L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 近未来的な匂いがあって、かつスケール感のある「CHASE」ですが、原曲はkenさんが作られたそうですね。どんなきっかけでできた曲なんでしょうか?
ken 今年はL’Arc〜en〜Cielの20周年で、アルバムも作るということは決まっていたんですね。その選曲会の時に数曲提出したんですけど、それとは別に、シングルっぽい曲を書いてほしいっていう話があったのかな。「シングルっぽいってなんなのよ?」というのはあったんですけど(笑)。「じゃあ、もう一回曲を作ろうか」みたいな感じで作りましたね。別に、どういう方向性にしようとかもなく、なんとなくアップテンポなものがいいのかなっていうところで。確か、サビのシンセリフみたいのが思いついて、そこから作り出したような。
エキサイト シンセリフのインスピレーションの源となったものはあったんでしょうか?
ken 最近、何も考えずに機材の前に座るんですよ。それで何となく音を出していくんですね…たまに違う場合もあるんですけど。その時は、それがたまたまシンセだった。ギターを持ってギターから始まる時もあれば、リズムから組み始める時もあるし、いろいろなんですけど。これはシンセでいこうっていうのも、ないまま始めるので。
エキサイト 自身で曲を作る時には、ある程度のイメージやトーンを持っていたりしますか?
ken 昔はそういうこともあったんですけど、最近はものを作る時に言葉とか画のイメージをもたないようにしているんですね。耳で聴いて感じる広がりをずっともったまま曲を作りたいから。地平線だったら地平線が見えちゃうし、宇宙だったら宇宙が見えちゃう。そういうのがなくてすむのが音楽のいいところかなと思うから、なるべくないほうが最近はやりやすいかな。今はそれが気持ちいいんですよね。今までも変わってきているから、また変わるかもしれないですけど。今はそういう気分ですね。
エキサイト 「CHASE」は、完成形と、その前の原曲とでは大きな違いがありますか?
ken そうですね。シンセリフを基に、こんな感じだろうなと曲を作っていったんですね。で、2回目の選曲会の時に、この曲もレコーディングしようということが決まって。その時点で、曲にもうちょっとヤンチャなところがあったらもっといいのにな、って俺自身は思っていて。で、ユッキー(yukihiro)に、「今、この曲がこうなっていているんだけど、ヤンチャ要素を足したいんだよね」っていう話をして。そうしたらユッキーが、「こういうのもあるよね、こういうのもあるよね」っていう話をしてくれたんです。その段階で、映画『ワイルド7』のタイアップの話がきたんですよ。
エキサイト それで原曲が大きく変わるわけですね。
ken 映画のラッシュを見せてもらって、「じゃあ、この曲をもうちょっとこういうふうにしたいよね」みたいな、「このままじゃなくて」っていう話がhydeから出たのかな。曲がメンバーの気持ちいい形に到達してないんだったら、自分的には、それはそうしたいと。自分でも、もっとヤンチャにしたいっていうこともあったから、じゃあ、みんなでいろいろできたらなっていうことで、スタートしたんですよね。そこからhydeに、ヤンチャっていう話をしたかどうかは覚えてないんですけど。映画から受けた印象もあったのか、hydeから出てくるアイデアが、ワイルドな方向だったりして。そういうところで、どんどん変わっていって。制作の時に、一度、俺の作った部品が何もかもなくなったんです。残っていたのはテンポだけで(笑)。「俺、“作テンポ”だね」って言ってました(笑)。
エキサイト “作曲”ではなく、“作テンポ”(笑)。
ken そうそう。一度はそこまでいったんですけど、俺が作ったCメロ(サビ)のメロディとシンセリフが復活して。あと、Dパート。Cメロは前半が俺で、後半がhydeかな。それをつなげたほうがカッコいいじゃんみたいな。それで合作になったんです。イントロ部分も、シンセのノイズはhydeが入れた。で、ユッキーがシンセの音色とかをどんどんビルドアップしていったっていう感じでしたね。
エキサイト ギタリストとしてのkenさんが今、追求していることはありますか?
