L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト 「CHASE」は映画『ワイルド7』主題歌ですが、その制作はどんなふうに始まったのでしょうか?
tetsuya デモが何曲かあって、映画の話をいただいた時に『ワイルド7』に一番合うのは、この曲じゃないかとスタッフが推したのが、kenちゃんが作った「CHASE」の原曲だった。それをさらに映画のイメージに近づけるために、みんなで作り直したという感じでしたね。
エキサイト ラッシュを観た時の印象は?
tetsuya スタッフからは、『Mission:Impossible』みたいな感じの映画だと言われたんです、漠然とですけど。そういうテイストの日本映画になるんだと思っていたんですね。でも、制作途中で『ワイルド7』のラッシュを観て、映画の方向性からちょっと曲がずれてると思ったんですよ。最初にラッシュを見たのは僕だけだったので、メンバー全員に観てもらって、イメージを統一した上で、今の形に持っていきました。
エキサイト 結果、デジタル的でスタイリッシュな楽曲に仕上がりましたね。デモの段階から、そういう匂いのある曲だったのでしょうか?
tetsuya いえ、そういう方向に曲を変えていきました。パーセンテージで言うと、kenちゃんの作った原型はそんなにないんじゃないかな。kenちゃんのデモを元にhydeを中心に4人で意見を出し合って作っていった感じなんですけど、そういう作り方をしたのは、「DRINK IT DOWN」以来でしたね。「X X X」もある意味そうでしたけど、今回はさらにみんなで作った感じ。作曲クレジットもken/hydeになっています。hydeがAメロとBメロのメロディを作り直しましたから。
エキサイト ベース パートに関しては、シンセベースと生ベースが共存した形ですが?
tetsuya 『ワイルド7』のイメージで、kenちゃんの原曲をさらにデジタルな方向にしようと。そういうアイデアの中で、シンベを入れることになったんです。ただ、シンベが最初から最後まで貫いている中で、どういうふうに生ベースと共存させるか、ということを考える必要があって。ミックスも難しかったですね。ちゃんとしたオーディオで聴かないと、生ベースは聴き取れないかもしれないですけど。
エキサイト いや、しっかり聞こえましたよ。ギターのリフはtetsuyaさんが考えた譜割が採用されているそうですね。
tetsuya イントロのギターリフにはすごくこだわりました。「いや、それはちょっと土臭いから少し変えたいな」と。ワイルドなニュアンスを出しつつ土臭くないというところに持っていきたくて、いろいろ弾いてもらったんですよ。担当パートが何であれ、意見を出し合って作りますね。
エキサイト 個人よりもバンドを尊重しているんですね。さて、カップリングの「My Dear -L’Acoustic version-」ですが、ベースが入っていないことに軽い衝撃を受けました。逆にベースがないことで、そのことが際立つというか。
tetsuya 気づいてもらえましたか。いないことで感じさせる存在感ってあるじゃないですか。例えば、L’Arc〜en〜Cielの新しいアーティスト写真が僕以外の3人だけだったら、逆に僕という存在がクローズアップされることになりますよね。
エキサイト シングル『CHASE』のリリースに続いて、12月28日には、今年5月28日、29日に味の素スタジアムで行なわれたライヴの模様を収めたDVD『20th L’Anniversary LIVE』も発売になります。あの日のライヴの感想を改めてお願いできますか?
tetsuya 5月のライヴは…雨が降りましたね〜。僕は雨が降ることを2〜3週間前から予測していたんですよ、勘が当たるほうなんで。2日間のうち、絶対にどっちかは雨が降ると思うとスタッフに言ってて、見事2日間とも雨でした(笑)。
エキサイト 天気は残念でした。でも、雨が降るのはバンドのせいではありませんから。
tetsuya いや、バンドのせいでもありますよ。
エキサイト えっ!?
