Prague(プラハ) INTERVIEW 可能性を秘めまくった3ピース・バンドがついにデビュー
iLL
「猫メーソン ニャー」
ネコ嫌いのiLLが、ネコとの歩み寄りに挑む本人によるエッセイ。第3回 は、「野生のネコをもとめての巻」
シド
「恋のSID(シド)ダイヤル」
シドのメンバーが読者から寄せられた恋の悩みにお答えします。第3回は、Shinjiが、「ライバルに勝つ恋愛術」を教えてくれます
Prague(プラハ)
「9・9捜査本部」
9月9日にメジャー・デビューを果たしたPragueのデビューまでの道のりを徹底捜査! 第3回は、所属レコード会社“キューン・レコード”の社内見学
FLOW
「世界一への挑戦」
FLOWのKEIGOとTAKEが、ギネス記録に挑戦! 第3回は「玉ねぎ1個を食べる最速記録」&「レモン3個を食べる最速記録」にチャレンジ。
ユニコーン
「“勤労の夏”巡業報告書」
夏フェス出演中のユニコーンのライヴレポートを掲載。第3回は、【J-WAVE LIVE 2000+9】他

INTERVIEW Prague(プラハ)

  高校時代からのバンド仲間である、ボーカル&ギターの鈴木雄太とドラムの伊東賢祐が、ベースの金野倫仁と出会い2006年に結成されたPrague(プラハ)。彼等は、いわゆるエレクトロニックなダンスロックではなく、「3人がグルーヴを出せるってとこに重点置いた音楽性で成長してきた」(鈴木)、という全員22歳の注目のニューカマーだ。

  3人はこれまで、ACID MAN、ジェット、クーラ・シェイカー、レッチリ、スティーヴィー・ワンダーに、ハウスやエレクトロなど、洋邦ジャンル問わず、様々な音楽の影響を受けてきた。
  「オレ等は純粋に好きな音楽の幅が広くて、『ロック1本で行こうぜ』みたいなノリじゃなく、好きなもんをやろうって感覚でずっとやってきたんです」(伊東)

  音楽に対して柔軟な姿勢は、バンドの音楽にもバッチリ繋がっている。そんなPragueのデビュー曲「Slow Down」は、軽快なビートと心地良いメロディのミッドチューン。そして、不安を怖れず焦らずに前へ進んでいこうという歌詞からは、ここからメジャーシーンに飛び込んで活動していく彼等の強い想いが伝わってくる。
  「僕等の持ち味が一番出た、今後を期待させられる曲だと思ったのでデビュー曲に決めたんです。歌詞は、自分はこうだよって気持ちで書いていて、聴く人がそれを自由にとらえて欲しいなって思ってますね」(鈴木)
  「前は、跳ねたビートならやさしい曲、ロックならゴリゴリした曲って分かれてたけど、この曲は、その中間を目指そうと思って出来た曲なんです」(金野)
  「この曲は、踊れるってとこに重点を置いてますね。曲から『コイツら自由だな』っていうのは分からないかもしれないけど、スゲー楽しんで作ってるんです」(伊東)

  さて彼等は、疾走感溢れるナンバーやソウルチューンなど、バラエティに富んだ楽曲をすでに持ち駒として持っている。その一筋縄じゃいかない音楽性に期待は高まるばかり。
「音楽シーンを変えたいとか大きい目標はあるけど、その前に自分等を確立させて認めてもらうことが大前提。その上で『コイツ等が言ってるならそうなのかも』って思わせられる、説得力のあるバンドになりたいですね」(鈴木)

  実力もルックスもバッチリ、可能性を秘めまくったPragueが音楽シーンで何かやってくれるんじゃないかという予感がしてならないのだ。
(取材・文/土屋恵介)


