L'Arc~en~Ciel インタビュー
hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 「GOOD LUCK MY WAY」はtetsuyaさん作曲の作品ですが、tetsuyaさんのデモを最初に聴いたとき、どんな印象を持ちましたか?
hyde “鋼”(『鋼の錬金術師』)らしい曲だなって。要望を満たしたものをきっちり作るという意味でも、テッちゃん(tetsuya)、すごいメロディーメーカーだなと思いました。
エキサイト hydeさんの書かれた歌詞も、20周年を迎えるL'Arc~en~Cielにも『鋼の錬金術師』の世界観にも見事にマッチしていますよね。
hyde それはなるようになったっていう感じですね。たまたまそういう時期だったら、そういう要素は入れたくなるし。春に桜の曲を書くようなもんなんじゃないかなと(笑)。
エキサイト タイトルにもなっている“GOOD LUCK MY WAY”というフレーズがとても印象的でした。この言葉はどんなところから?
hyde メロディーから判断して、決めゼリフとなるものがいるなと思って、“GOOD LUCK MY WAY”というのが出てきたというか。最初は違う場所に入る予定だったんですが、ここのほうがハマりがいいんじゃないかという意見があって、この形になりました。
エキサイト 20年目に突入したL'Arc~en~Cielにもぴったりの言葉ですね。
hyde 監督から物語のどのシーンで流れるか、聞いたんですけど、その場面が今のL'Arc~en~Cielとかぶって、そのまま当てはめられると思ったので、基本的にはバンドとファンとの関係であったり、次の場所に向かう感じであったりをストレートに形にしていけば、何の問題もないなって。
エキサイト 詞の中に<遥かな虹を越えて>というフレーズがありますが、この言葉はL'Arc~en~Ciel 20周年の今だからこそ?
hyde そうですね。虹は使いたいなと思ってました。
エキサイト 歌詞、歌声、言葉の響きとリズムとが一体となって深く入ってくると感じました。その辺りで意識していたことはありますか?
hyde 歌ってて、気持ちのいい言葉を使おうという意識はありました。ここでこのフレーズが来たら、気持ちがいいという言葉、抜ける言葉が重要という。
エキサイト 確かに聴いてて、カタルシスを感じました。
hyde せっかく20周年のシングルなんで、曲のノリも重要だけど、気持ちのいい世界観で終わりたいという意識はあったんじゃないかな。
エキサイト 最初のフェイクの声も臨場感があって、いいですよね。
hyde あれはデモの声出しの声ですね。いつも歌を歌い出す前に何かしら言ってるんですけど、その声がそのまま採用されました。本番のレコーディングでも真似して入れてみたんだけど、どうしても不自然になっちゃって、あの自然さを越えられなかった(笑)。
エキサイト これが2011年最初に収録した作品ということになりますが、レコーディングスタジオに入ったときにはどんな気分でしたか?
hyde 久しぶりにL'Arc~en~Cielで歌うんで、下手くそだとかっこ悪いな、成長してないといけないなって気持ちはあったような気がします。みんな、ソロやって、歌も上手になってきているじゃないですか。これは下手な歌は歌えないな、怖い怖いって(笑)。
エキサイト 柔らかさ、しなやかさ、伸びやかさ、タフさなどなど、hydeさんの歌声の表現力の豊かさを感じました。
hyde 自分の歌のいいところって表現力だなって最近気が付いたので、そこは人一倍、いい艶を出しておきたいなって思ってました。
エキサイト 最近というと?
hyde 今回のレコーディングで気付いたこともあって。テッちゃんが歌ったデモを聴いて歌うんだけど、そうするとなんとなくテッちゃんっぽくなって、クセのないきれいな声になりがちだったんですよ。でもテッちゃんがオレに求めていること、オレに歌って欲しいのはそこじゃないだろうなって。それであえてテッちゃんのデモとは違うアプローチでやったら、「もっと毒を出して」って。<信じる道へ>のところもテッちゃんの声だから、もっときれいだったけど、ひずみ気味にやったら、「もっといって」って言われて、そういうことなんだよな、間違えてないなって。
エキサイト 自分のスタイル、表現力を意識して歌っているわけですね。
hyde 自分のスタイルがこうなんだなって気がついてからは結構意識してますね。ここ1年ぐらい、そういう意識が強くなったかな。自分のスタイルがわかったというか。
エキサイト VAMPSでも活動しているからこそ、見えてきたことと?