tetsuya これは雨が降るなと思っていました、普段の行ないが悪いから(笑)。ただ、僕は雨の覚悟ができていたので、ガッカリはしなかったですよ。
エキサイト お客さん的にも、雨が降った野外ライヴは強烈に記憶に残るんですよね。それに、20周年を記念したライヴにふさわしく、2Days完全別メニューの全45曲という内容に圧倒されました。
tetsuya 20年バンドを続けているけど、こういうライヴは初めての経験だったので、曲を思い出すのが大変だったし、覚えるのも大変(笑)。全部の曲をちゃんと演奏できるようにして、さらにパフォーマンスもできるようにしなきゃいけないですから。
エキサイト いろいろと大変だったとは思いますが、ライヴの空気感をリアルに味わえるDVDになっています。
tetsuya そうですね。雨のためにできなかった演出もあるし、カメラのレンズに水滴が付いていて使えないショットもあったりしたんですけど、観応えのあるDVDになっていますね。それに、僕は雨が降ったから良くないライヴだったとは思ってなくて。MCでも言いましたけど、雨が降ったから天気が悪いという言い方は、雨に対して失礼だと思うんですよ。恵みの雨ですよ、そもそもずっと雨が降らなかったら困るわけですから。それに“虹”という意味を持ったL’Arc〜en〜Cielというバンドが、20周年を記念するライヴの日に大雨が降ったというのは、意味のあることだと思う。雨が降ってできなかった演出もあれば、結果的にDVDとして雨がいい映像を生んだりもして。プラスマイナスゼロというか、むしろちょっとプラスかなくらいに思っています。
エキサイト 先日終了した【20th L’Anniversary TOUR】は、LEDを大々的に活かしたステージセットで、オーケストラとの共演もあったりと、かなりスケールの大きなものになっていましたね。
tetsuya そうですね。ただステージ セット自体は、今までにないくらいシンプルです。その代わり映像ショウですね。コンサートやライヴの演出は、いつも大体hydeを中心にやっていて、今回もそうなんです。僕は、ライヴに関してはあまり意見を出さないんで。味の素スタジアムでは2日間で45曲演奏しましたけど、あの時も。最初にみんなでやりたい曲を持ち寄ったんですけど、僕は1曲も提案しませんでした。セットリストが形になってきた時に、この曲じゃなくて、こっちのほうが良いんじゃないかという意見は言いましたけど、それくらいですね。僕は、ライヴというのはヴォーカリストがやりやすい流れに持っていくのがベストだと思っているので。それはソロで、自分で歌ってみて強く感じたんです。だから、L’Arc〜en〜Cielのライヴの内容に関しては、ほとんどアイデアは出さないんですよ。
エキサイト L’Arc〜en〜Cielのライヴに関しては、hydeさんが思い描くステージを形にして、自分はやるべきことをパーフェクトな形で行なうというスタンスですね。
tetsuya hydeのことを信頼しているから、hydeがやりたいことに賛同して。その上で彼が理想としているライヴに近づけるために、自分は最大限努力をする。そういう取り組み方で十分楽しめるんです。
エキサイト 来年3月からはワールドツアーを行なうことも決定しています。
tetsuya 【20th L’Anniversary TOUR】が、すごくいい感触だったので、この勢いを保ったまま海外ツアーに臨みたいですね。海外だからといって、変に意識したり、力んだりせず、普段日本でやってることをそのままやれば問題ないと思っています。
エキサイト 特にアメリカ公演は、マディソン スクエア ガーデンという、世界の檜舞台です。
tetsuya それは今から興奮しています、僕の夢だったので。「日本武道館を目標にしています!」とか、「念願の武道館でライヴができた!」というミュージシャンは多いじゃないですか。でも、そういう想いは僕の中に全くなかったんですよ。それが僕にとってはマディソン スクエア ガーデンだった。
エキサイト 20年を経て、誰も成し得なかった大きな夢を叶えたわけですね。L’Arc〜en〜Cielを始めた時に、今の姿は想像できてましたか?
tetsuya 全くできなかった(笑)。僕らが中〜高校生の頃は、20年も第一線で活動し続ける日本のバンドはいなかったんですよね。海外でライヴをすることもそう。1980年代にLOUDNESSがマディソン スクエア ガーデンのステージに立ちましたけど、それはMotley Crue(oとuの上に..)のオープニング アクトで。当時はそれでもすごいことだったんです。L’Arc〜en〜Ciel を結成する前は、そういう時代だったから、20年もバンドが続いたり、海外でヘッドライナー ツアーをすることになるなんて夢にも思っていなかった。それが実際、ここまで続いて、マディソン スクエア ガーデンで単独公演ができるなんて、中学生の自分が聞いたら、ビックリしますよね(笑)。
エキサイト 本当にそう思います。自分の想像を超える大きなバンドとなったことに対して、逆に怖さを感じることもありますか?
tetsuya ふとした瞬間、「あれっ?」と思うことはあります。「今、僕なにしてるんだろう?」って。ただ、20年前から、いきなり今の立場になったわけじゃなくて、少しずつ階段を登ってここまできているから普段は思いませんけど。何かのタイミングで、俺はプロ ミュージシャンという職業をしていて、何万もの人を前にステージに立ってる。それはすごいことなんやなと思うことがあって。
エキサイト そうなりたいと思って、なれるものではありませんから。
tetsuya 東大に入るより難しいことなんだよとか言われて、そうなのかと思いましたね。20年も続けてこれたことに関しては、本当に全ての人、全てのことに感謝しないといけないなと思ってます。
(取材・文/村上孝之)
tetsuya
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー