TOP Interview My旬ランキング Present Interview DigestHIGH1M Video CommentHIGH1M
interview with 持田香織
interview with 持田香織
Page 1 2 3
Excite:お話はどんなふうに進んでいったんですか?もちろん、持田さんがSAKEROCKを好きだってとこが発端だと思うんですけど。
持田:元々友人がSAKEROCKのファンで、絶対私も好きだと思うって言って教えてくれたんです。で、聴いてみたら「…すごい!!!」(笑)。私は自分が歌う者なので、歌のない音楽…こんなにも、言葉があるわけじゃないのに話しかけてくるような音楽って素晴らしいなと思ったんです。それが人の心を揺さぶるというか、すごく温かくて。身近で日常的で、「このホンワカしたものは何なんだろう」っていうくらい、不思議な気持ちになったんです。
Excite:ハマったわけですね。
持田:で、後に坂井真紀さんが出演している舞台で音楽をやられてたり、映画『黄色い涙』もそうだったりで、「ハッ!またSAKEROCK!?」って自分の中ですごく盛り上がっていったんですよ。その時は想像しきれなかったけど、でも一緒にやれる時があったらすごいなぁと思ってたのが、実現したというわけなんですよね。
Excite:なるほど。
持田:あのハマケン(浜野謙太)さんのたまに赤ちゃんみたいに見える感じって何なんですかね(笑)。
Excite:チャームポイントですよね(笑)。
持田:本当に素敵なんですよね。最初、打ち合わせにハマケンさんと田中(馨)さんが来て下さったんですけど、本当に「あぁ、こういう人達が作ってる音なんだな」っていうのが雰囲気で感じ取れて、すごく嬉しかったんですよ。田中さん達も(私と)温度感が似てて、壁もなくやれたんで嬉しかったって言って下さって。
Excite:SAKEROCKの話をされる持田さん、すっごく楽しそう(笑)。
持田:うははは!でも本当に、こうやって出会えたことがすごく奇跡的で嬉しくて。
Excite:では、その素敵なコラボレーションが実現した楽曲について聞かせて下さい。
持田:最初はオケとかはなく、私が1コーラス分歌ったメロディーをその場で聴いてもらったんです。すっごく緊張しましたけどね(笑)。でも、歌しかないんだけど、ちゃんとコードが鳴ってる感じなんだろうなっていう、その雰囲気とかは不思議と伝わってくるって言って下さって。その歌のメロディーを持って帰って頂いて、田中さんがラフで作ってくれたものを聴いて、「わーー!」って大興奮して(笑)、歌詞を書きました。
Excite:ワルツっていうアイデアは?
持田:ワルツを作ろうと思ってワルツにしたんじゃないんですけど、何故かこう(三拍子で指揮する仕草)なっちゃうんですよね。他のも。
Excite:体内時計というか、心地良く落ち着くところなんでしょうね。
持田香織
持田:何ですかねぇ。
Excite:そこに“雨”ですが。
持田:個人的には、雨はそんなに好きなものではないんですけど、色んな意味で活性化されるような。お水を飲んだりすることもそうだし、流してくれるような感じもあって。例えば、土砂降りの次の日の晴れ具合とか、色んなことをきれいにしてくれている感じだなぁとか思うと、雨は、生き物を強くしてくれてるなぁって。そういうものを、ちょっと入れたかったんですよね。
Excite:すごくシンプルで、分かり易い言葉が使われていますね。
持田:まず、構成なんですが、Every little Thingでは、AメロがあってBメロがあって、サビがあって、間奏、2番があって、一朗さんのソロがあって、サビを繰り返すっていうのを一つのパターンとして多くやってきたんですね。あんまりそれを壊してやってみようとかも特にしなかったというか、そこに執着がそんなになかったんですね。でも今回、田中さんがラフで作ってきてくれたものを聴いた時に、「Aメロが3つある!しかも2番がない!」みたいな(笑)。それがすごく新鮮で、気持ち良くて。サビの方が強い印象だったけど、Aメロの方にストーリーを感じたりして面白いなぁと思ったんですよね。そういう話をしたら、ハマケンさんが、「僕達はインストでやっているので、構成というものにはいつも工夫をしてきているから、自然とそういう形になるのかもしれない」って。なるほどと思いましたね。位置とか前後で聴こえ方も変わってくるんだって。
持田香織
持田香織
Back PageTop Next