9月17日(木)に東京都・渋谷0-nestで行われる、Pragueのレコ初イベント【Prague 1st Release Live 『Slow Down』】に、Excite Music読者の皆様から抽選で1組2名様をご招待致します。コチラのフォームに必要事項を全て明記の上、ご応募下さい。抽選の結果、ご招待させて頂く方1名様に詳細をご連絡させて頂きます。尚、応募は、当日、開演時間までに会場に来て頂ける方のみに限らせて頂きます。

応募はコチラまで

<イベント概要>
【Prague 1st Release Live『Slow Down』】
日程:9月17日(木)
場所:東京都・渋谷0-nest
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
Guest:箱庭の室内楽/BEEPS
DJ:片平実( Getting Better )
詳細はコチラ

購入はこちら
NEW SINGLE
『Slow Down』
発売日:2009/09/09
KSCL-1447/8
価格:¥1,400 (税込)

PAGE TOP

iLL 猫メーソンニャー

第3回「野生のネコをもとめての巻」

  都会のペットショップにイル、ネコちゃん共……俗にいうシティボーイ的ネコジゴロは制覇したので、僕は野生のネコを探しに旅に出た。

  “都会の片隅に生きるネコ”今は亡きスーパーテレビの特集になりそうなネコちゃん共は相手にしない。僕が探してるのは、腹が減ったら民家を襲って、民家の老人達を恐怖のどん底に叩きつけて、年金を奪うぐらい悪な野生のネコを探していた。その時「それはネコというより熊なんじゃないか?」と自分の心の中のもう一人の自分が冷静なツッコミを入れてきた。「ふはっ!」僕は我に返った。危うく野生のネコではなく、熊さんとバトルする所だった。旅は止めよう。危険だ。

  我に返った僕は初心に戻り、今は亡きスーパーテレビが特集しそうな“都会の片隅に生きるネコ”を探しに、都会の片隅を探した。「ネコはきっと新宿にたくさんiLLに違いない」そう感じた僕はタクシーに乗って新宿を目指した。移動中タクシー運転手が微妙な話題を振ってくるのが、良い気晴らしになった。タクシーを降り、ネコの総本山“新宿”の景色を眺めた。ネコ共がいそうな異様な空気を感じたのか緊張で喉が乾く。まだ見ぬ奴等は、仲良くなる前から鋭いオーラで僕を痛めつける。つづく

※右のイラストはiLLがイメージするネコの絵です。今回は色付きになっておりますが……やはりイメージはあの子なんでしょう(笑)


猫メーソン・・・
それは、iLLが8月26日にリリースする4thアルバム『Force』のジャケット写真 (左)から連想して頂きたい。USドル札などにも描かれている、ある有名なマークを彷彿させる デザインからこのタイトルが付けられたと推測される。(が、真偽のほどは不明…)

発売日:2009/08/26
【初回限定盤】CD+DVD
KSCL-1453
価格:¥3,360(税込)
購入はこちら
 
【通常盤】CD
KSCL-1455
価格:¥3,058(税込)
購入はこちら
PAGE TOP

恋のSIDダイヤル

読者の皆さんの恋の悩みにシドのメンバーが答える「恋のSID(シド)ダイヤル」。第3回は、ギターのShinjiが、「ライバルに勝つためにはどうしたら良いですか?」という相談にアドバイスしてくれます。また、「最近、恋愛してないな…」なんてつぶやきつつ、自身の好みタイプの女性についても明かしてくれてますよ。

※下記の「お悩み相談を見る」というボタンを押して下さい。映像でメンバーが恋の悩みに答えている様子が見られます

お悩み相談を見る

PAGE TOP

pragueの「9.9捜査本部」

  9月9日に遂にメジャー・デビューを果たした、スリーピースバンド・Prague(プラハ)。「Pragueの9・9捜査本部」では、そんな彼等のデビューまでの道のりを追ってきましたが、今回は、所属レコード会社“キューンレコード”の社内見学の模様をお伝えします。