ken 音色、かな。一つの音色で弾いたとしても、その一つの音色の中でいろいろとさらに音色を付けていけるというか。一つのアンプで、録るとして、この音の中でも音色をいろいろ出していくっていうことですね。あとは、より気持ちよく指が動くような練習をしていますね。
エキサイト 今でも、そうなんですね。
ken そういう音色を出すためには、自分の思った強さで押さえたり、弾けたり、指がそういうふうに動かないといけない。それがもうちょっとスムーズにいくためには、ある程度意図的にできるようにしておかないと。やっぱり何も考えずに曲に向かいたいじゃないですか。曲の練習とは別に、自分の頭の中と手がより自由に動くようにっていう練習をしてますね。
エキサイト ミュージック クリップを拝見しましたが、壮大で幻想的なものでした。kenさんのアイデアが活かされているとうかがっているのですが、どういったイメージがあったのでしょうか?
ken 白と黒でハイパーな感じを出したいなっていうのが、最初にあったんですね。デジタルとかハイパーなイメージっていうと、どうしても白黒じゃなくなっていくと思うんですけど、それを白黒で表現したいなっていうのが最初。
エキサイト それは曲からのイメージですか?
ken そうですね。で、画の映し方はいろいろあるけど、プロジェクション マッピングという方法だと、投影して光っているところは、光ってメンバーに反射するので、よりリアリティが出ると。そういうのがあるよって聞いて、「それカッコいいね、是非やろう」っていう。
エキサイト メンバーが演奏をしているところに、リアルタイムで映像を投影しているということですね?
ken そうです。スタジオで観るとより立体的に、球体はより球体に感じるんですよ。そういうアイデアがあって、そこにいろんな肉付けをミュージック クリップのチームがやってます。
エキサイト カップリング曲「My Dear -L'Acoustic version-」は、kenさんがサウンド プロデュースをされています。今回はピアノをフィーチャーしたものになりましたが、どういうふうにしたいと考えていましたか?
ken 「My Dear」はhydeの曲なんですけど、この曲は最初、hydeがピアノでデモを作ってたんじゃないかな。それで、のちにチェンバロかなんかに変わったんですけど。今一度ピアノにして、より静けさと広さを感じたいなと。あとは暴力的なところを感じたいなと思って。そういう方向にいくようにアコースティック アレンジしましたね。
エキサイト この曲では、yukihiroさんのバスドラムの口径や、シンバルのインチ数まで指定したという話をうかがったのですが、音のディテールのイメージがあったということですか?
ken そこはピアノの富樫さんが言い出したんですよね。ユッキーはいつも同じドラムセットしか使わないんですけど、富樫さんはそんなの知らないから(笑)。「これ大きい口径で叩いて」って、簡単に言うけど…と思ったけど、ユッキーは「いいっすよ」みたいな感じで。「なんだ、いいんだ」って(笑)。音色の方向、アレンジの方向がしっかりと伝わったからこそ、OKだったんだと思うんですけどね。音色はバッチリはまりましたね。当日はブラシもいくつか用意されていて、その中でいろいろ叩いてもらって。こういう音色でいきたいんだけど、こういうのはどう?って提案もありながら、最終的に固まっていった感じですね。
エキサイト 12月28日には5月に味の素スタジオで行なわれた【20th L’Anniversary LIVE】のライヴDVDのリリースもあります。あの2日間のステージを振り返ってみて、今、どのような想いがありますか。
ken すごくL’Arc〜en〜Cielを感じましたね。今年の1月1日にカウントアップ ライヴをやった時に感じたよりも、もっともっと。たぶん、昔の曲をやったり、2日間全く違うセットリストで、たくさんの曲をやったというのもあっただろうし。20周年のお祝いだ!っていうファンの空気もあったり。そういうのがすべて含まれての気分でしょうけど。「ああ、L’Arc〜en〜Cielを味わっている」っていう、感じです。
エキサイト とにかく、めちゃくちゃ気持ちよかったんでしょうね。
ken めっちゃ気持ちいいから、雨降ってても別に、みたいな。みんな天候を心配してるけど、「なにが?」みたいな。むしろ、観に来てくれている人たちと自分の間に雨があるおかげで、それがつなげてくれているような気分さえ起こってしまうような。素敵な空間だなあと、今でも思いますよね。
エキサイト ファンの間でも、アルバムへの期待感がつのっているところだと思いますが、久しぶりのアルバムリリースへ向けて、現在の感触はいかがですか?
ken めちゃいい気分ですね。味の素スタジアムとそれ以降のツアーや、メンバー全員の意見が入った「CHASE」の曲作りや、音をより音で捉えたいっていう今の自分の気分、それらが全部詰め込まれて制作できているアルバムなので。すごく気持ちいいですね。
(取材・文/吉羽さおり)
ken
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー