TOP Interview My旬ランキング Present Video CommentHIGH1M
interview with MiChi interview with MiChi バラエティあるMiChiワールド!
interview with MiChi interview with MiChi
Page 1 2
excite:待望の1stフルアルバム完成!
MiChi:ようやく! 時間は掛かりましたね。じっくり作れたというよりかは、結構、焦ってたけどね(笑)。常に曲を作っている日々だったんですよ。シングルもどんどん出していたし、カップリングの曲も作っていたし。しかも一枚一枚のシングルの内容も濃かったから、ずっと制作をしていた感覚があるんです。だから“アルバムのための制作”という部分では焦ったかもしれない。
excite:その1stフルアルバム。「こういう作品にしたい」というビジョンはあった?
MiChi:『PROMISE』を作っている頃から、アルバムはすごくバリエーションのあるものにしたいなっていうのは思っていたんです。それもあって1曲目〜3曲目まではエレクトロの要素もあり、ロックなテイストもあって、ポップチューンもある、バリエーションをつけてなおかつアップテンポな曲を収録したんです。この3曲の雰囲気って、実はMiChiっていうアーティストのカラーとして強かったと思うんです。でもそこから先は、バラードを歌うのも好きだし、アコースティック系も好きだっていう、色々な自分を取り入れたいっていう気持ちで作っていったんです。そういう意味では様々な面を出せたんじゃないかと思いますね。
excite:実際、バラエティに富んだ一枚ですよね。
MiChi:T.O.M(プロデューサーのTomokazu Matsuzawa)と曲作りを始めた4年前くらいから色んなタイプの曲をやっていたし、出会った当初に作られた曲も今回のアルバムに何曲か入っていたりするから、やりたいことが変わってないんだなっていう事にこのアルバム制作を通して改めて気が付きましたね。
excite:4年前の曲も入っているんですね。
MiChi:入れましたね。リアレンジはしてるけど。歌詞もその頃の日本語のスキルよりも今の方が言葉をより知っていたりとか、シングルを何曲か書いたことで自分のスタイルをやっと掴んだっていうのもあって。英語と日本語のミックスで書くスタイルや自分の個性みたいなところを。だから昔書いたものをもっと良くしたいって思ったし、それにその当時の気持ちというよりも今の気持ちを書きたかったのもあったから。
excite:曲が出来た当時の気持ちを残すよりも今の気持ちを書きたかった?
MiChi:そう。基本というか、根っこの部分は同じだから。ただ伝え方が今と昔とでは違うのかな。だから、今、強く思っていることを書いた方が一番伝わると思うんですよね。昔、感じていたことを残そうというよりも、その瞬間、瞬間の自分のことを書きたいんです。だからこそ“今”のMiChiが詰まった一枚になったし、この一枚でMiChiという人がどういう人なのか分かると思うし、これまでのMiChiも「こういう人なんだ」っていうことも、どちらも感じてもらえると思うんですよね。
excite:古い曲はどれ?
MiChi:「HEy GirL」はT.O.Mと作りだした3曲目くらいの曲。あとは「RaiN」もかなり古いかなぁ。昔の曲の方がシンプルな気がしますね。ちなみに一番新しい曲は「Shibuya de Punch」かな。あとは自分で初プロデュースした「Oh Oh...」も最近の1曲。
excite:自分でプロデュース?
MiChi:これは自分で曲を作って、自分でギターを弾いて、ビートも打ち込んだんです。まだまだ自分で全部やるのは難しいんですけどね。技術的には何も分からないし、すぐ飽きちゃうから、なかなか続かないんだけど(笑)。歌詞を書くのもそうだけど、クリエイティブなものを自分の中から出すっていうのは良いなぁと思います。集中して歌詞を書いている時なんか、すごく気持ちが良いんですよ。開放感もあるし。今後もやっていきたいなって思いますね。
BACK PAGETOP NEXT
TOP Interview My旬ランキング Present Video CommentHIGH1M