L'Arc~en~Ciel インタビュー
hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 結成20周年の第一弾シングル「GOOD LUCK MY WAY」ですが、まずtetsuyaさんのデモを聴いたときには、どんなことを感じました?
hyde 勢いがあって、広がりがある感じの曲だなって思いましたね。
エキサイト 結成20周年の始まりを象徴する1曲だな、と。
hyde 幕張メッセのとき(【L'A HAPPY NEW YEAR ! 】)はまだ、結成20周年の実感が湧かない感じで。いろんな人から「20周年ですね」って、言われたり聞かれたりすることが多かったんですけど、何をどう感じればいいんだろうって思ってたんですね。幕張メッセが終わって、曲作りに向けて4人で集まってるうちにだんだんとL'Arc~en~Cielであり、20周年であることを徐々に実感してきて。そこに、L'Arc~en~Cielらしい疾走感と広がりという2つの気持ちいい要素が兼ね備わったtetsuya作曲の「GOOD LUCK MY WAY」が…いいタイミングでこの曲が出てきたなって思いました。
エキサイト そもそも結成20周年に対してはどんなイメージでとらえてますか?
hyde 『KISS』を出したのってもう3年前? そのとき中学一年生だったら、今もう卒業しているぞ、っていうのを感じますね、まず(一同笑)。ということは20周年とはどういうことだ? 長いぞ、と。
エキサイト そう考えれば、音楽やギターは何年も飽きないで続けられているという。今でもギターは日々練習されてるわけでしょう?
hyde 僕はなるべく手っ取り早く上手になりたいんです、ほんとは。けど、練習してるうちに、これができたら次はこれっていうのができてきて。あと、今までできてたものをもうちょっと感情込めやすいものにするとか、自分の意のままになる方向はこっちだとか。そうするにはもっと練習しないといけないなっていうことがどんどん出てくるんです。だからキリがないんですよ。途中で若干腹立たしさも感じるんですね。やった、これできた! 俺もう大丈夫!!となったところに、また新たな課題が出てくるから。またかーって。一つ気になる指の動きがクリアできたとしたら、次はこっちの指がちょっとおいてきぼりになってるなとかね。で、またそれを練習をする、と。そういうのをグルグルグルグルやってる。聞いてるだけで腹立つでしょ?
エキサイト 腹は立ちませんけど(笑)。
hyde だって、それさえできたらなのにー!って。
エキサイト むしろ、そこまでして追求する“目指すべき場所”が知りたいです。
hyde たとえば、足の指を全部パーにできない人が、なんとか開こうとするもどかしさに似てるというか。こと、ギターにおいては全部がストレスなくできるようになりたいんですよね。
エキサイト Music Clipのお話もお聞きしたいのですが、今回は演奏シーンもたっぷりありますね。
hyde 久しぶりにいっぱい撮りましたよ、演奏シーンを。最近はここにこの画が欲しいから撮るっていう決め打ちが多かったんですけど、今回はわりと演奏シーンをがっつり、たくさん撮る、みたいな。とにかく撮って、いいシーンをピックアップする、みたいな感じでしたね。
エキサイト これまた久々のメンバー全員で楽器を持ってのMusic Clip撮影だったわけですよね。
hyde 撮影の合間におしゃべりをしましたね。
エキサイト おしゃべり(笑)。どんなことを?
hyde なんだろう? 誰かがすぐ踊りだしたりしましたね。hydeが踊ってたんじゃなかったかな。で、その踊りについてちょっとしゃべったり(笑)。スタートの声がかかるまで、そういうたわいもないことをしてたんですよ。
エキサイト いいですね、そういうの(笑)。今回もカップリングにP'UNK~EN~CIELによる「metropolis -2011-」も収録されていますが、yukihiroさんに、ドラマーのKEN P'UNKさんはどんな感じですか?と聞いてみたんですよ。
hyde なんてことを(笑)。
エキサイト 絶賛でしたよ。「kenちゃんは誰にも教わらずに、左足でずっと8分のリズムを刻むことをマスターしてる。それを感覚でやれてるのがすごい」と。yukihiroさんは、それを練習してできるようになったそうです。
hyde マジですか(笑)。なんも考えてないんですけどねぇ。「metropolis -2011-」のデモを聴いて、これは1週間は練習しないと叩けないなって思って。それで「GOOD LUCK MY WAY」のレコーディングの合間に、ブース内にドラム用の部屋を作ってもらって、黙々と自主練してたんですよ。だって基本一回しか叩かせてもらえないんだからね、P'UNKのレコーディングは。
エキサイト P'UNK~EN~CIELって自由に見えて、実はものすごくスパルタなんですね。
hyde なんとなくでできるもんじゃないですよ、やっぱりドラムは(笑)。で、自分なりに練習してると、ダメはダメなりに、なにかがダメだってことはわかるんですね。でも、どう直したらいいかちっともわからない。ギターだったらそこに時間をかけられるけど、P'UNKはすぐにレコーディングってこともあって、「yukihiroさん、ここ叩いててなんか気持ち悪いんだけど、何が悪いんでしょう?」って聞いたんです。で、「こういうときは、この叩き方がいいんじゃない」っていうアドバイス通り叩いてみたら、その気持ち悪さがなくなるんですよ。でも、気を抜くとまた気持ち悪くなるから、教わったことが抜けないように練習して。最近はドラムで悩み事があったらすぐに聞きます(笑)。
エキサイト 20周年イヤーの中でやってみたいことってありますか?
hyde ファンの人のことを知りたいなって思いますね。いろんな人がいろんな時期にL'Arc~en~Cielを好きになってるでしょ。だから、いろんな場所とか時間を共有してるんだなっていう。そういうところに興味があるというか。たとえば、このアルバムのときにお兄ちゃんがL'Arc~en~Cielを聴いてて、自分はまだ小学生だったとか。いやいや私は中学生だったとか。すでに大人だったけど、今はもっと大人ですとか。長く続けているだけに出会いにもいろんなパターンがあるだろうから、そういうのちょっと教えてくんないかな、っていう気分にはなりますよね。
エキサイト kenさんのTwitterに自ら告白してくれる人もいますよね。逆に、そうやっていろんな人の人生に自分の存在や音楽が関わってる感覚ってどんなものなんだろうっていうか…。
hyde 今リハをやってる中で、昔の曲とかもあるんですけど、決して懐かしい感じじゃないんですよね。この曲ってこんな空気が出るんだなって思いながらやってるんですよ。で、聴いてくれてる人たちもこの空気感を共有してくれてるのかな、だとしたら面白いなっていうか、興味深いなっていうか。そういう感覚なんですよね。
エキサイト できればこの先もずっと、その空気感をたくさんの人たちと共有し続けられたら素敵でしょうね。
hyde うん。そういう空気を演奏で感じられるのは気持ちいいから、いくつになっても味わいたいと思います。
(取材・文/早川加奈子)
ken
hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー