L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 最初に「X X X」のデモを聴いたときの印象を覚えていますか?
hyde 最初に聴いた瞬間は、純粋に「お、いい曲じゃん!」って思いましたね。
エキサイト L'Arc〜en〜Cielのパブリックイメージである疾走感のあるような曲とはまた違う印象を受けたんですが。
hyde デモの段階からコーラス ワークが印象的だったので、「なんか面白いことしてるじゃないの!?」と思いました。特にメロディが僕の好きな憂いのあるものだったので、最初から好きになりました。音楽って、最初に聴いたときにドキッとできるかどうかが大切だと思うんですよね。そのドキッとするという意味はいろいろあると思うんだけど。音楽を聴く人は全員違う感性を持っているから、それもそれぞれ異なると思うんです。俺はこの曲のデモを聴いてドキッとしたんですね。聴いた瞬間、早く完成するのが楽しみになったんですよ。
エキサイト エンディングのギター ソロがカッコいいですね。
hyde そうそう。すでにデモの段階でhydeが演奏したギター ソロが入っていたんですよ。それがスゴイよかったから、「これそのまま使えるじゃん!」って思ったんですよね。
エキサイト (笑)。実際のレコーディングではどうしたんですか?
hyde hydeのテイクが本当によかったから、そのソロを越える自信がなくて「このままいこうよ」って提案したんですよ。そしたらhydeが「とりあえず弾こう」って言うのでとりあえず挑戦したんです。そしたら採用されていまして(笑)
エキサイト いやいや、採用しますよね、それは!
hyde いや、本当にhydeのソロをなくすのがもったいなかったんだよね。遠吠えみたいですごく良かったんですよ、本当にみんなに聴かせたいくらい! なので、フレーズはほとんど一緒にして、さらにhydeの遠吠え感はなくさないように、俺なりの遠吠えを入れました。だからhydeとは犬種は違うけど同じような遠吠えを入れられたと思います(笑)。
エキサイト アコースティック ギターも使用されていますが、あの音が入ることで美しさが増したと思うのですが。
hyde ヘヴィなエレキ ギターは現代を、アコギは時代を限定できなくなるような雰囲気を持っているからね。その違いは楽しめるんじゃないかな。他にもここでアコギを入れたら、とか話し合ったりしたけど、最終的にはこの形になりました。そうやって作りこんでいくのはとても楽しい作業なんですよね。
エキサイト バンドらしい作業って、そこですよね。
hyde うん。それに一番オープンかつ素直な意見が聞ける場所なんです。「いいね」って褒められたり、「ないね」ってバッサリ言われたり(笑)。
エキサイト それは今までずっと同じやり方だったんですか?
hyde どうかなぁ…。曲ごとに作り方もちがうし、時期によっても違うけど、大体はデモがあって、メンバーみんなで意見を言い合って練っていくという形がスタンダードなのかな。特にこの曲は【20th L'Anniversary LIVE】の後にレコーディングしたからこそ、上手くできた気がしますね。ライヴをやっていて、「本当に動いているんだ」「やっぱりL'Arc〜en〜Cielは気持ちがいいな」って感じられたんですよ。
エキサイト 【20th L'Anniversary LIVE】を終えてお話を聞いたときは、「L'Arc〜en〜Cielが好きだからこそ20年続けてこれた」とおっしゃっていましたが、それが再確認できたからこそ、今、改めてレコーディングが面白いということですよね?
hyde そうですね。でも、こういった大きなイベントを経て素直になれたのは良かったよね。だからかレコーディングはとても順調でしたよ。
エキサイト 改めて「X X X」を聴いてみて思うことはありますか?
hyde 今、【20th L'Anniversary TOUR】のリハーサルを始めていて、この曲も演奏をしているんだけど、憂いとハードなところのコントラストが、“演奏している”とより感じられるので、改めてドキドキする曲だなと思ってます。
エキサイト 楽曲にしろ、ジャケットにしろ、新しいL'Arc〜en〜Cielが見られる作品になったわけですね。
hyde そうですね。それに、今回からカップリングはL’Arc〜en〜Cielの過去の曲をアコースティックにアレンジした“L'Acoustic version”が収録されているんです。
エキサイト アコースティック アレンジがカップリングに収録されるということはどう思いますか?
hyde タイトル曲と全く違う世界を見せられるからいいことですよね。作り込んだ形と、素直な面、その両面を見せられるチャンスだと。これはこれで新しいL'Arc〜en〜Cielを感じてもらえるんじゃないかな。
エキサイト 今回の「I'm so happy -L'Acoustic version-」は、原曲とはまた違う印象の仕上がりが興味深かったです。
hyde “L'Acoustic version”でhydeの歌い方を聴いて、こんなふうにも表現したかったんだなって思いました。というのは、原曲はもっとヤンチャなイメージだったんですよね。でも、こんなふうにも伝えたかったんだなって、新鮮でしたね。
エキサイト このインタビューが世に出るころには【20th L'Aniversary TOUR】が始まっていますが、どんなライヴになりそうですか?
hyde 【20th L'Anniversary LIVE】がすごく良かったから、“楽しみ”という気持ちが一番なんですよ。あの日の味の素スタジアムには雨が降っていて、どうなるのかと思っていたけど、メンバーも、来てくれる人たちも、いい空気が出来ていたと思っていて。今回は年末まで続くツアーなので、どんなものになるんだろうとワクワクしているんです。
エキサイト ライヴは新しい発見が尽きない場所ですか?
hyde 【20th L'Anniversary LIVE】で余計にそう思ったかもね。見に来てくれている人たちが本当に楽しんでいるのも伝わってきたから、一緒にライヴを作り上げていく実感が沸いたんですよ。20年やっていて、より一緒に楽しんでいる、ということを強く感じたライヴでしたね。
エキサイト それから、少しこの夏のプライベートについてもお聞きしたいんですが(笑)。何かギター以外でこの夏にしたかったことはありました?
hyde ギター以外!? う〜ん…海水浴かな? 今年はなんとなく海水浴に行きたかったんですよね。というのも、海水浴って昔は行ってたけど、「一体何をするんだ!?」という考えに至りまして。「何時間くらい泳いだっけ?」とかいろいろ考えてたら行きたくなってきて(笑)。でも、結局今年は行けなかったんですよね(笑)。
エキサイト では、実際には海水浴していないんですね(笑)。
hyde そう。…ちょっと待ってね、思い出すから。あった! 朝顔育てました。この夏はエコカーテンを作りました。プランターにキュウリと、茄子と、朝顔と、トマトを植えました。
エキサイト 参考になるような本とかを見て育てたんですか?
hyde いやいや、感覚ですよね。だから「カーテンを作る!」って植えたのに、茄子は“つる”じゃないからカーテンにならないし、朝顔は咲かないし、キュウリは育たないし(笑)。でもツイッターとかで状況をつぶやいてたらファンの方が「朝顔が秋に咲いた」という情報を教えてくれたので、うちの朝顔もまだ可能性に満ちているんです。是非、咲かせてみたいと思います。
ken
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー