Interview with SEKAI NO OWARI

INTERVIEW

1ページ目2ページ目

EXCITE

了解です。ここからは『INORI』に収録された3曲について聴かせて下さい。この3曲は、それぞれ独立した存在感がありながら、太い核心をもって新しくも普遍的なラブソングとして繋がれているなと思っていて。SEKAI NO OWARIの現在地を明確に示すラヴソング集であり、これまで創造してきた曲やバンドそのものに対するアンサーにもなっていると思う。

藤崎 彩織

その見方は新しいですね。言われてみればラブソングの3曲なんですよね。

中島 真一

話を聞いていてなるほどなと思った。

深瀬 慧

自分たちの曲のほとんどが愛を描いているんだと思うんですけど。今までの曲があったから、この3曲があるというのは間違いないですね。今、この時代に生きているからこそ生まれた3曲だと思う。

EXCITE

まず、1曲目の「花鳥風月」(作詞:藤崎彩織/作曲:深瀬慧)は、往年の歌謡曲のようにDNAレベルで親しみを感じるメロディが印象的で。バンドの新しいポップスとの向き合い方が表れていると思う。

藤崎 彩織

ふふふふふ。

中島 真一

メロディ自体は2年前くらいからあって。

深瀬 慧

歩いてたり、自転車に乗っているときに何となく浮かんだメロディで。そのときは特に気に留めてなかったんですけど、しばらく経ってもそのメロディが頭から離れなくて。で、メロディをギターで起こして、彩織ちゃんとピアノで合わせながら作って。それが2年前ですね。

中島 真一

彩織ちゃんはメロディができた当時からしょっちゅうピアノで弾いていて。僕もそれを聴いて、すごく良いなと思ってました。メロディ自体に世界観があるから、ピアノと歌だけというのもカッコいいなって。そのあと彩織ちゃんの歌詞が乗ってまたイメージが変わっていくんですけど。

EXCITE

藤崎さん、初の作詞ですね。一人の女性が森羅万象に慈しみを捧げながら"あなた"を想う、藤崎さんらしい筆致だなと思う。

藤崎 彩織

ピアノで弾いて美しく鳴る曲だから、ことあるごとに弾いていましたね。歌詞はそんなメロディに溶けるような言葉を選びたいなと思って。私の中では理論と感情に基づいたすごく壮大なテーマがあるんですけど、自由に受け取ってもらいたいです。

EXCITE

このアレンジはどう着地させていったんですか。

中島 真一

メロディ自体に和風っぽい雰囲気が強くあって、それが魅力でもあるんですけど、アレンジはそこに寄り過ぎるのではなく、いかにSEKAI NO OWARIらしさを出せるかを考えて組み立てていきました。

深瀬 慧

原曲は自然に対する畏怖の念みたいなものを感じさせる強さがあったんですけど、なかじん(中島)が持ってきてくれたアレンジは、もっと日常的で、ラジオのカーステから流れてくるような感触のあるものになっていて。それがすごく良いなと思ったんです。どこかで僕らはそういう音楽は作れないんじゃないかと思っていたところもあったので。情景や思い出に溶け込む音楽を前にしたら、どんなに哲学を振りかざしても勝てない瞬間があるんですよね。そういう曲になったと思うし、僕らの音楽の新しい切り口だと思います。

EXCITE

2曲目「不死鳥」(作詞:深瀬慧/作曲:中島真一)は、昨年末のC.C.レモンホール公演でも披露された曲ですね。軽快に跳ねるギター・リフとビートを軸にしたシャッフル・サウンドから、中島くん特有のポップネスを感じる。

中島 真一

この曲は5、6年前からあったんですよ。メロディ自体はSEKAI NO OWARIをやる前からあって。SEKAI NO OWARIでやるってなって、Bメロだけ新しく作り替えて。それが2年前くらいかな? 昨年の夏にツアーでいろんなところを飛び回っているときにアレンジを組み立てていきました。自分らしい曲だなと思いますね。

EXCITE

歌詞の切り口も新しいよね。ただ、核心にあるテーマは深瀬くんがずっと見つめてきたもので。"永遠と有限"の対立であり、生あるものには全て終わりが来ることを悟りながらもなお永遠に焦がれ、それと同時に死という終わりから与えられるものに美しい魔法を見る二律背反の死生観について。

深瀬 慧

元々ラブソングが大好きで、ラブソングに憧れをもっているのに、いざ自分が書こうとすると悩みに悩んで書けなくて。そこからどうしようかと考えたときに会話の繋がりで物語を表現しようってなって。自分の中で恋愛は何かと考えたときに"手に入れたいのに入らないもの"だなと思ったんです。で、俺にとってそれは何かなと思ったら、やっぱり永遠だった。いずれ死んでしまう自分の永遠に対する憧れをラブソングに変換してこの歌詞を書きました。僕はもともと温度のある言葉が嫌いで。でも、ラブソングって必然的に人間味や温かみのある言葉を選ぶことになるし、この曲でも「Never Ending World」でも、今まで絶対に書かなかった"手を繋ぐ"という言葉を書いていて。最初は抵抗もあったんですけど、今では良かったと思っています。

EXCITE

そして、3曲目「Never Ending World」(作詞:深瀬慧/作曲:藤崎彩織)です。荘重かつ神秘的なレクイエムであり、SEKAI NO OWARIのヒューマニズムを祈るように表明している。3曲の中で唯一、震災以降に完成した曲なんですよね。

藤崎 彩織

震災を受けて、自分の中に沸き起こった衝動をこの曲に投影しました。もともとこの曲は年始から何パターンも作っていたんですけど、全然上手くいかなくて。でも、震災の翌日にピアノに向かったバージョンにはじめて手応えを感じたんです。3月11日以降に多くの人が感じたこと、頭に描いていたことを、この音だったら何年後でも思い出せるという確信がありました。

深瀬 慧

この曲はリスナーにメッセージを伝えたいというよりは、自分たちの決意表明、宣誓のようなものですね。ただ、この曲から何かが伝わるのであればいくらでも受け止める覚悟もあって。SEKAI NO OWARIというバンド名も"世界が終われ"みたいなニュアンスでつけたと思っている人が想像以上に多くて。確かにそういうことに対する解答にもなっていると思います。僕らの新しいスタートであり、今後のフラッグになるような曲だと思います。

EXCITE

11月22日には日本武道館でのワンマン・ライヴも決定しています。SEKAI NO OWARIの音楽が放たれるフィールドはどんどん大きくなっていきますが、バンドの未来について描いていることはありますか。

深瀬 慧

僕らには夢というものが無いんですよね。夢って誰かのようになりたいとか、あの場所に行きたいとか比較対象や目標設定があってこそのものだと思うんですけど、そもそも僕らにはそれがないので。ただ、自分たちにはどういうルーツがあって、どんな道のりを辿ってきたから今がある、ということは常に確認しておきたいとメンバー全員が思っています。


PHOTO GALLERY

Get Adobe Flash player
※「FULL SCREEN」というボタンを押すと、写真をモニター画面全体に拡大してご覧いただけます。