hyde そうですね。VAMPSではL'Arc~en~Cielとは違う形のヴォーカルを求めてやっているので、ハードなことをやっていますが、それだけだと、表現しきれないところもあるし、自分じゃないところもあるというか。自分らしさってどこなんだろうって考えた時に、人よりも表現力の幅が広いところにあるんじゃないかなって。だったらL'Arc~en~Cielではそこをもっと出したほうがいいというか。ハード系のヴォーカリストに憧れる自分もいるけど、それにこだわらず、自分の声のいいところをしっかり出そうって。当たり前のことを今やってるということですね。
エキサイト 20年目にして、さらに進化していけるというのは素晴らしいことだなと思います。yukihiroさんも最近スティックの握り方を変えたそうですし、kenさんもギターのメーカーを変えたと聞いています。これは偶然なんですかね。
hyde 他のメンバーと比べて、進化の速度は遅いと思いますよ。kenちゃんは常にどうやったらもっと気持ちよくなれるかを考えているけれど、僕の場合は最近、やっとちょっと考えるようになったくらいですから。人が10年で気付くことを僕は20年かかっているんじゃないかなって。歌が楽しくなったのもつい最近ですから。それまでは全然楽しくなかった。
エキサイト えっ、そうなんですか?
hyde きっと、大して考えずに歌ってきたから、辛かったんだと思うんですよ。ただ声を出して、何が楽しいのって思っているところが結構あった。僕の場合は歌うのが宿命だと思ってやってきたところがあった。もしくは作品作りとして、歌がある感じ。歌なんて何がいいんだろうって思ってたんですけど、考えて歌うようになってから、歌って案外楽しいなって気が付いた(笑)。そうしたら歌も上手になるし、上手になったら、どうやったらもっと良くなるんだろうって考え始めるし。真剣にやったほうがなんでも気持ちいいんですよ。20年目にしてそういうことにやっと気が付いた。VAMPSをやることでノドも鍛えられたし、かなり歌い込んでも、きれいな声も出るし。それも楽しい要因になっていると思う。だから今のリハーサル(【20th L'Anniversary Live】リハーサル)が一番楽しいですね。
エキサイト カップリングにはP'UNK~EN~CIELの「metropolis -2011-」が収録されています。カヴァーするに当たって、ギター、どう演奏しようと思っていましたか?
hyde 基本的にはデモを作ってきた人がイニシアティブをとるということになっていて、今回はテッちゃんがプロデューサーなんで、彼がやりたいように僕らはサポートする感じですかね。テッちゃんのデモをコピーして、プラスα、いちプレイヤーとして、ちょっと工夫して、ラフなものに合いの手を入れていくというぐらいだったかな。
エキサイト エモーションをギュッと凝縮したようなソリッドなギターソロもかっこいいなと思いましたが、あれは?
hyde ギターソロも考えたのかな。渡された進行表に“ソロ”って書いてあっただけだったから、考えなきゃいけない。ギターソロは歌メロに近いので、頭に何となく描いたものを形にするという感じでした。
エキサイト 【20th L'Anniversary Live】から先の展開については?
hyde ライヴ後にはレコーディングも再開されるだろうし、作品を完成させて、ツアーに繋げていけたら。
エキサイト どんな曲を作っていきたいですか?
hyde これから発表するものは20周年というタイミングで出す曲ということになるから、気合い入れて作っていますね。次に出るツアーで、それらの曲をみんなに値踏みしてもらおうかなと思っています。
(取材・文/長谷川誠)
hyde
hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー