L'Arc〜en〜Ciel インタビュー
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー
INTERVIEW
エキサイト ニューシングル「CHASE」は、バスドラムの4分打ちの流れを根底にしながら、フィーリングとしては16分の細かいビート感を持っていて、かつ、Aメロでのyukihiroさんの実際のプレイは8ビートでガシガシ押していくという、一筋縄ではいかない構造になっていますね。。
yukihiro 最初は全編4分打ちだったんですけど、別のパターンも試してみたくて、けっきょくサビのパートだけ4分打ちになりました。こういう曲調でドラムが4分打ちっていうは、すごくわかりやすいし、ハマらないわけはないんですけど、そこを外してロックバンドのやるダンスミュージックになればいいなと思いました。
エキサイト この曲はkenさんとhydeさんによる共作です。これまでL'Arc〜en〜Cielは共作というパターンは少なかったと思いますが、具体的にどうやって進められたんですか?
yukihiro

映画『ワイルド7』主題歌の話がきて、kenちゃんの曲が候補に上がったんですよ。原曲は、kenちゃんいわく「おちゃらけた感じ」だったらしくて(笑)。「このままだと映画の世界観と合わないかも? もっとワイルドにしたほうがいいかもね」ってことで、hyde君が曲を再構築していった感じですね。

エキサイト サビで一気に開けるようなシンセはかなりポップですけど、これは原曲からあったものですか?
yukihiro

そうですね。ただ作業を進めていきながら音色は変えていきました。hyde君がサビ以外の構成を作り直してきてから、「じゃあシンセで始まる感じにしよう」って決まって。「シーケンスの16分で何か鳴らしたい」ってことになって「アルペジエーター(アルペジオを自動的に作り、演奏する処理機材。一般的にシンセサイザー内に搭載されていることが多い)で適当に…」という話になりかけて、いや、待て待て待て!と(笑)。

エキサイト

そこは黙っていられないと(笑)。

yukihiro

ははは。「そういうことをやるんなら家からシンセ持ってくるよ」って、nordrack3を持ってきて、元々入っていた音色もいろいろと作り直して。16分でこういうふうに鳴らすんならこんな感じかなっていう音色を作ったりしていきました。

エキサイト 今回はシンベ(シンセベース)の役割が大きく、yukihiroさんの得意なパターンなのかな、とも感じましたがいかがですか?
yukihiro 僕自身は、16分であんなにベターッといくのは、あんまりやらないですね。カッコいいとは思うんですけど、自分でやるのはちょっと恥ずかしい(笑)。ヴォーカリストが、こういう詞は歌いづらいっていう、ちょっと恥ずかしい言葉とかあるじゃないですか、それに近い気がします。打ち込みをやってる人が16分をベターッと打ち込むのは勇気が必要な気がするんですよ。でも今回は自分の曲じゃないし、アレンジもこういう感じだから、ここでやれるんならやっちゃおうって(笑)。
エキサイト 打ち込みと交錯するtetsuyaさんのベースプレイも計算し尽くされた印象を受けました。
yukihiro 符割りは僕やkenちゃんが意見を出しながら進めていったところもあります。例えば、Aメロの部分は16分の打ち込みがいるから、生ベースは休符を含めながらの8分がいいと思うとか。
エキサイト メンバー間のやりとりが多い曲作りだったわけですね。では、生ドラムのプレイについてもうかがっていきたいと思います。まずキックの4分打ちは、そもそもkenさんの原曲の段階からあったものですか?
yukihiro そうですね。kenちゃんが最初に持ってきた時は全編4分打ちでした。その後構成が変わって、作業を進めていく段階で、サビだけが4分打ちになる今の形になりました。
エキサイト 冒頭の“ツッチーツクチー”という打ち込みハイハットのシーケンスからの流れで、Aメロのドラムインではyukihiroさんのビートも16ビートでくるかなと思いきや、ぶっとい8ビートでガツンときたのにはヤラれました。
yukihiro

ああいうシンセのシーケンスから始まったら16ビートが浮かぶと思うんですけど、それに対してのリズムは8ビートでもカッコいいって思っていて。ロックバンドとダンスミュージックを融合させようとした時に、テクノの4分打ちにはやっぱり勝てない部分があると思うので。ロックのアプローチとして4分打ちにしなくてもカッコいい、ダンスミュージック的なビートが作れるんじゃないかなとは思ってます。

エキサイト Aメロを8ビートで押した後、サビに入ると、腕を開いて左右のハイハットを交互に打つ、yukihiroさんならではの16ビートへと展開していきますが、ハイハットを左右に振り分けるというのは、そもそもどういうアイデアなんですか?
yukihiro

