TOP INTERVIEW My旬ランキング プレゼント
interview with MISIA interview with MISIA
MISIA MISIA
MISIA MISIA
PAGE 1 2

excite:10年という時間や8枚のアルバム作りとツアーなど、これまでのキャリアの蓄積がこの新作に反映されている部分はありますか?

MISIA:レコーディングも私にとってはけっきょくライヴなんです。が、そのライヴで歌っている時に“これはどうしてこういうふうに歌えないのかな?”とか“この環境だとどうしてこういうふうにならないのかな?”とか“ライヴとレコーディングはなぜこんなに違うんだろう?”とか、デビュー当時はすごく気になることが多かったんですが、それが経験を積んでいくなかで自分の望む形で歌えるようになってきて、それは私の感覚としてはどんどん自由になれているという感じなんです。ただ、どうなんでしょうね。自分では“昔よりここがいい”と思うところもある反面、昔はあって今は無いということもあると思うんです。10代の頃には10代にしか作れない作品があって、実際にいま10年前のアルバムを聴くと“これ、今はできないな”と思うことがありますからね(笑)。もちろん、今でないとできないというところもあるわけで、そこを楽しんでいますね。今のすべてを作品の形にするということを。

excite:では、『JUST BALLADE』と名付けるようなアルバムを作ろうとした、「今」のモチーフはどういう思いだったんでしょう?

MISIA:ちょっと前ならオリジナル・アルバムとしてこういうアルバムを作ることはなかったかもしれないですね。でも、去年『DISCOTHEQUE ASIA』と題した、歌って踊ってという内容のアジア・ツアーを経験して、そのなかにもちょっとしたバラード・コーナーがあったんです。バラードは静の表現ですから、その静の表現でどう心を動かすかと言えば、メロディーと音楽性と伝え方だったりするわけじゃないですか。そのバラードでアジアのお客さんたちがすごく盛り上がってくれたんですよね。びっくりしたというか。ただ聴くというのではなくて一緒に歌うとか、ウワーッというような盛り上がりを経験したこともあって、それで「次はJUST BALLADEを作ろう」と言われた時に、すごくストンと納得したんですよね。いま作りたいなって。

excite:現在進行中のツアー『星空のライヴV』では年明けに大阪城ホールと横浜アリーナでの公演が決定していますが、そのステージでは新作からの曲がたくさん披露されることになるのでしょうか?

MISIA:そうですね。今の時点ですでにけっこう新曲をやっているんですが、リリースされたらもっとアルバム中心になっていくんじゃないかと思います。思いますが…(笑)、まだリハも始まっていないので。ただ、オーケストラと一緒に演奏するんですが、このアルバムはストリングスの世界観もすごく色濃いですから、そこを生かすことができる楽曲はやりたいですよね。それに『星空のライヴ』シリーズは生演奏主体のライヴなので、アリーナという大きな場所でどういうふうに伝えるかというのを楽しみながらやりたいと思っています。
MISIA
MISIA
BACK PAGETOP NEXT
TOP INTERVIEW My旬ランキング プレゼント