  ソニーミュージック随一の個性派レーベル“キューンレコード”は、東京都港区赤坂にあるソニービルの中にあり、Pragueの他にも“キューンとしてエキサイト”の連載に参加してくれている、iLL、シド、FLOW、ユニコーンを始め、ASIAN KUNG-FU GENERATION、チャットモンチー、電気グルーヴ、PUFFY、L'Arc〜en〜Cielなど多くの有名アーティストが所属しています。まずは、1階にある正面玄関から。「最寄り駅の改札出た辺りからちょっと“シュッ”としてる自分がいるんですよ。で、入口入ると受付の方がいるので『あ、お疲れ様です』みたいな。『(でも、自分のこと)知らないですよねー。すいません』みたいな(笑)」(伊東)と、大分慣れてきたとはいえ、まだ緊張感もあるよう。続いて、同じビル内の地下にあるスタジオへ。アジア屈指の性能を誇るスタジオで、数々の大物ミュージシャンのレコーディングも行われています。「スタジオってホールに独特の匂いがあって、それを嗅ぐと自然と身が引き締まる」(鈴木)、「エレベーターが開いた瞬間に、その空気で全身がレコーディングに行く時の体勢になるというか、緊張が漂うんですよ」(金野)。

  そしていよいよ“キューンレコード”に到着。エレベーターを降りると、正面には所属アーティストのポスターが全面に貼られています。もちろん、Pragueのポスターも。

  「気付いたら貼られてて。(色んなことが)どんどん自分達の手を離れて行ってて、実感が追いつけてないです(苦笑)」(金野)、「バンドだけが一人歩きしないように、自分達も付いていかないという想いになります」(鈴木)。デビューするということは、自分達の知らないところで、知らない人が自分達の為に何かをしてくれることなんだと思ったと、以前、鈴木が言っていたが、これもその一つ。続いて、社内へ。部長さんに挨拶をして、CDや資料やらが山積みされている担当スタッフのデスクで軽くオフィス気分を味わいます。「(働いている人が)みんな若いし、楽しそうっていうのは来る度に思いますね。雰囲気が良い」(金野)、「自分とタメ(年齢が一緒)の人とかも働いてて、自分も頑張んなきゃなって思います」(鈴木)、「良いところだなぁって。ちゃんと仕事がやれてる会社はちゃんとしてるんだなって」(伊東)。

  最後に「これぞレコード会社ならでは!」という場所でもある、各アーティストのサンプルや資料がしまわれているスペースへ。「最初にこの場に来た時は、もちろん自分達の棚とか無くて、他のアーティストさんのCDをもらって、タダでもらえることが、すげぇなとか思ってて。(自分達の棚が出来たこととは)最初にフライヤーがあって、その後サンプルがあってって、来る度に「あ、今日これ増えてる」みたいな。じわじわじわじわ実感してます」(伊東)、「(自分達の棚が)HYDEさんの隣とかに並んでて、その時点で同じ土俵にいるっていう感覚が沸いてきて。(デビューするということで)管理されて、守られて、ここから外に発信してくれてるんだっていう一つの象徴みたいな印象を持ちました」(鈴木)、「もっと頑張らなきゃって。周りに並んでる人達の名前を見て、やっぱり自分達が一番名前も知れてないわけで、その人達と一緒に並んでいてもおかしくないようになりたいなって。置かれてるものの数もまだ少ないし、もっとあそこが豪勢になって、初めて来た人が「あっ、Pragueの棚だ」って言ってくれるようになりたいなって思いました」(金野)。最近は、キューンを訪れる回数も増え「拠点というか居場所というか」(鈴木)という場所になってきているそうだが、それに伴って周囲への感謝の気持ちや、これからの希望も大きくなっているよう。

  さて、次回はついに最終回。連載タイトルにもなっている“9・9”のデビュー当日を遂に迎えることになったPragueの3人に密着。「リリース日に自分達は福岡にいるっていう衝撃的な事実を知って…」(鈴木)、「9月9日になる瞬間は、8日のラジオの生放送をしてて0時になった瞬間に(ラジオが)終わるので。なんか不思議な日になりそう」(金野)、「(CD販売店を)ぜってー見に行く。『あー!』って言ってCD落として、色んな人の方に散らせる(笑)」(伊東)なんて言ってますが、果たしてどうなるやら。乞うご期待!

