トップ > インタビュー > 安室奈美恵 アルバム『PAST < FUTURE』 インタビュー1


TOP INTERVIEW TOUR SCHEDULE
interview with 安室奈美恵
安室奈美恵
PAGE 1 2
excite:『PAST < FUTURE』、“過去より未来”というタイトル通り、今回のアルバムも打ち破っちゃってますね。振り幅を広げている感じは、過去のアルバムでいうと『STYLE』あたりと共通するのかな?

安室:そうですね。わりとイチから探した感じで、いわば過去に囚われずに今の私のストライクゾーンを追及した感じかな。ベスト盤後のアルバムとしても、良い楽曲との出会いが出来たと思う。

excite:今回のアルバムで一番こだわった点というと?

安室:今回は感覚重視というか、このメロディーで歌いたいとか、このフレーズのココが歌いたいっていう選び方で、意外と苦戦したという意味では歌詞かな。サウンドと日本語の歌詞のバランスで、違和感を感じたものは何度も直していただいたりもしたり、今までとはちょっと違うチャレンジの仕方でしたね。

excite:チャレンジというと、「FAST CAR」のスキャットなども新しいのでは?

安室:そうなんですよ。昔はちょっとテレがあって選ばなかったラインだったんですけど、今回は逆にあの部分が気に入って歌ってみたくて。

excite:しっとり聴かせる久しぶりの王道バラード「The Meaning Of Us」、一方、「Shut Up」や「LOVE GAME」のように強い奈美恵にも新たな攻めがあって、ジャンルの枠を打ち破ってなおも、安室奈美恵らしいアルバムに仕上がってるのはさすが。

安室:「Shut Up」は、ここまで強い女性像っていう意味では意外と新鮮ですよね。「LOVE GAME」もそうだけど、肉食系女子的な(笑)。<巻き込まないで>って言い放ち、恋愛も自分から勝負を仕掛けて勝ち取りにいくっていう。

excite:歌詞はいろいろ書き換えてもらったりもしたっていうことは、奈美恵ちゃんの思いにもリンクしているってこと?

安室奈美恵
安室:そうとも言えるかもしれない。新たに「なるほど〜」って納得したり、「そうだよね」っていうことだったり、口にも態度にも出さないけど、「実はそうです」っていう部分もあるかもしれないですね(笑)。

excite:また、ミュージックビデオで映像と一緒に聴くと楽しい曲も今回は多いよね。しかも、先ほどの「The Meaning Of Us」では、脱ぎ・シャワー・ベッドシーンと、3大セクシー要素を詰め込んだ“大人の奈美恵”を初披露!

安室:大サービスしちゃいました(笑)♪ 今回、ベッドのシーンは「FAST CAR」でもありますからね。いずれはさらに経験値を積んで、もっと大人なシーンに挑みますよ(笑)。ミュージックビデオもひとつの表現とすると、タブーって思われそうなところほど、逆にどう安室奈美恵らしくできるか、そこを自分でも楽しんで挑戦していきたいから。

excite:それは楽曲もそう?

安室:曲はあまりそういう考えはないんですよ。逆にファーストインプレッションというか。今回のアルバムもそうですけど、今の自分のアンテナに引っかかったものだし、1年前や1年後ならもしかして選んでいないかもしれない。そういう感じなんです。

安室奈美恵
安室奈美恵
BACK BACK NEXT
TOP INTERVIEW TOUR SCHEDULE