トップ > 特集 > コブクロ インタビュー(インタビュー01)


トップ インタビュー マイ旬ベスト プレゼント
コブクロ インタビュー
1 2
エキサイト 新曲「流星」は、すでにドラマ『流れ星』の主題歌としてオンエアされていますね。
小渕健太郎
はい。敢えてドラマの詳しい内容にまでは触れずに書き始めたんですが、男女のもどかしい気持ちが並行していくようなことを書いた曲はすでにあるので、じゃあどうしようかなと。で、お話をいただいた時に付いていた「クラゲ・マリッジ」という仮タイトルだったり、水族館が出てくるっていうその設定から、“クラゲ”というキーワードで考えてみたんです。クラゲって、いい世界観なんですよね。
エキサイト どんな風に考えていったんですか?
小渕健太郎
クラゲって、漢字だと「海月」って書くじゃないですか。海と月が一つになって、大宇宙を思わせるようなワードなんですよね。ひょっとしたら、昔の人は海に漂うクラゲを見て月を想ったのかなあって、そんなことを考えながら歌詞を書いてたんですが……、ドラマのタイトルが変わると聞かされまして!
エキサイト 曲はもう書いてるのに??
小渕健太郎
一瞬、ハシゴを外されたような気がして、“えっ!?”と思ったんですけど、その後スタッフの方が僕らの曲を聴いて、すごく気に入って下さったと。それで、ドラマのタイトルを『流れ星』にされたそうなんです。
エキサイト この曲ありきでタイトルが決まったと。
小渕健太郎
しかも僕らの曲を聴く前日に、主演の竹野内(豊)さんとプロデューサーの方が「海の中って宇宙みたいだよね」って話をされていたらしいんですよ。で、翌日僕らの作ったこの曲のタイトルを見て、かなり驚かれたって。お互いがハシゴを掛け合って同じところに辿り着いたような感じで、なんだかすごく不思議でしたね。
エキサイト 流星って一瞬で消えてしまうような儚(はかな)さがありますけど、この曲では別の解釈が生まれてますね。
小渕健太郎
流れていく星が、もともといた場所に柔らかに帰っていってるんだとしたら、すごく素敵だなと思ったんです。太陽とか月とかって、流星みたいに自由な動きをしたりしないじゃないですか。だからこそ、その流星の動きっていうのがまるで人間みたいだなって思って、田舎に帰るとか、仲間の居る場所に戻るとか、そういう解釈が出来るなと思ったんです。
黒田俊介
僕もそうだったけど、きっとほとんどの方が燃え尽きてしまうようなイメージで見ているでしょうけどね。
小渕健太郎
うん。でも実際がどうであれ、いいじゃないかと。本当は燃え尽きているんだと思うけど、そこを飛び越えられるのが“音楽”だと思うから。
エキサイト こういう解釈は、すごくロマンがありますよね。
小渕健太郎
そうですね。おとぎ話じゃないですけど、自伝とか小説では味わえない、絵本だけが持つ世界みたいなものってあるじゃないですか。ストーリーの中にちゃんと愛とか夢があって、勝手な解釈なんだけど、そこに気付くかどうか、意識するかしないかで物の見え方が全然違ってくる。最近はそういう曲がどんどん出来てきているんですよね。
エキサイト そういえば、この曲はいつ作ったんですか? 今年はずっとカバーアルバム(※8月に40万枚限定でリリースされた2枚組カバーアルバム『ALL COVERS BEST』)にかかりっきりでしたよね?
小渕健太郎
アルバムがほぼ完成っていうタイミングでした。2日間、二人で小さなスタジオに入って作った中の1曲ですね。
エキサイト あれだけレコーディングやって、それでもまだ生まれてきていた、と。
小渕健太郎
これはね、もう生まれて当たり前だと思うんです。結成した頃は、僕ら毎晩のようにストリートでカバーをやっていて、「こんなのあったらいいな」って自由にイメージを広げる中で、あの「桜」が出来てきたんですよ。同じようにこの半年間、自分達の好きなメロディーだけに触れて、いいなあと思う曲だけやっていたわけですからね。だからこの「流星」には、自由に好き勝手やってにじみ出てきたような、柔らかい雰囲気がある。何にも縛られずに作っていたインディーズの頃の曲のようでもあり、カバーアルバムで触れた素晴らしい25曲をドリップして出来たような贅沢な曲でもあるんですよね。
エキサイト レコーディングはいかがでした?
黒田俊介
やっぱりそのカバーアルバムを作ったっていうことが大きかったですね。あのレコーディングをやって、やっと自分の中で一段落ついたなっていうところがあって。これまでずっと、自分の中のすごく遠いところにゴールがあったんですけど、その壁にバーンとぶつかれた気がしたんですね。で、ここからまた新しい方向に向かっていこうと思っていたところにこの曲がきたんです。なんか……、細かい技術論とか録り方とか自分の中で色々あったんですけど、そういうことじゃないなと。この曲は、何よりも曲が最優先なんですよ。僕が前に出て自分色に染めてしまうんじゃなくて、僕の歌はただそこに在る、風景の中の一部になるような曲だと感じたんです。なので、そこの役割りをきっちり果たすような気持ちでレコーディングにも臨みました。
小渕健太郎(Vo.&G.)
小渕健太郎(Vo.&G.)
BACK PAGE UP NEXT
トップ インタビュー マイ旬ベスト プレゼント