L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 結成20周年の第2弾となるニューシングル「X X X」は、作詞作曲がhydeさんですが、この曲をデモの段階で最初に聴いた時に、tetsuyaさんはどんな印象を持ちましたか?
hyde 覚えやすいし、メロディアスでキャッチーだし、オトナな曲だなって思いました。
エキサイト この曲を「GOOD LUCK MY WAY」に続くシングルとして、リリースするということについては?
hyde スタッフからの評判はそんなに高くなかったんですが、僕はシングルとして十分に成り立つだろうということは最初から思っていましたし、「GOOD LUCK MY WAY」の次にこの曲をリリースするのは良いなと思いましたね。
エキサイト R&B的な歌モノの世界観とバンドサウンドのダイナミズムとが見事に共存している曲だなと思ったのですが、ベースのアプローチに関して、ポイントにしたのはどんなことですか?
hyde R&B? そうなんだ? ベース云々というより全体の構成やアンサンブルに重きを置いていますね。
エキサイト サビでのベースの入り方も印象的でしたが。
hyde そうですか? 曲がもともと良いし、ある程度、わかりやすいデモ、きっちりとしたデモをhydeが作ってきていたので、「ああ、OK、OK、そういうことね」って、メンバーみんながわかっていたということだと思います。よっぽど見当違いのことをやったら、「それは違う」って言われるだろうし。
エキサイト 20周年を迎えて、こうした新たな魅力を備えたシングルをリリースしていけるところもすごいなと思うのですが、そうした方向性については、リーダーとして何か思うところはありますか?
hyde いや、リーダーだからと言って、僕が全部を決めているわけではないですし、ラルクの場合4人全員が作曲出来るので自然に新しい物が生まれてくるんじゃないでしょうか?
エキサイト その時、その時に出てきたものに対して、作っていくということですか?
hyde この曲はメンバー全員一致で、次のシングルにしたいねっていう意見だったんですよ。
エキサイト カップリングはP'UNK〜EN〜CIELではなくて、「I'm so happy-L'Acoustic version-」ということで、アコースティック アレンジのセルフカバーになっていますが、これはどういう流れから実現したのですか?
hyde P'UNK〜EN〜CIELは前回のシングル「GOOD LUCK MY WAY」のカップリング曲「metropolis -2011-」で最後だっていうのは、あの曲を作った時点で、決めていたので、それに変わるものということで、この形になったということですね。僕が提案したアイディアはボツになったんですけど……
エキサイト それはどんなアイディアだったんですか?
hyde みんな、ソロをやっているので、kenちゃんのソロ曲、僕のソロ曲、acid androidの曲、VAMPSの曲をL'Arc〜en〜Cielでやっていくのはどうだろうって。VAMPSの場合は、歌う人は同じということになるけれど、演奏はL'Arc〜en〜Cielでやると、また印象は違うだろうし、おもしろいんじゃないかなって、アイディアとして出しました。でもhydeさんに却下されました(笑)
エキサイト P'UNK〜EN〜CIELとしてやりきったという感覚があったということなんですか?
hyde ちょうどローテーション的に、みんな、3曲ずつアレンジして、とりあえずここまでやれば十分かなって思っていたんですよ。「P'UNK〜EN〜CIELはもういいんじゃないか?」というファンからの意見も聞いていましたし、ここで終わりにしようと。で、次をどうするかは、いろいろ考えていて。で、hydeから、過去の曲をアコースティックでアレンジし直してやっていくのはどうか、というアイディアが出てきて、こうなりました。最初、僕が“ラルク アン プラグド”はどうかって名前のアイディアを出したんですけど、Unpluggedは商標化されていて、使えないということで、hydeから“L'Acoustic version”という言葉が出てきました。
エキサイト ということは、今後、“L'Acoustic version”はシリーズ化されて、持ち回りでやっていくということになるわけですね。じゃあ、自分の番が来たら、この曲をやりたいという構想は?
hyde まだないです。僕は順番的に4番目なので、まだ何も考えていません。
エキサイト このシングルがリリースされるタイミングでは、すでに【20th L'Anniversary TOUR】が始まっている予定です。そのツアーについてもうかがいたいのですが、その前にまず5月28日、29日の味の素スタジアムでの【20th L'Anniversary LIVE】の手応えを聞かせていただけますか?
hyde 20周年の記念のライヴですから、やって良かったし、意味のあるライヴだとは思うんですけど、個人的に言うと、全然ダメで点数は30点くらいしかないので、もっと点数を上げられるように、次のツアーでは頑張りたいです。
エキサイト 30点の部分というのは?
hyde 完全に個人的な演奏の部分です。だから誰のせいでもないです。
エキサイト 観ている側としては、バンドのタフさも伝わってきて、素晴らしいステージだなと感じました。
hyde 他のメンバー、スタッフ、ファンの人たちの意見を聞いていくと、「とても良かった」という評価が圧倒的に多かったんですけど、僕としては、胸を張って、「良かったでしょ?」って言えるようなものはできていないので、次は納得の行く演奏を出来るようにしたいですね。
エキサイト そのためにはどうしていこうと思っていますか?
hyde もっと練習をしなきゃいけないってことですよね。
エキサイト 今、ツアーのリハーサル中とのことですが、どんなやり方で練習されているのですか?
hyde リハーサルスタジオで、普通にバンドで演奏して、家に帰ってからも、練習しています。今回のツアーはAパターン、Bパターンあるんですが、例えば、今日のリハでAパターンをやって、明日はBパターンをやるとしたら、家に帰って、Bパターンを通してやって、明日の予習していくということですね。オフの日もAかBでワンステージ、通してやっています。
エキサイト 2時間とか、通して、ずっとやるんですか?
hyde そうです。実際のライヴと同じように、アンコールの前にはちょっと休憩を入れたりしていますけど。
エキサイト リハーサルの現時点での手応えはいかがですか?
hyde 味の素スタジアムのライヴからそんなに間があいてないので、大丈夫です。それに次は単発ではなくて、ツアーなので、もしダメなところがあったとしても、改善しながら回っていけるので、問題はないと思います。
エキサイト 味の素スタジアムでは2Daysで合計45曲あって、L'Arc〜en〜Cielの歴史が見えてくる集大成的なステージでしたが、その流れを汲んだものになっていきそうですか?
hyde そうでしょうね。アルバムをリリースしてのツアーではないので、20周年のお祝い的なツアーにはなるんじゃないかと思います。
エキサイト 来年からはワールドツアーもありますが、こんなものにしたいという構想は?
hyde いや、まだどんなステージにするか、メンバー間でも話てませんし、どんなものになるのか、全くわかりません。ワールドツアーにしても、アリーナツアーにしてもそうですが、今はとにかくベースをしっかりプレイすることに集中しようと思っています。
hyde
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー