唯一無二、奇跡のコンビネーションを武器にJ-POPシーンに新風を巻き起こし続ける二人組レゲエユニット“MEGARYU”。今年7月に待望の 7thアルバム『メガトンチョップ』をリリースした彼らが、10月より全国ツアー【MEGARYU LIVE TOUR 2011“我流魔法 -GARYUMAGIC-”】を開催する。そこで、エキサイトミュージックでは本ツアーの特設サイトをお届け! 8月20日(土)より前売りチケットも発売となるので、気になる人はぜひ生のMEGARYUに会いに行こう!
チケットの購入はこちらから
福岡公演サブタイトル:ちかっぱMEGA盛りあがろーもん博多!豚骨バイブス替え玉いっちょ!
2011/10/1(土)@DRUM Be-117:30開場 / 18:00開演(問)GreeN Music
(TEL.092-714-0230)
宮城公演サブタイトル:おどげでねぇな!!騒げ伊達男☆伊達娘
2011/10/9(日)@仙台 enn 2nd16:30開場 / 17:00開演(問)ノースロードミュージック
(TEL.022-256-1000)
香川公演サブタイトル:高松だけにテンションたかまっちゃいます
2011/10/15(土)@高松DIME16:30開場 / 17:00開演(問)デューク
(TEL.087-822-2520)
広島公演サブタイトル:MEGARYU!好きなんじゃけん!ぼっけぇアゲ手いこぉでぇ!
2011/10/16(日)@HIROSHIMA 4.1416:30開場 / 17:00開演(問)夢番地 広島
(TEL.082-249-3571)
大阪公演サブタイトル:聞かぬなら聴かせてみせようメガトンチョップで!
2011/10/22(土)@BIGCAT16:00開場 / 17:00開演(問)夢番地 大阪
(TEL.06-6341-3525)
東京公演サブタイトル:ダイカンヤーマンMagicShooow!YOUたち魔法にかかっちゃいな
2011/10/29(土)@代官山 UNIT16:30開場 / 17:00開演(問)キョードー東京
(TEL.0570-064-708)
愛知公演サブタイトル:シャチホコも踊り出すレゲエイリュージョン
2011/11/19(土)@名古屋ダイヤモンドホール17:00開場 / 18:00開演(問)サンデーフォークプロモーション
(TEL.052-320-9100)
◎チケット:オールスタンディング¥4,200(税込)
※整理番号付 / 入場時別途ドリンク代¥500必要
※3歳以上有料(3歳未満の入場不可)
◎一般発売日:2011年8月20日(土)
※「FULL SCREEN」というボタンを押すと、写真をモニター画面全体に拡大してご覧いただけます。


ET-KING
<プロフィール>
ET-KING
1999年結成、2006年メジャー・デビュー。ボーカルが5人、DJ、そして総合司会(!)というメンバー構成で、大阪は通天閣のすぐ近く大国町を拠点に活動。情熱あふれる言葉とメッセージ、そしてレゲエ、ヒップ・ホップ、ロック、歌謡曲などさまざまな要素を取り入れたサウンド・プロダクションで、老若男女を問わずに支持されるオリジナルなET-KINGワールドを展開。ひと目見、またふと耳にすれば必ず立ち止まることを余儀なくされる力強い個性は、日本全国、そして世界へ強烈なインパクトを与える。






約束/情熱のランナー
<リリース情報>
New Single
『約束/情熱のランナー』
発売日:2011/09/14
PCBP-52100
価格:¥1,000(税込)


※着うた(R)フルも配信中

<コメント>
MEGARYUとの初めての出会いは……確か、大阪だったと記憶しています。こう見えてそこそこ人見知りな俺たちは、MEGARYUが怖い人達だったらどうしようかと声を掛けられず、その時は挨拶しか出来ませんでした。

それからしばらく時間が経ち長野県で行われたイベントで久しぶりに再会。2回目ということで少し気持ちは楽でしたが、やはり挨拶程度しかできませんでした。そのイベント終了後、夜の打ち上げでお酒も入り初めて会話らいし会話をすることが出来ました。どうやらMEGARYUの二人も俺たちのことを怖い人達だったらどうしようかと声を掛けられなかったみたいです。

