(Drums)
光村 どの曲もそうなんですけど、実体験よりも周りに対しての思いとか、周りの出来事を歌詞にすることが多いですね。それこそ、おとぎ話的な余韻も取り入れながらという感じです。
Excite 最終曲の「anytime,anywhere」は、アルバムを締めくくるに相応しい良い曲ですね。憂いがありながら、どこか突き放すような感覚もあって。
光村 最初は1曲目のつもりで書いていて、実際に「このマイナーコードの響きでアルバムを始めたら最高だ」と思っていたんです。曲が出揃った段階で、最終曲をどれにするかというのは、かなり議論があったんですけど、誰かが「『anytime,anywhere』にしよう」と言った時に、自分の中でもすごいハマっちゃって。
Excite それはなぜだと思いますか?
光村 このアルバムのどの曲とも混ざらない、ちょっと異色な感じなんだけど、一方で、バラードとアッパーなナンバーの中で、すごく中庸な曲だと思っていて。歌詞の内容も一番個人的で、割とノンフィクションに近い。日々抱えている鬱憤が最後にドバーッと吐き出されるので、曲が終わってメチャクチャすっきりするんですよね。それがアルバムの最後に来て、「これしかない!」と思えたというか。“報われ感”がある曲なんです。
BACK PAGETOP NEXT