<プロフィール>
Prague(プラハ)。関東出身のスリーピースバンド。同じ高校で三年間同じクラス、軽音楽部、プライベートも一緒にいた腐れ縁の鈴木雄太(Vo,G)と伊東賢佑(Dr)の二人が、同じ音楽専門学校に進み、2006年に金野倫仁(Ba)と出会って結成。自主制作盤を2枚出したところでソニー・ミュージックの目にとまる。2009年9月9日(水)シングル『Slow Down』でキューンレコードよりメジャー・デビュー。

PAGE TOP

FLOWの世界一への挑戦

FLOWのKEIGO(Vo.)とTAKE(G.)が、ギネス記録に挑む「世界一への挑戦」。第3回は、早食い記録2本立てということで、「玉ねぎ1個を食べる最速記録」&「レモン3個を食べる最速記録」に挑戦します。前回のマーブルチョコの挑戦で学んだ経験は活かされるのか? 連載も後半戦、いよいよギネス記録達成へ!?

※下記の「挑戦をみる」というボタンを押して下さい。映像で二人がギネスに挑戦している様子が見られます

挑戦をみる

PAGE TOP

ユニコーンの“勤労の夏”巡業報告書1

  夏フェス&イベントに参加中のユニコーンを追う『“勤労の夏”巡業報告書』。前回は5万人の観客の心を一つにした【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009】出演の模様をお伝えしました。今回は、“勤労の夏”も中盤へと突入した、【J-WAVE LIVE 2000+9】のレポートを中心に、大雨に見舞われた【SUMMER SONIC 2009】、スピッツ主催のイベントとして宮城県・柴田郡川崎町で行われた【ロックロックこんにちは! in 仙台】の様子を紹介します。

(撮影/三吉ツカサ [J-WAVE LIVE 2000+9] 1〜12、(C)SUMMER SONIC 09 All Right Reserved. [SUMMER SONIC 09] 13〜18
[ロックロックこんにちは!] 19〜34)

 東京都・国立代々木競技場第一体育館を舞台に、8月14日(金)〜8月16日(日)の3日間に渡って開催された、FMラジオ局“J-WAVE”主催のイベント【サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+9】。出演アーティストは、番組に出演したことがあるなど、J-WAVEに馴染みの深い面々。ユニコーンも、現在、隔週水曜日深夜24時30分〜26時に、『OH! MY RADIO』のパーソナリティを勤めている。【J-WAVE LIVE】は事前に出番が発表にならないためステージにアーティストが出てくるまで次が誰なのか分からない。初日の出演だったユニコーンは、15時半の開演からファンが彼等の出番を今か今かと待ち構える中、この日出演の全7組のトリを飾ることとなった。

 ラジオ局主催という特徴を生かし、ライヴとライヴの間の機材転換の時間を使って、J-WAVEナビゲーターによるライヴ直前or直後のアーティストへの生インタビューを会場に流していた。ユニコーンは自らのライヴ直前での登場。いつものお揃いのつなぎの衣装を着た5人は、「これ(つなぎ)を着ていると、パスが無くてもアーティストって分かってもらえて便利」(阿部)、「仲良さそうに見えるしね」(奥田民生)とか、EBIが「楽しみにしていたので、頑張ります」と抱負を言うと、すかさず民生が「どこ(のフェス)でも同じこと言ってます」と突っ込んだりと、相変わらずのゆる〜いトークで会場を沸かせていた。

