トップページ インタビュー ミリヤが語る「恋愛の十戒」 プレゼント
エキサイト 歌詞は恋愛における十箇条がテーマになっていますが、そもそも、こういうテーマで書こうという発想はどこから生まれたんですか?
加藤ミリヤ
最初はスタッフのみんなとのおしゃべりから(笑)。ブレストまでもいかない感じのラフなミーティングで、「次はどんなのがいいかな?」って話していた時に、恋愛曲で、女の子が強く見える感じで、ファンが「待ってた!」と思うようなミリヤ節がいいねって。だったら、今までにやってない数え歌みたいなのは面白くない?っていう話になったんですよ。で、最初、私の中では「ひとつ、ふたつって数えていくのはダサくなるかもな」と思いつつ、でも、ひとまず面白そうだからやってみようって。最近は、まずやってみるっていうことを大事にしているんですね。で、いざ書き始めたら面白かったし、サビのメロディーがすぐできたんです。1行目が特にいいメロだなと思ったので、これはちゃんと形にしようと思ったんです。
エキサイト 歌詞を読んだ時、さだまさしさんの「関白宣言」を思い出したんですよ。その女子版みたいな。
加藤ミリヤ
ありがとうございます。あの曲の足下にも及びませんが、「関白宣言」は理想中の理想だったんです。ああいう感じのツンデレ感というか、亭主関白な厳しいことをずっと言っているんだけど、最後に<俺より先に死んではいけない>とか<愛する女は生涯お前ひとり>って言うじゃないですか。ああいう着地のさせ方がいいな、そこが重要だなって思っていたんです。
エキサイト ところで、新曲のミュージック・ビデオはどんなコンセプトで作ったんですか?
加藤ミリヤ
「ひとり遊び」がコンセプトですね。自分だけの秘密基地みたいな場所でひとり気持ちよく歌ってる、みたいな。あと、マイクを持って歌うミュージック:・ビデオを作ったことがなかったので、それもやってみたかった。
エキサイト 途中でギターを弾くシーンが出てきますが、あのギターは『M BEST』ツアーで弾いていたもの?
加藤ミリヤ
そうです! 他にもあのセットに置いてある3本のギターは全部私物なんです。
エキサイト ギターの練習は続けているんですか?
加藤ミリヤ
続けてるんですけど、「AIAIAI」はバカみたいに難しい(笑)。早くて難しいんですよー。もう全然弾けないんです(苦笑)。
エキサイト カップリング曲の話も訊かせてください。今回、「慟哭」をカバーしてみて、再確認した原曲の魅力や新発見したことは何ですか?
加藤ミリヤ
まずは中島みゆきさんが書いた歌詞。歌っていて本当に自分が曲の主人公になれたから。他人の曲を歌って自分が歌の主人公になれることはそんなにないので、歌詞のパワーがすごいなって改めて思いました。あとは、工藤静香さんの歌声って艶やかで伸びやかだから、私とは全然違うタイプだなって。そこで自分の声ってこういうものなんだと改めて認識しましたね。私の声はそんなに響くタイプの声ではないと思ったし、だからもっとニュアンスを追求していきたいなって。
エキサイト ちなみに、工藤さんの曲で一番よくカラオケで歌うのが「慟哭」なの?
加藤ミリヤ
はい。イントロが好きだから(笑)。盛り上がりますからね、これは。あとは、この「慟哭」っていうタイトルがズルいって感じ(笑)。
エキサイト あはは。僕もリリース当時はこの漢字を読めませんでしたから。それで逆に記憶に強く残ってる。
加藤ミリヤ
そうなんですよ。読めないですよね、これ。もう、いろんな意味でズルいって感じの曲です(笑)。
エキサイト あと、ブログに、ロンドンで撮影した写真をアップしていましたよね。ロンドンに行ってきたんですか?
加藤ミリヤ
行ったのは3月ですね。3月に撮った写真がやっとあがってきたのでブログにアップしたんです。あれは、私の趣味ですね。
エキサイト 趣味?
加藤ミリヤ
カメラマンさんやヘアメイクさんが行なう「作品撮り」っていうものなんです。私は歌手だから本来そういうものは必要ないんですけど、お互いに勉強しあうために集まって、そのモデルをやっているんです。モデルといっても自分からアイデアを出すんですけどね。で、ロンドンへはファッションショーを観る目的で行ったんだけど、せっかく行くんだからロンドンのストリートで作品撮りをしようって。写真を撮られることは好きだし、今年はその作品撮りをいろいろしていこうと思っています。
トップページ インタビュー ミリヤが語る「恋愛の十戒」 プレゼント