L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 「CHASE」は、どのようなタイミングで制作がスタートしたんですか?
hyde 元々L’Arc〜en〜Cielとして曲作りをしていたんですよ。そういう中で、映画『ワイルド7』主題歌の話をいただいて。その時には、僕の中での映画のイメージにぴったり合うような曲がなかった。でも、kenちゃんの曲で、比較的アップテンポの曲があったんですよ。
エキサイト 映画の制作サイドから、具体的なリクエストは?
hyde 何個かキーワードがきてたんだけど、映画の本編が終わって、エンドロールで流れるってことは決まってたから、自分が持ったイメージで進んだほうが、カッコいい形になると思ったんだよね。自分の中では、本編の後に流れるかどうかっていうのが、重要だったんです。僕、そんなに熱心に映画を観るほうじゃないとは思うんですけど、映画が良かったのに、曲が始まってがっかりすることも多くて(笑)。そういうのは絶対にイヤだったし、最後、曲が流れて、相乗効果でカッコいいと思えるような曲にしたいと思いましたね。
エキサイト そういう意味で言うと、楽曲自体はもちろん、曲の始まり方も、重要なファクターだったのでは?
hyde そうですね。でもどっちかっていうと、自分の中では、Aメロの頭、ウィスパーボイスでの<Calling…>の方が、最初に浮かんだイメージでしたね。
エキサイト 前作に続き、コーラスもすごく印象的でした。特にサビの広がり感、重厚感。クラシックっぽさを感じました。
hyde 自分の中では、いつも通り普通に「ここにこういうコーラスあったらいいな」って感じでやったんで、あんまりわかんないけど。でも、前のシングル「X X X」もコーラスが多かったし、なんかこう…L’Arc〜en〜Cielの中で、流行はあるのかもしれない。流行っていうか、嗜好もあるんだろう、と。みんな、なんだかんだ言って結構、いろんな音楽聴いてるし、R&B 聴いてるからね。そういう影響は、なんとなく出てるのかもしれないって気はするね。でも、そう言われれば、そう思うかなってくらいですよ。僕自身は、あまり音楽を熱心に聴くタイプじゃないっていうのもあると思うんだけど。
エキサイト 聴くよりも作るほうが楽しい、充実感を得られるから、という?
hyde いや、作るのもあまり楽しくはないかなー(笑)。
エキサイト では楽しいという意味で、歌うことは?
hyde 前から比べれば歌うのは楽しいけどね。でも何も理由がなければ歌わないと思う。仕事としては、すごくやりがいを感じることになってきたけど、もしも何もなかったら歌わないな。
エキサイト では、ギターを弾くことは?
hyde あぁ、うん、それは楽しいかな。ギターを弾いて、バンド演奏するのが楽しい。「やってるな」って感じがしますしね。その…楽しさだけだったら、趣味で何かやるかもしれない。でもね、趣味でやるのと仕事でやるのって、やっぱり何か大きく違うんだよね。どっちがいいとか、悪いとかというレベルじゃなくて。例えば、L’Arc〜en〜Cielは、楽しい以上のことを追求してる。エンジョイしてOKじゃなくて、もっと音楽的にレベルの高いところを挑戦しないと、やる意味がないってところにきてるバンドだと思うんですよね。あの4人が集まって、ちょっと遊びで1曲やろうぜって言っても、集まらないからね。例えばここでコンサートあるからとか、ある意味、仕事として集まるから、もっと研ぎ澄まされたバンド演奏をしようとする。よりクオリティの高い音楽を作り出そうとするんだと思うんですよね。
エキサイト 元々ある楽曲をアレンジしていくという行程は、hydeさんにとって難しい?
hyde 基本的にアレンジャー気質なんで、元から作るよりは、変えていくほうがやりやすいですね。例えば、ゼロから売れるサビ…みんながいいねっていうサビを作るのは、結構ひと仕事だし、運もあるから。でも、今回みたいに映画のイメージがある場合は、すごく降りてきやすいっていうか。こういう曲が流れたら、カッコいいなっていうのはあったから。自分の中では、首都高走っているイメージだったんですよね(笑)。
エキサイト ちょっと脱線しちゃうんですが、混んでない首都高を走る際のhydeさんは、どんな様子に?
hyde こんなことに命かけてどうするんだろうって…走っててふと我に返る。
エキサイト つまり、命をかけていると思う部分もあると?
hyde 思いますね。めっちゃくちゃ面白いですよ(笑)。僕、今、すっげー速い車に乗ってるんで、楽しくてしようがなくて。「うわーっ!!」って言いながら。「今、やべえな、俺」みたいに思いながら。同じこと、yukihiroさんも言ってましたけど(笑)
エキサイト 今回の歌詞は、英語と日本語を混ぜて書いていますよね。例えば、英詞の“Calling”と“降臨”が対になっていたり、日本語でも英語っぽく歌っている部分があるな、と。元々は、英語で歌う方がいいと思っていた曲だったりしたんでしょうか?