打ち解けてからは早いもので、打ち上げと称した宴会は大盛り上がり。夜遅くまで続き、ぐでんぐでんのふにゃふにゃになった俺たちの絆はこの日の夜に強まったと信じています。

それ以来、MEGARYUのライヴを見る度に、一緒に曲を作って一緒にライヴが出来たら面白いことになるのでは、と思うようになり、イベントで一緒になった楽屋で「俺たちにしか出来ない曲があるはずだ!」と盛り上がりその場で色々と意見交換をしました。その後、すぐにMEGARYUの二人からデモ曲が届き、早速曲作りを始めることになったのがこの「アンコール」(アルバム『メガトンチョップ』収録)という曲です。お互いなかなか会えないスケジュールの中、電話やメールでアイディアを出し合いデモを送り合って曲を固めていき、レコーディング本番のスタジオで再会。レコーディング中も、新しいアイディアやアドリブが飛び出し、笑いの絶えない中でこの「俺達にしか出来ない」曲が完成。

今考えると、この「アンコール」という曲のルーツはMEGARYUと俺たちET-KINGが仲良くなったあの日の夜だったんだと思います。

「ET-KING センコウ」
<ライヴ情報>
【ET-KING presents コント・ミュージカル「ET-KING歌笑劇~焚き火~」】
日程:9/17(土)、18(日)、19(月・祝)
会場:京橋花月
出演:ET-KING、2丁拳銃、ソーセージ、キンチャク



lecca

<プロフィール>
lecca
2000年シンガーとしての活動を始める。2002年大学卒業後、武者修行と称してニューヨーク、トロントに半年間滞在。この頃より、シンガーからレゲエ・ディージェー寄りのMCスタイルへと徐々に変化していく。帰国後、国内での活動を再開。2005年、14曲入りのフル・アルバム『烈火』にてインディーズ・デビュー。2006年4月26日にミニ・アルバム『Dreamer』でメジャー・デビュー。2010年には、5枚目となるフル・アルバム『パワーバタフライ』をリリースしている。






ファミリア!


<リリース情報>
着うた(R)フル
『ファミリア!』
発売日:2011/08/17



<コメント>
MEGARYUとの出会いは私がインディーズ(アルバム)『烈火』を出す前のこと、最初に所属することになるCROSS POINTという事務所でのことでした。PANGちゃんに誘ってもらってその事務所にお世話になる流れだったのですが、岐阜の二人組で面白い奴らがいるということでMEGARYUの映像&音を見せられたのが最初です。でもとにかくその事務所の方が面白い人なので、MEGARYUの話をする度に「田舎もんだからー!」と冗談で言っていて、全く完全に田舎もんに違いないと思って会ってみたら本当に人が良くて純粋な心を持った素敵な田舎もん二人組でした。。会話の節々、それにリリックからも、昔も今もその二人の純粋さはうかがうことができると思います。例えば“出会い”や“別れ”、“成長”や“失敗”など、人生の中で必ず訪れる一つの局面というのをあんなに素直に誠実に、言葉と音にのせて表現できるアーティストなどそうそういるもんじゃない。出会ってすぐに、私は彼らの表現する真っ直ぐな心の風景のファンになりました。

「スペシャルサマー」(アルバム『メガトンチョップ』収録)に参加させてもらったことは私の音楽人生の中でもとても大きな体験の一つです。私にとって前述の通り、MEGAHORNさん(もちろんRYUくんもですが)の歌詞の描く世界観というのは最初から憧れでした。しかも病み付きになるFLOWに乗せて。歌や音楽に形式や決まり事というのはなくて、あるのは自分のひたむきな表現と伝えたい想い、そしてそれが音になるに当たっての最良の形を模索するのが何より大切だというのをいつも教えられます。今回もたくさん色々なことを思い出して、感じて、自分が恋愛をした時の気持ちを反芻して一緒に曲を作らせてもらいました。