打ち込みみたいに“ツクチーツクチー”っていう、オープンとクローズをキレイに表現できるようにしたかったんですよ。1個のハイハットだと、どうしても打ち込みみたいな感じにはならないので。それが2つに分かれると、ちゃんと“ツクチーツクチー”って聴こえる。だからそういう奏法にしています。

エキサイト 2コーラス目になると、ドラムのブレイクの後には、打ち込みと生のビートが絶妙に同居して、今度は4分が強調されたハーフの8ビートになります。この部分の打ち込みと生はどういう構成になっているんですか?
yukihiro 生ドラムはキックの4分打ちで、ハットは8分かな。それに倍のテンポのブレイクビーツを、元ネタからのピッチも落として、ちょっと歪ませて重ねていますね。
エキサイト 今回のミュージック クリップはプロジェクション マッピングという新たな投影手法を駆使した作品に仕上がってます。撮影中のエピソードがあれば教えて下さい。
yukihiro キックのヘッド、というか、音が出ないようにメッシュ ヘッドにしているんですけど、それが破けましたね。
エキサイト 演奏が主体のミュージック クリップですから、ドラム プレイに力が入ってという。
yukihiro

いっぱい演奏するのには、もう慣れましたね(笑)。演奏に集中しているから、投影がどうなっているとかは叩いている時に見えませんでした(笑)。この曲はライヴでもやることになっていたので、練習のつもりで叩いてました。

エキサイト すでに名古屋公演(11月2日、3日@日本ガイシホール)の2日目では披露したそうですね。
yukihiro いきなり間違えましたけどね…Aメロのリズムパターンをいきなり。「あれ?キックの位置どこだったっけ?」って、2小節くらいキックがなくなっちゃって(笑)。
エキサイト ははは。では、カップリング「My Dear -L'Acoustic version-」についておうかがいします。この曲のオリジナルはアルバム『AWAKE』(2005年)に収録されていました。演奏は、基本的にkenさんと、アレンジャーでピアノも演奏されている富樫春生さんからのオーダーに則ってやられたということでしたが、そもそもどういうオーダーだったんですか?
yukihiro フレーズも全部指定で、キックが4分でスネアのアクセントで進んでいく中でちょっと遊んで下さいっていうオーダーでした。フレーズ以外にも、キットの構成やスティックも指定でした。
エキサイト yukihiroさんは通常22インチのキックですが、大口径のキックというオーダーを受けて、26インチのキックを踏まれたそうですね。踏み心地がだいぶ違ったと思いますが実際踏んでみていかがでしたか?
yukihiro 今回そんなに叩いたわけではないですけど、すごくローが出るので、こういう音が好きっていう人の気持ちもわからなくはないなと。
エキサイト 12月28日には、今年5月28日、29日に味の素スタジアムで行なわれた【20th L'Anniversary LIVE】の模様が、DVDになって発売されますが、あのライヴはyukihiroさんにとってどういうものになりましたか?
yukihiro 面白かったですね。僕がやったことがない昔の曲をやったりとか、新鮮でしたよ。
エキサイト 昔の曲も、がっつり聴いて身体に入れ込んだんですか?
yukihiro そんなに聴いてないですね。1回聴いて曲の構成を書き出して、そこからは逆に自分でパターンをつけていきました。昔の曲は、大枠のリズムパターンは曲に沿ったものが多い反面、細かいフィルとかが結構多いので、そういうところは省いて骨格だけにしてから、フィルが必要なところに自分なりの解釈のフィルを入れるようにしました。
エキサイト そして、2012年3月から【L’Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR 2012】がスタートします。
yukihiro 大変そうだな〜と思ってます…荷物が(笑)。いったいどんな量になっちゃうんだろう、靴1足で足りるのかな?とか(笑)。ツアーで代わりの靴なんて持っていったことないからなぁ。今回はスタートしたらなかなか日本に戻って来れないスケジュールになりそうなので。
エキサイト 2012年には待望のニューアルバムがリリースされるという情報も入っていますが。
yukihiro そうですね。
エキサイト どういうアルバムになりそうですか?
yukihiro シングルでリリースした曲が結構収録されるから、聴いたことがある曲だらけのアルバムになるんじゃないですか(笑)。
エキサイト とはいえ、タイプの異なるシングルが立て続けにリリースされていて、新録される曲がとても楽しみなんです。新録には、yukihiroさん作曲の曲もあるそうですね。
yukihiro そうですね。いい感じの曲ができたと思います。
(取材・文/村田誠二)
yukihiro
トップページ hyde インタビュー ken インタビュー tetsuya インタビュー yukihiro インタビュー