 20時40分、セミの鳴き声のSEが流れると、5人はなぜか全員で手拍子をしながらステージへ。この辺りの“遊び”が出るようになっているところも、フェス中盤ならではだなと思う。そして、セミの鳴き声を遮るゾウの雄たけびと共に「ひまわり」の前奏がスタート。何となくだが、会場にホーム感が漂っている。2曲目は今回の夏フェスでの目玉曲「服部」。先のツアーでも演奏されることが無かったこの往年の名曲に、観客は大興奮。ハンドマイクの民生が、ステージを左右に動けば、手島もステージ縁まで出てきて自慢のライトハンドを見せ付ける。そして、曲が終わると全員でピースサインし、「ユニコーンです。初めまして、よろしくお願いいたします」と民生が挨拶。“初めまして”のフレッシュ感は一切ないが(笑)、確かに、16年前にこのようなイベントは無かったので初めましてだ。3曲目は、手島ボーカルの「オッサンマーチ」。終わったあとに、ソロパートでのパフォーマンスを民生から「長いよ!」なんて愚痴られていたが、満面の笑顔を観客に向け、ステージを走り回りながらギターを掻き鳴らす手島を、メンバーが後ろでニコニコしながら見守っている感じがまた良い。その後も、広い屋内会場ゆえに、民生のアコギとEBIのベースの音が心地良く響いて、いつも以上に郷愁感が漂っていた「自転車泥棒」、川西の叩くタイトでパワフルなリズムと共に、ギターを手にした阿部がセンターステージにやって来て、お決まりのあのコントで始まる「WAO!」、会場が大合唱した「ヒゲとボイン」、「大迷惑」と経て、本編ラストは「HELLO」で締めた。ここで一旦は袖に下がった5人だが、アンコールに応えて再びステージに登場。翌日以降も続くイベントに対して「明日も明後日も素晴らしい…(少し照れて)素晴らしいかは分からないですけど」(民生)と「すばらしい日々」を披露した。EBIのベースのボディに照明が反射して、その光が客席にスポットライトを当てているような予想外の演出も重なり、会場全体にこの上ない幸福感が漂う中、イベントは幕を閉じた。

 次回は、ついに最終回。【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009】の模様を中心にお伝えしつつ、この“勤労の夏”の総評も行います。各地のフェスの写真も多数掲載予定ですので、是非、最後までお付き合いを。

勤労の夏日程表

公演日 イベント名 地域 会場名 検収印
2009/07/19 MUSIC ON! TV presents GG09 東京都 SHIBUYA-AX
済
2009/07/20 ASIAN KUNG-FU GENERATION
presents NANO-MUGEN FES. 2009
神奈川県 横浜アリーナ
済
2009/07/25 SETSTOCK'09 広島県 国営備北丘陵公園
済
2009/07/26 HIGHER GROUND 2009 福岡県 海の中道海浜公園
野外劇場
中止
2009/08/02 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009 茨城県 国営ひたち海浜公園
済
2009/08/07 SUMMER SONIC 2009 大阪府 舞洲
サマーソニック特設会場
済
2009/08/09 SUMMER SONIC 2009 千葉県 千葉マリンスタジアム&
幕張メッセ
済
2009/08/14 サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+9 東京都 国立代々木競技場
第一体育館
済
2009/08/15 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO 北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
 
2009/08/22 ロックロックこんにちは! in 仙台 10th Anniversary Special 宮城県 国営みちのく杜の湖畔公園みちのく公園北地区
『風の草原』
済
2009/08/28 SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009 山梨県 山中湖交流プラザ きらら  
2009/08/29 音楽と髭達2009 "Way" 新潟県 長岡・国営越後丘陵公園 野外特設ステージ  
2009/09/05 OTODAMA'09 〜音泉魂〜 大阪府 泉大津フェニックス  
2009/09/21 SHINKIBA JUNCTION 2009 “また倶知安じゃないジャン!”〜 東京都 新木場 STUDIO COAST  

>> 詳細はコチラへ


PAGE TOP

編集後記

さあ!今回の『キューンとしてエキサイト』は、“Prague(プラハ)スぺシャル!!”
9月9日に記念すべきデビューシングルをリリースしました!
インタビューと連載の2本立て特別編成でお送りしております。
これからの音楽シーンを引っ張ってくれるであろうPragueに、これからも注目して下さい!
その他連載も大好評!!
特にFLOWの連載は爆笑必至!!
某お笑い番組より笑えます(笑)是非、ご覧ください!!

