トップ > 特集 > BUMP OF CHICKEN アルバム『COSMONAUT』インタビュー(インタビュー01) BUMP OF CHICKEN アーティストデータ

    twitterでつぶやくtwitterでつぶやく    ブログに書くブログに書く
TOP INTERVIEW My旬Best PRESENT
Interview with BUMP OF CHICKEN 全ての曲がリスナーに聴いてもらって初めて完成する
page 01 02
Excite 前作『orbital period』から3年、曲と共にここまでの記憶も刻まれているという感じですか?
   
直井 『orbital period』のツアー(【ホームシック衛星】&【ホームシップ衛星】)が終わってすぐに藤くん(藤原)は榎本くるみさんのプロデュース・ワークがあって。それが終わって、まず初めの3曲が藤くんから上がってきたんです。その3曲のインパクトが、僕ら3人にとってはデカ過ぎて。なぜかと言うと、今まで藤くんがプリプロを終えたものを僕らが聴かせてもらう時は、1曲というのが当たり前だったから。別にそれに対して少ないとも思っていなかったんですけど、久しぶりにスタジオにみんなで集まって、いきなり3曲が上がってきた時はドッキリかと思った(笑)。だから、このアルバムの制作は驚きと共に始まったんです。
   
藤原 ふふふふふ。
   
直井 これまで、家で一人曲を書いていた藤くんが、曲作りのためにプロデューサーとスタジオに入るようになったのも驚きでしたし。「曲が出来たよ」って聞いてから、しばらく俺らが聴けなかったのも初めてだったし。「どんな曲なんだろう?」って想像するワクワク感とかは、ホントにファンみたいな感覚でしたね。10代の頃、好きなバンドの新譜が出るって聞いて「ホントに出るのかい? どんな音楽なんだい?」って頭の中で想像して、とんでもない曲が浮かんでくるみたいな(笑)。
   
Excite リスナーとしての有意義な妄想タイム(笑)。
   
直井 そうそう(笑)。そういう驚きやドキドキが最初からたくさんありましたね。
   
増川 うん、楽しかった。「曲が出来たよ」っていうヒントだけ与えられたりするんですよ。
   
Excite キーワードみたいな?
   
増川 そう、キーワードだけみたいな。逆に聴きたくなることだけ言ってきたりとか(笑)。
   
直井 そうそう。(藤原を除く)3人でいる時に「ホントにこれはすげーことだよな!」って話してたんだよね。客観視すると気持ち悪いと思うんですけど、俺ら藤くんの作る曲がホントに好きなので。
   
増川 そんな中、スタジオでは藤くんとプロデューサーの間でタイトルだけが飛び交ったりね(笑)。
   
升 こっちはドキドキしちゃって(笑)。
   
直井 この話はまだインタビューでしてなかった。俺ら3人は至ってクールな存在としていたんだけど、ホントはそうじゃなかった(笑)。
   
Excite 藤原さんどうですか、その話を聞いて。
   
藤原 いやあ、もう、ありがたいなって。あんまりここを掘り下げるとウザい感じになっちゃうと思うんですけど(笑)。俺は曲が出来た時に「バンドの曲が出来たんだよ!」って気持ちでもっていくんですね。それを3人はすごく喜びながら受け取ってくれるので。ホントに嬉しいことですよ。
   
Excite 全てはそこから始まるしね。
   
藤原 うん。1曲1曲がバンドの大事な宝物だと思うので。それを4人で同じように共有、共感出来るのがすごく嬉しくて。あとは、シングルをリリースして、リスナーから「アルバム楽しみにしてます」っていうリアクションをもらったこともすごく励みになりました。
   
Excite 話を戻すと、最初に出来た3曲のうち、1曲はシングルとしてリリースされた「HAPPY」ですよね。残りの2曲というのは?
   
藤原 「66号線」と「セントエルモの火」ですね。
   
Excite 3曲一気に書けたんですか?
   
藤原 「HAPPY」と「セントエルモの火」を同時進行で作っていて。どちらか忘れたんですけど、1曲出来た時点でマネージャーに連絡したんです。「曲が出来たからスタジオを取って下さい」って。そしたら、予約がいっぱいですぐには取れないという返事が来て。俺は勝手に明日スタジオに入れるみたいな気でいたので、早くスタジオに入りたいという気持ちを抱えたままさらにもう1曲作ったんですね。それから、スタジオの予約は取れたんだけど、まだ1週間くらい時間があると。それでもう1曲書けるなと思って書いたのが「66号線」だったんです。だから、「3曲一気に書いてスタジオに持っていってやれ!」という気持ちがあったわけではなく、流れのままに書けたというか。
   
Excite でも、ソングライティングの熱は高まっていたんでしょうね。
   
藤原 それはあると思います。
   
Excite その要因を思い出せますか?
   
藤原

え〜と…それは生理的なものとしか言いようがないですね。もしかしたら、僕の自覚が及ばない範囲で外的な要因があったのかもしれないですけど。とはいえ、そこから4曲、5曲、6曲と書けると思いきや、そんなことはなく。

   
Excite 次の曲が書けるまで数ヶ月空いたんですよね。
   
藤原 4ヶ月くらい空いちゃいましたね。
   
Excite その4ヶ月後のタイミングで曲作り用のスタジオで作曲するようになったんでしたっけ?
   
BACK PAGETOP NEXT
TOP INTERVIEW My旬Best PRESENT