エキサイト 今回、カバーアルバムを作ることになった経緯から教えてください。
清水翔太
いくつか理由はあるんですが、まずカバーアルバムはいつかリリースしたいなとデビューした頃から考えていたんです。それがなぜこのタイミングになったかというと、今年、『Naturally』というアルバムを出して、初めて日本武道館でライヴをやって、僕の中ではひと区切りがついたと。で、ここから新しい清水翔太をやっていかないといけないタイミングなんですが、その考えや次のプランがまだ自分の中で固まってなくて。そんな中でオリジナル曲を作るような感覚になれなかったんです。じゃあ、今、カバーをやろうと。で、カバーをやりながら、“清水翔太ってどういうアーティストなんだろう”“どういうものを求められているんだろう”っていうのを考えたいなっていうところから始まったんです。
エキサイト 楽曲はどんな視点で選んだんですか?
清水翔太
今回の収録曲は、ちょっと昔の曲で最近の子たちが知らないであろう曲と、比較的最近の曲という風に大きく分けられると思っていて。特に“最近の邦楽よりも、昔の邦楽の方が輝いていて最高だ”っていう人たちに対して、“いや、待ってくれ。最近の曲にもいいものはあるんだ”っていう気持ちがあったんです。あと、こういう作品って邦楽に対する思い入れがないとできないことだと思うんです。僕は原曲のファンの方と同じように原曲をすごく愛しているし、その曲を知らない、その曲の魅力を知らない人たちに“この曲ってこんなにいいんだよ”って伝えたい思いが強かった。自分の中では邦楽の持つパワーみたいなものを伝えていくっていうのが今回の一番大きなテーマだったんです。
エキサイト アルバムに『MELODY』というタイトルを付けた理由は?
清水翔太
シンプルな理由ですけど、僕はシンガーソングライターじゃないですか。ソングライターとしての自分が一番大事にするのは歌詞なんです。でも、一(いち)シンガーとして考えると大事にするのはメロディーで。このアルバムはシンガーとして取り組んだし、ここにある曲たちは僕の中で屈指のメロディーを持つ楽曲なんですね。だから、タイトルは『MELODY』だなと。
エキサイト 今回はゲストも迎えていますね。「夏の終りのハーモニー」はスキマスイッチの大橋卓弥さんとのデュエットでカバーしました。
清水翔太
カバーアルバムを作るということになって、とにかく一番にカバーしたかったのがこの曲なんです。で、自分の中でこういうアレンジをめざしたいなって考えたときに、それをバランスよくやれるのは大橋さん以外思いつかなかった。僕、芸能界とか音楽界といったところに友だちがほぼいないんです。大橋さんはその数少ない友人の中のひとりで、趣味が近いんですよ。ビリヤードを一緒にやったりして。もちろん音楽面でもリスペクトしているし、いずれ作品を一緒にできたらいいなと思っていたんです。
エキサイト この曲でめざしたアレンジのイメージというのは?
清水翔太
安定感があって、ノスタルジックで、ゆったり聴けるようなもの。安定感があるというのは、なんか若いシンガーじゃダメというか、フレッシュだとダメというか。いい意味で落ち着いた感じにしたかったんです。
エキサイト 実際、二人の歌はソフトで穏やかな感じだし、アコギとチェロによる伴奏も落ち着いた雰囲気を助長していますね。
清水翔太
チェロは僕がふと思いついて入れたんですけど、僕が家で打ち込んだチェロのアレンジがそのまま使われているんです。弦楽はわからないからチェロのアレンジは任せますって言ってたんですけど、これはこれで完成されてるし、面白いっていうことで、僕の打ち込んだものを生演奏したんですよ。
エキサイト 静謐なサウンドに仕上がっていて、冬っぽい印象を受ける曲でした。「夏の終りのハーモニー」ならぬ「冬の途中のハーモニー」みたいな(笑)。
清水翔太
あれ、本当に!? 作っているときに一番意識していたのはノスタルジーで。夏の終わりだから、夏を振り返る感じにしたいなって思ってたんです。けど、言われれば、そういう感じもしますね(笑)。
エキサイト 収録曲の中でカバーしてみて最も難しかったものは?
清水翔太
槇原敬之さんの「素直」ですね。「素直」は歌詞や曲の世界観が好きすぎて、歌にまで頭が回っていなかったんですよ。で、いざやってみたら自分が上手く歌えるタイプの曲ではないなと思って。
エキサイト 「ちくしょう、メロが“素直”じゃないなぁ」みたいな(笑)。?
清水翔太
自分にとってはね。選曲を決めたあとで「いやー、難しい!」と思って(笑)。
エキサイト この曲の歌詞が好きとありましたが、特に好きなフレーズは? 歌っていてグッと気持ちが入るフレーズとか。
清水翔太
い感じに感情が入っていったのは2番のサビの頭。<なんだかわからないけど すごく胸が痛いよ>ですね。槇原さんがどこまで考えてこの歌詞を作られたかわからないですけど、なにかストーリーを追ってとか、説明的なことを言ってとか、ちょっと難しいことをガーッと言ったあとに、いきなり単純な感情論を1~2行言う、みたいな。そうすると余計そこがグッとくるし、そういう歌詞が僕は好きなんです。この曲もそういう歌詞だなと思っていて。
エキサイト 状況描写をずーっと続けて、心理描写をいきなり入れる。しかも、それをすごくシンプルな言葉で綴るっていうことか。
清水翔太
そう。2番のここに至るまで、これだけいろんなことを言ってるのに、ここで<なんだかわからないけど すごく胸が痛いよ>って言う。
エキサイト いろいろ言ってきて<なんだかわからないけど>ですからね(笑)。
清水翔太
でも、そこがすごいんです。それだからぐわっとくる。僕はそれもテクニックだと思っていて、自分の作詞でもよくやるパターンなんです。だって、ここ、もっと洒落た言い方もできると思うんですよ。「すごく胸が痛いよ」じゃなくて、「胸の奥のナントカがナントカで」とか。でも、究極にシンプルな言葉がここで入って来るっていうのが最高なんです。