MEGARYUのライヴは圧巻&楽しさ満載! 真面目な気質のMEGAHORNさんをあざわらうかのように遊んでしまうRYUREXさんから目が離せない瞬間が多々ありつつ。。ライヴって、こんな楽しいものなんだなぁとよく昔から客席でステージ袖で、眺めていました。一緒に感じる!というのがMEGARYUライヴの醍醐味なような気がします。一緒に歌って、一緒に想って、一緒に飛び跳ねて、最後には一緒に笑っているはずです。是非、MEGARYUのライヴを体感しに足を運んでみて下さいませ!!


[収録曲]
1.100℃
2.Light Up
3.SEASIDE MAGIC
4.言えなかった「ありがとう」
5.スペシャルサマー(MEGAHORN&lecca)
6.スターマイン
7.一音一会
8.永遠に贈るLOVE SONG
9.総合力
10.CLIMAX
11.アンコール feat.ET-KING
12.宛名のない詩(RYUREX solo)

<DVD> ※CD+DVD盤のみ収録
・ライヴ映像:『LIVE TOUR 2010 我流伝説 with RAGGAMATIX@Zepp Nagoya』
・『言えなかった「ありがとう」』ミュージックビデオ[アルバムバージョン]
(「ありがとう」キャンペーンで募集した写真を使用)
【CD+DVD】
CTCR-14733/B / ¥3,000(税込)
この作品を購入する

【CD】
CTCR-14734 / ¥2,300(税込)
この作品を購入する

待ち受け画像/FLASH待ち受け/デコメール/メールマガジン(無料&有料)/メンバーブログ/スタッフブログ/Q&A/メッセージムービー/着ボイス/BBS/サイン入りグッズプレゼント/チケット先行予約
紡ぎ出す美しいメロディラインと絶妙なコーラスアレンジが織り成すハーモーニーワークが魅力のボーカルRYUREXと低く野太い声に正義感溢れるメッセージを込める熱血ライマーのMEGAHORN。
唯一無二、奇跡のコンビネーションを武器にJ-POPシーンに新風を巻き起こし続ける2人組のレゲエユニット。
2004年にメジャーデビュー。2006年に発表した2ndアルバム『我流旋風』がオリコンアルバムチャートで1位を記録するなど、現在ではレゲエミュージックの枠を飛び越えて、日本の音楽シーンを代表するアーティストに成長。
そして、2010年で前身のマグニチュードから結成10年ということもあり、初のコラボシングル『LOVE A LOVE feat.SEAMO/メロディーのような LIFE feat.Metis』、7月に初のベストアルバム『メガ・ベスト~我流全集~』、さらに9月に6枚目のアルバム『メガトンキック』を発売した。
また、2009年からMEGARYUプロデュースのイベント【岐阜メガトンパンチ】も地元でスタート。九州男、ET-KING、Metis、SEAMO、キマグレンなどを地元に紹介。そして地元出身アーティストにも必ず出演してもらい、飛騨美濃観光大使に就任した地元岐阜のアピールも欠かさず実施している。
2011年7月には待望の7thアルバム『メガトンチョップ』をリリース。10月には今作を引っさげて【MEGARYU LIVE TOUR 2011“我流魔法 –GARYUMAGIC-”】を開催する。
URL:
http://eam.excite.co.jp/megaryu/
※3キャリア共通
i-mode
[映画/音楽/アーティスト]⇒[アーティスト総合]⇒[エキサイト☆アーティストモール]⇒[MEGARYU]
ezweb
[カテゴリ検索]⇒[音楽・映画・芸能]⇒[音楽情報]⇒[エキサイト☆アーティストモール]⇒[MEGARYU]
Yahoo!ケータイ
[音楽・映画・芸能]⇒[音楽情報]⇒[エキサイト☆アーティストモール]⇒[MEGARYU]
MEGARYU オフィシャルサイト MEGARYU レーベルサイト MEGARYU アーティストデータ 最新のインタビュー(2011.07.19掲載)