トップ > 特集 > 宇多田ヒカル ベストアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』インタビュー(トップ)
 
TOP INTERVIEW PRESENT

Interview with Utada Hikaru 宇多田ヒカル

Interview with Utada Hikaru 宇多田ヒカル

Interview with Utada Hikaru 宇多田ヒカル

  • PAGE 01
  • PAGE 02
「自分が大人になるために、次に進むためにすごく必要なことだったんだろうなって」

デビュー以来、数多くのヒット作品を放ち、常に注目される存在で在り続けた宇多田ヒカルが、今年8月に「2011年からしばらくの間、アーティスト活動をお休みします」と自らのオフィシャルHP上で発表した。

「15歳でデビューして、何も分からない状態のまま(音楽活動を)やり始めて、目の前の分岐点に関しては私が「ああしたい」「こうしたい」って言ったことをやってきてたんだけど、それが一体全体どこに向かっているのか、山に向かっているのか崖に向かっているのか分からないまんま、ここまで来ちゃってたんだよね。『行きあたりばったりはうちの家訓だ!』なんて言ってたけど、それが良くない意味で出てた、みたいな? あちゃー、このまま進んでたら崖から落ちてたよっていう状態に気付いて、初めて危機感を覚えたの」

自分はちゃんと一人の人間として自分の力で歩いて来たのかな。アーティストとしては色んな経験をしてきたけれど、もしかしたら偏ったことしかやってこなかったのかもしれないな。宇多田ヒカルの中に湧き起こった想いの"断片"は、09年の春にデビュー10周年を記念して発表した初のオフィシャル・ブック(『点‐ten−』)で彼女が書いた文章の中にもあった。自分が歩んできた過去の様々な出来事を振り返り、今自分が立っている現在を見つめながら書いた文章には、彼女にしか分かり得ない感情を刻んだ言葉がいくつもあった。

「あの文章を書いたのが、一つのきっかけでもあるのかな。自分を見るとか自分と向き合うっていうことの意味では、ああやって記録に残しちゃって消せないものにするっていうのは、その発言に責任を持たなきゃいけなくなるわけだから、その責任と向き合った時に得るものがあったなって思えたのね。今、あの時書いた文章を振り返ってみると、客観的に『私、ちょっと勝手だったな』って思う部分もあるんだけど、モヤモヤを抱えるんじゃなく、ちゃんと吐き出せてたから、自分で自分を再評価出来て消化していけたと思うのね。10年後とかにあの文章を読んだら『アイタタタ〜』『あんなこと言ってて恥ずかしい〜』とか悶えるかもしれないけど(苦笑)。それも自分が大人になるために、次に進むためにすごく必要なことだったんだろうなって。自分で自分を抑えていて、色んなことを貯め込んで、親にも周りにも見せないようにしていた感情を吐き出せたから。うん。だから、吐き出して良かったんだなって、やっとこさ思える感じがある。そのおかげで次のステップを踏めるかなって思えたの」

今回、活動休止前に発表するベスト・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』は、この6年間に発表したシングル曲だけではなく、今まで宇多田ヒカルを応援してくれた人達に感謝の気持ちを込めて作った新曲5曲が収録された。

「新曲は入れたかったの。曲も作りたかったし、言いたいことがあったんだよね。言いたいことがあるって初めてなんだよ。今までは取材とかで『皆さんに向けてメッセージを』なんて言われても、『申し訳ないけど、曲から汲み取ってくれれば良い』って感じで、自分でも実はそんなに分かってなかったのね。でも、今回はすごく大事なことについて考えた。言いたいことが自分の中にちゃんとあったの」

過去の自分が作ったシングル曲からは、この6年間の自分が見えてきた。良いこともそうじゃなかったことも、曲が全部教えてくれた。でも、彼女は今を生きている。これから先の未来を自分の足で歩こうとしている。だからこそ、新曲には"今の自分"をちゃんと刻んで、みんなに届けたかったのだろう。

「『Can't Wait 'Til Christmas』はちょっと別な感じなんだけど、それ以外の4曲は全部同じことの話なんですよ。そういうふうに一貫したテーマがあるのは初めてだし、言いたい事を4曲通して貫いてるから、今までで一番ストーリー性があるのね。自分との和解であったり、過去と和解であったり、『愛するってどういうこと?』とか『愛って何だろう?』とか、自分とホントに向き合うとか、恐怖と向き合うとか、そういうテーマが一貫してあるの」

Interview with Utada Hikaru 宇多田ヒカル
Interview with Utada Hikaru 宇多田ヒカル
  • BACK
  • PAGE TOP
  • NEXT
TOP INTERVIEW PRESENT