トップ > 特集 > チャットモンチー アルバム『YOU MORE』インタビュー(インタビュー2)


トップページ インタビュー マイ旬ランキング フォトギャラリー プレゼント
インタビュー チャットモンチー
01 02 03
エキサイト 具体的な一つの出来事を通してではなく、そういう活動の一つひとつを通して、慎重に自由になって行った感じがしますね。
福岡 そうですね。もう石橋叩きまくりでした(笑)。
エキサイト (笑)。で、その石橋を渡った先に、この『YOU MORE』が生まれるわけですが、そもそもはどんな感じでスタートしていったのでしょう?
福岡 まず、次は“楽しい”アルバムを作ろうっていうのが、コンセプトとしてあったんですよね。コンセプトみたいなものって今まで無かったけど、そういうのをやりたいと思っていた時期でもあったし。で、いざ自分達が持っている“楽しい”曲…まあ、私達の場合、“楽しい”っていうのは、アレンジが面白い曲っていうのが多いんですけど。
エキサイト そこはちょっと注釈が必要みたいですね。
福岡 そうなんですよね。私達が思う“楽しい”は、結局音を鳴らすのが“楽しい”楽曲っていうか、演奏していて、こっちもすごい盛り上がって来ちゃう感じの曲であって、それが“楽しい”のジャッジなのかなって。だから、「今、こういうのを鳴らしたいんだよ」っていう、リアルタイムの音が今回全部入れられたなとは思っていて。シングルが入ってないっていうのも大きいんですけど、ギュッとレコーディングして、今鳴らしたい音をギュッと詰められた感じはありますね。
高橋 “楽しい”アレンジですよね。今までだったらアルバムの中に1、2曲しか入らなかった分野のものを、今回は前面に打ち出して作ろうって。昔から突飛なアレンジは好きだったけど、それが今回は振り切った形で入っていて。作っていてすごく楽しかったんです。だから、私たちの中での『YOU MORE』の印象が、“楽しい”とか“明るい”っていうものになっているのかもしれないですね。
エキサイト “楽しい”“明るい”と言っても、その骨の部分のサウンドは、かなりしっかりしたものになっていて。
高橋 そういうゴリッとさというか、3ピースのバンド感みたいなものは、増した気がしますね。“カッコ良いもの”っていうのは、チャットを結成した時から、もう大前提であることなので。
福岡 そこが一番やっていて楽しい感覚のベーシックな部分なんだと思います。それがあって、さらにそこに「これを乗せたら楽しいんじゃないか?」っていう、その“もっと”の部分でやってましたね。実際の演奏を想像出来るっていうのは、そういうことなんでしょうね。「これ、ダサいな」とか「面白いけど、どうなん?」って思いながら演奏したくないから。そういう意味でも、今回の作業はずっと楽しかった。「これ、ライヴでやったら、お客さんビックリするだろうな?」、「でも、カッコ良いと思うだろうな?」って思いながら弾いたり作ったりして。そういうのもホントに“バンド”っていう感じがしましたね(笑)。バンドの曲作りってこういうのだし、この空気感みたいなものを入れられたら良いなって思いながら作っていたので。
橋本 そういう楽しんでいるっていうのが、音の力という部分でも、今回感じたんですよね。セルフ・プロデュースでやってみて、「あ、こんなに音って、活き活き録れるものなんや」みたいなことがわかったり。そういうのも、初めてだったかもしれないです。
エキサイト 最初にコンセプトがあっても、それは設計図的なものではなく?
橋本 そうですね、設計図は無かったです。ただ、いつもより面白い曲が多めだけど、その重心が上がり過ぎてなくて、重心はちゃんとした位置にあるやつにしようっていうのはあって。それについては、結構目指すところに行けたなとは思います。
エキサイト 音を鳴らす“楽しさ”がありつつも、ちゃんと地に足の着いたものになっているという。あと、このジャケットについても聞いておきたいのですが…。
チャットモンチー
BACK PAGE UP NEXT
トップページ インタビュー マイ旬ランキング フォトギャラリー プレゼント