それから、お知らせが一つ… 次回の更新がシルバーウィーク中になるため、10月1日(木)に変更になります。 少し期間が空いてしまいますが、今回はいつも以上!?に内容が充実しておりますので 今号を熟読しつつ、次回、連載最終回シリーズをお待ち下さいませ。


PAGE TOP

NEW RELEASE!


Sunya NEW SINGLE
『Destination』
発売日:2009/09/16
KSCL-1443
価格:¥1,223 (税込)
購入はこちら
POLYSICS NEW ALBUM
『Absolute POLYSICS』
発売日:2009/09/16
KSCL-1456/7
価格:¥3,360 (税込)
購入はこちら
RYUKYUDISKO NEW ALBUM
『pleasure』
発売日:2009/09/23
KSCL-11473/4
価格:¥3,360 (税込)
購入はこちら
PUSHIM NEW SINGLE
『My Endless Love』
発売日:2009/09/23
KSCL-1476
価格:¥1,223 (税込)
購入はこちら

LIVE INFOMATION

2009/09/10(木)

北山陽一(ゴスペラーズ)
【北山陽一ライブ“九月入学”】
神奈川県・
Motion Blue YOKOHAMA
開場:17:00 開演:18:30
詳細はコチラ
2009/09/12(土) シド、ゴスペラーズ
【PATi・PATi Thanks 25】
千葉県・幕張メッセ
開場:15:00 開演:16:00
詳細はコチラ
2009/09/13(日) シド
【SID TOUR 2009 hikari】
神奈川県・神奈川県民ホール
開場:17:30 開演:18:00
詳細はコチラ
2009/9/19(土) FLOW

【FLOW THE CARNIVAL】
東京都・新木場STUDIO COAST
開場:17:30 開演:18:30
詳細はコチラ

2009/09/19(土) 真心ブラザーズ
【真心ブラザーズ
デビュー20周年特別企画
元祖 渋谷系(嘘)“タンデム”NIGHT】
東京都・渋谷AX
開場:17:00 開演:18:00
詳細はコチラ
2009/09/20(日) 真心ブラザーズ
【真心ブラザーズ
デビュー20周年特別企画
元祖 渋谷系(嘘)“タンデム”NIGHT】
東京都・渋谷AX
開場:17:00 開演:18:00
詳細はコチラ
2009/09/21(月) ユニコーン
【SHINKIBA JUNCTION 2009“また倶知安じゃないジャン!”】
東京都・新木場STUDIO COAST
開場:15:00 開演:16:00
詳細はコチラ
2009/09/05(土) DOES
【RADIO BERRY
ベリテンライブ2009 #5】
栃木県・
HEAVEN'S ROCK Utsunomiya
開場:18:30 開演:19:00
詳細はコチラ
2009/09/22(火) ギターウルフ
【BOROFESTA '09!】
東京都・渋谷AX
開場:17:30 開演:18:30
詳細はコチラ
2009/09/25(金) ゴスペラーズ
【SOUL POWER
TOKYO SUMMIT 2009】
東京都・日本武道館
開場:17:30 開演:18:30
詳細はコチラ
2009/09/26(土) ゴスペラーズ
【SOUL POWER
TOKYO SUMMIT 2009】
東京都・日本武道館
開場:16:30 開演:17:30
詳細はコチラ
2009/09/30(水) プリングミン
【ONE MORE TIME!!!】
東京都・渋谷CHELSEA HOTEL
開場:18:30 開演:19:00
詳細はコチラ