TOP インタビュー My旬ランキング インタビューダイジェスト インタビューダイジェスト 1M HIGH ビデオコメント 1M HIGH プレゼント
AI AI
AI
AI
1 2 3
 
excite

今回のリードトラックはどの曲になるんですか?

AI シングル『大切なもの』のカップリング「Touch the sky」と「feel for you」。それから「おくりびと」とATSUSHIくんとの「So Special-Version AI」。
excite

「大切なもの」はアルバム『DON’T STOP A.I.』に入っていて、後からシングルになったんですよね?

AI そうですね。だから新曲という意味では、そこに入っていた2曲がそうで。
excite ということは、まだアルバムのヴィジョンがないままに、「おくりびと」をシングルにすることになったの?
AI はい。「おくりびと」は映画主題歌の話が来てからだったから、どういうアルバムにするかっていうのも見えなくて。久石(譲)さんの曲だったのでクラシックな感じで。久石さんの曲は大好きで、小さい時から聴いてきた。これを最初に聴いた時に綺麗な曲だと思ったけど、そこへ私が歌詞を書いて歌うとなった時に、「どうすれば良いんだ?」ってなったんですよ。
excite

フジテレビ系ドラマ「医龍 Team Medical Dragon 2」主題歌「ONE」以来のチャレンジ?

AI そうですね。人が作ったメロディという時点で、歌い回しとかメロディの感じというのがあると思うんですけど、人の曲の時はどういう歌詞を乗せたらメロディが映えるかという…。また私が歌うと、そのメロディラインが変わってきて聴こえるんですね。「おくりびと」の時も既にチェロが歌っていたんで、それが美し過ぎて自分の声が乗った時にどういう感じになるか…私が歌ったことで妙になっても困るし、映画も観て素晴らしかっただけに、歌詞を生きることだったり亡くなることだったり、家族のことだったり、誰の身になって歌詞を書くかということを考えて。映画を観た感じを歌詞に表現した方が良いのかと思って、だけど自分の感動とか映画でこういうことを伝えたかったのかとか、そういうことを歌詞にしていって。
excite

かなりチャレンジでした?

AI

そうですね。正直この話が来た時はビックリしたし。私の歌はどちらかというと動き過ぎるというか、自分の感じが出ちゃい過ぎるから、チェロのせっかくの良いメロディが私の言葉によって崩されたくなかったんですよ。最初に久石さんに会ったら、「これに歌を乗せるの?」ってビックリしていて。「これ範囲が上から下まであって大変でしょ。大丈夫?」って言われて。「大丈夫だと思います」「よろしくね」「はい」……ってなったんですけど。

AI
excite 「people in the World」も映画『ララピポ』の主題歌ですね。70年代のマービン・ゲイやダイアナ・ロスを思わせる雰囲気で。
AI これは映画のために作った曲。台本があって、「主題歌を歌って欲しい」と言われて。向こうの注文としては70年代のディスコでソウル。ちょっとファンクな感じも入れつつ。面白そうだなと思って。ヒロキくん(成宮寛貴)と友達なので電話して、映画に合いそうかどうか歌詞を聞いてもらったんだけど、「バッチリやで」と言われて、そこでちょっと安心してレコーディングして。本当にこの曲は楽しんでやりました。
excite アルバムはどの曲も素晴らしいですが、特に「FIRE!」のハーモニーがすごく良かったです。
AI

嬉しいですね。そこまでちゃんと聴いてくれてありがたいです。

excite

さっき、「自分の歌は動くところがある」と言っていたのは、こういうこと?

AI

そうですね。ちょっとクセがあるというか、コーラスワークは自分でもすごくこだわりたいし、“歌”っていうよりも“作品”としてコーラスはこだわっていたので。「FIRE!」は「people in the World」寄りではないけど、ちょっと声的には強い。ちょっと自分がコーラスの人になったイメージ。なんていうのかな、ミュージカル映画の『シカゴ』みたいな感じでもないけど、リズム&ブルースのアップテンポというか。

excite グルーヴが効いていますよね、ビートが良い。
AI そうですよね。
excite

「SCREAM」「people in the World」「FIRE!」って音楽讃歌だと思うんです。

AI はい、そうですね。「SCREAM」の後に何を入れるか迷って、「FIRE!」の後も本当に何にしようか迷ったし、やっぱりこの2曲が強い曲なので。
excite 「like a bird」を歌っている時、CORN HEADさんの歌があるからかもしれないけど、逆にAIさんのヴォーカルに透明感があるというか、他の曲とは違って軽やかに歌っていますよね?
AI

そうですね。いつもとちょっと歌い方を変えて、いつもなら早いところからビブラートを入れるけど、この曲ではビブラートを後ろの方に入れる歌い方で試したら、そうしたらそれがすごく合ったので。

excite 二人で歌い込んでいたらtoo muchになっていたかもしれませんね。
AI そう思います。
excite

最初にアルバムを通して聴いた時にスッと耳に入ってきて気に入ったのが「Day Vacation」なんです。

AI いやぁ、嬉しい。この曲は今までだったら多分やらないような曲だけど、今年ちょっと違うことをやりたかったので、こういうバウンシィな曲は初めてだし、軽やかなふざけたようなギターのサウンドといい……。歌詞は、色んなことから抜け出して、この1日だけのヴァケーションを楽しむという曲なんですけど。
AI AI
AI AI
AI AI
BACK TOP NEXT