interview with

interview with BoA

page 1 2 3
excite 今回リリースされる『BEST&USA』は、日本向けのベストアルバムとアメリカ向けのデビューアルバムの2 in 1仕様。まずは念願のアメリカデビューのお話から聞かせてください。デビューが決まった時の心境はいかがでしたか?
BoA その話が出始めたのは3年前で。
excite あ、かなり前なんですね。
BoA そうなんです。で、実際にレコーディングし始めたのは1年半ぐらい前からなんです。初めてアメリカデビューの話を聞いた時は、あまりピンとこなかったんです。当時は、日本と韓国の行ったり来たりだけで結構大変だったので…。だからと言って、今は実感があるかと言われても、実はそんなに無かったりします。まだリリースされてないし、自分でも完成盤を手にしてないので。パッケージになって届いたら肌で実感出来ると思うんですけど、今のところはまだ何とも言えない感じですね。
excite USA盤の楽曲セレクトは、BoAさんも積極的に参加を? BoA
BoA 私はまだアメリカのマーケットを勉強している途中なので、色んな方から意見やアイデアを出してもらったり、アドバイスしてもらったりしました。どちらかというと、学ばせてもらっている感覚でした。
excite レコーディングは、全てアメリカで行ったんですか?
BoA 基本、アメリカでした。ただ、プロデューサーによってはオーストラリアだったり。タイとかでもレコーディングしました。
excite 今まで以上にワールドワイドな展開だったんですね。その最中、何か大変だったことはありました?
BoA やっぱり、言葉が一番大変でした。全曲英語なので歌詞をメロに合わせて歌うのが。早口の言葉もあったりして、そういうところは結構難しかったですね。
excite 英語が堪能なBoAさんでも言葉の面で苦労されたとは。
BoA そう〜ん、何か分からないですけど、英語が喋れるイメージがあったみたいで(笑)。
excite ペラペラのイメージがあります。
BoA そんなことなくて、全然喋れないんですよ。なので、アメリカに行くことが決まってから英語の勉強を始めました。
excite これまでにアメリカでレコディーングしたことは?
BoA 今回が初めてです。
excite 日本や韓国でのレコーディングと違うところ、もしくはアメリカでの新しい発見はありましたか?
BoA とにかくレコーディングに集中出来ました。日本や韓国だとどうしても、レコディーング期間であってもプロモーション活動が重なっちゃったりして、限られた時間で進めなければいけないことが多くて。とはいえ、そんなに焦ってはいないんですけどね。でも、アメリカでのレコーディングは、その為だけに現地に行ってるので、他のことはしなくて良いというか。楽しく、ゆったりレコーディング出来たかなって思えましたね。
excite レコーディング期間の1年半は、日本や韓国での制作も平行して行っていたのでは?
BoA 韓国でのリリースはやっぱりちょっと、時間的に厳しくて出来ませんでした。その分、アメリカでの制作に時間を割いて集中して出来たと思います。それでも昨年末はUSA盤の制作と、シングル『永遠/UNIVERSE feat.Crystal Kay& VERBAL(m-flo)/Believe in LOVE feat.BoA』の制作で結構バタバタしちゃって。けど、どちらもすごく順調に終わって良かったなと思っています。
excite 今日のこのタイミングではリリース日まで1ヶ月近くありますけど、落ち着かない?
BoA そうですね…これからアメリカでのプロモーションがあるので、ホッとしているとは言えないですね。でも、ベストアルバムは自分が今まで活動してきたことをまとめたアルバムだし、USAデビューアルバムは頑張って準備してきたものをみんなに聴いてもらうことだし。両方とも、私にとって大きな意味を持っていると思うから、どういうふうに聴いてくれるのかすごく楽しみです。
BoA