hyde あー、かもしれないですね。でも、日本でリリースする場合は、日本語をできるだけ使いたいっていう気持ちがあるんですね。それは、日本語をなめてるとか、英語の方がカッコいいとか、そういうことではなくて。単純に、日本語を使うほうが、よりキャッチーだろうっていう意味なんですけどね。でもこの歌詞は、日本語と英語というところでは、いろいろ試行錯誤しましたね。
エキサイト カップリングは「My Dear -L’Acoustic version-」。アレンジはkenさんです。今回もヴォーカルは新録になりましたね。
hyde そうですね。最初、歌い直す前のバージョンを改めて聴いた時、十分きれいだったんですよ。だから、歌い直さなくてもいいかなって思ったんだけど、kenちゃんと一緒にアレンジを担当した富樫(春生)さんが「歌ってくれ」と。だったら、ちゃんと新しい雰囲気でやったほうがいいなと思って歌いましたね。“L’Acoustic version”に関しては、自分の中で、なんとなく将来、アコースティックライヴをしたいなって気持ちがあるので、その貯金をしてるって感じですね。最終的に十数曲集まった時に、アコースティックライヴをやれたら素敵だなと思ってるんですよね。
エキサイト 12月28日には、5月に行なわれた味の素スタジアムでのライヴDVD『20th L’Anniversary LIVE』も発売となりますね。今、改めて振り返ってみて、思い出すことはありますか?
hyde 新曲(「GOOD LUCK MY WAY」)の歌詞を間違えた。一番重要なところですよね。あれは悔やまれる(笑)。ファンの意見とかも、ブログで見たりしたんだけど、「あそこ間違っちゃダメだよ」とか書かれてて、「ですよね」っていう(笑)。DVD化する際、歌い直して、間違いを修正することもできなくはないんだけど、それも見る人が見たらカッコ悪いからね。「あ、間違ったから歌い直してんの」とか思われるのもシャクだし(笑)。だからまぁ、そこは堂々と。
エキサイト では、先日終了した【20th L'Anniversary TOUR】について伺います。ファンの方々の反応はどう受け止めてらっしゃいますか?
hyde みんな、すごく喜んでいる感じが伝わってくるんで、やっててニコニコしちゃいましたね。本当に今回は、公演数が少なかったから、全然チケットが取れない状況なんだけど、そういう中でも、すごく男の子が増えた印象があって。それが嬉しかった。私生活でも、男の人から「ずっと聴いてました」とか「好きです」って言われることが、最近、多いんですね。20年やってるからこそ、その子達の青春時代に流れていたんだなと思うし、だからこそ、やりがいのあるツアーでしたね。
エキサイト 2012年には、ワールドツアーも決まってますね。hydeさんにとって、L’Arc〜en〜Cielのワールドツアーっていうのは、どう意味を持ってますか?
hyde L’Arc〜en〜Cielが世界に出るタイミングって考えた時、自分の中では、今回のツアーを逃すと、次がちょっと具体的に見えてこないなっていうのがあったんですよね。L’Arc〜en〜Ciel以外にも、それぞれのプロジェクトがあるから。だから、世界に出るタイミングは今しかないし、やるなら、日本のアーティストの中で、一番でかいものにしたいなって思ったんですよね。L’Arc〜en〜Cielというバンドの価値を見出すのが、ワールドツアーなんじゃないかなと。
エキサイト それは、ご自身の中に?
hyde いや。みんな…それこそメンバーもスタッフも、ファンもね。日本では、もうオールドなロックになってると思うんですよ。昔からいるバンドっていう意味を含めて。でもそこじゃなく、逆輸入するっていう部分…情報も含め、それでもう一度、L’Arc〜en〜Cielの真価を問うタイミングなんじゃないかなと思うんですよ。そういうことができるバンドって、実はあまりないって思うから。そこを乗り越えていきたいとは、思いますよね。
エキサイト ツアーと並行して、ずっとアルバムを作ってきたわけですが、そろそろ完成形が見えてきた頃でしょうか?
hyde そうですね。半分はシングルなんで、すごくキャッチーなアルバムになっていると思うんだけど、シングル以外の曲は結構ね…僕にとっては、リアルな肌触りの曲が多いって印象。フォークみたいな感じ? だから僕みたいな、おっさんが聴くと、すっげぇカッコいいアルバム。
エキサイト リアルな肌触りって?
hyde そうねぇ、この前、ある1曲の歌詞を事務所のそこらへんに置いておいたんですよ。そしたらその歌詞見て、JINちゃん(VAMPSのキーボード&マニュピレータ?)が号泣、みたいな。「あ、わかる? 俺もそうなの、俺も、この曲、詞だけですごく泣ける」みたいな感じで。そういう曲があったり、他にも、自分的には、「あぁ、これ、歌詞だけでいいなぁ」って思えるような詞が書けたんですよね。いい感じになってると思いますよ。
(取材・文/伊藤亜希)
hyde
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー