exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
【初回生産限定盤A】 (CD+DVD)
ESCL-4056〜4057 / ¥1,500(tax in.)
[収録曲]
1. 会わないつもりの、元気でね
2. 24時間プラスの夜明け前
3. 会わないつもりの、元気でね(Instrumental)
※会わないつもりの、元気でね
-メンバー直伝のパート別教則DVD-
【初回生産限定盤B】 (CD+DVD)
ESCL-4058〜4059 / ¥1,500(tax in.)
[収録曲]
1. 会わないつもりの、元気でね
2. 24時間プラスの夜明け前
3. 会わないつもりの、元気でね(Instrumental)
※夢の大阪城ホールライブ前夜を完全収録!
シークレットライブ映像

【通常盤】 (CD)
ESCL-4060 / ¥1,020(tax in.)
[収録曲]
1. 会わないつもりの、元気でね
2. 24時間プラスの夜明け前
3. 会わないつもりの、元気でね(Instrumental)
【スキャはまだ本気出してないだけ】
公演日地域会場開場開演問い合わせ先
2013/06/09 北海道 Zepp Sapporo 17:30 18:00 WESS
(011-614-9999)
2013/06/11 宮城県 仙台Rensa 18:30 19:00 G.I.P.
(022-222-9999)
2013/06/14 山形県 山形ミュージック昭和Session 18:30 19:00 G.I.P.
(022-222-9999)
2013/06/16 群馬県 高崎club FLEEZ 17:30 18:00 ホットスタッフプロモーション
(03-5720-9999)
2013/06/20 東京都 Zepp DiverCity Tokyo 18:00 19:00 ホットスタッフプロモーション
(03-5720-9999)
2013/06/21 東京都 Zepp DiverCity Tokyo 18:00 19:00 ホットスタッフプロモーション
(03-5720-9999)
2013/06/23 神奈川県 横浜BLITZ 17:00 18:00 ホットスタッフプロモーション
(03-5720-9999)
2013/06/27 大阪府 Zepp Namba 18:00 19:00 SOUND CREATOR
(06-6357-4400)
2013/06/28 大阪府 Zepp Namba 18:00 19:00 SOUND CREATOR
(06-6357-4400)
2013/06/30 福井県 福井・響のホール 17:30 18:00 FOB企画
(076-232-2424)
2013/07/02 富山県 富山MAIRO 18:30 19:00 FOB企画
(076-232-2424)
2013/07/04 愛知県 Zepp Nagoya 18:00 19:00 サンデーフォークプロモーション
(052-320-9100)
2013/07/05 愛知県 Zepp Nagoya 18:00 19:00 サンデーフォークプロモーション
(052-320-9100)
2013/07/07 福岡県 Zepp Fukuoka 17:00 18:00 キョードー西日本
(092-714-0159)
■チケット料金 4,500円(別途ドリンク代500円)
■お一人様4枚まで購入可能
■4歳以上チケット必要になります

結成当時からの夢だった大阪城ホールでのワンマンライヴを成功させ、アジア・ツアーでも各地のファンを熱狂させてきたSCANDALが、2013年第1弾となるシングル『会わないつもりの、元気でね』をリリースする。堤真一主演の映画『俺はまだ本気出してないだけ』の主題歌でもある本作は、SUPER BEAVERのギタリスト・柳沢亮太が書き下ろしたストレートなロックナンバー。また、カップリングには元チャットモンチーのドラマー・高橋久美子作詞による「24時間プラスの夜明け前」が収録されるなど、鮮やかに前進するSCANDALらしさが詰まった一枚に仕上がっている。
(取材・文/山田邦子)
エキサイト 早いもので、あの大阪城ホールでの初ワンマンからもうすぐ3ヶ月ですね。
MAMI
SCANDALは大阪城ホールっていうのをずっと目標にしてきたんだけど、“飛び級”しなくて良かったなっていうのはありますね。構成とか見せ方とか、日本武道館を経験して学んだ部分はすごくあったから。いきなり大阪城ホールをやってたら、何も出来てなかったと思いますよ。コツコツやるタイプで良かった(笑)。
HARUNA
でもあのお客さんの多さはスゴかったよね。今までに見たことない景色で、ちょっとは覚悟してたけど、実際目の当たりにするとかなりの衝撃だったというか。お客さんの気合いもスゴかったしね。
エキサイト 今だから言えるハプニングなんてこともありました?
RINA
それぞれにはちょっとずつあったかもしれないけど、それはもう今までの経験値でクリア出来た程度だったと思う。でも私がソロで歌った時、スタンバイが出とちるくらい間に合わんかった(笑)。イヤモニも付けられないくらいで上がりかけてたけど、ぎりぎりセーフやったっていうのはあったかな(笑)。
エキサイト 神様はちゃんと味方してくれたんですね(笑)。終わった後はどんなことを考えました?
TOMOMI
結成当時からずーっと言ってきた夢が叶って、目標だったことが通過点になってしまった時に、嬉しさと淋しさが混じったような初めての気分になりました。でもすぐに、「2回目もやりたい!」って思いました。
MAMI
1回限りの良さっていうのもあるんだろうけど、「もう1回やりたい!」って思ったよね。
TOMOMI
でも今回の1回目っていうのは、ファンの人とかスタッフさんとか、みんなに連れてきて貰った感じだったから、もしもう一度やれる日が来たら、今度は私たちがみんなを連れて行きたい。そして満員になったら、自分たちを褒めてあげたいなと思う(笑)。
HARUNA
とにかく今回はあっという間だったから、次は本当の意味で、心から楽しみたいなって思います。
エキサイト さて、その大阪城ホールでのワンマン後初となるシングル『会わないつもりの、元気でね』がリリースされるわけですが。
HARUNA
自分たちの夢が叶った後の1曲目ということで、かなり大事なところでしょう? いろんな曲を用意してみんなで考えてたんだけど、私がこの曲をすごく気に入ったんです。曲調的にはこれまでもやって来た感じだけど、歌詞を見た時に、そういえばこういう恋愛の歌ってなかったなぁと思って。大きな夢が叶った後だからこそ、何でもない日常の歌を歌ってみたいなと思ったんです。
エキサイト そういう選び方って、珍しくないですか?
RINA
珍しいと思う。私はこれまでシングルにしてもアルバムにしても曲に関してはいろいろ言ってきた方なんですけど、今回は何も言わないでおこうと思ってたんです。やっぱりHARUNAが声を使って届けるものやからそこを重視して選択してみたいなと思ったし、どんな曲が来てもステージでパフォーマンス出来る自信がもうあったから、メンバーに任せて、ついて行ったんですよね。
エキサイト その自信というのはやはり大きなライヴを経験したから?
RINA
それもあるし、特に昨年はたくさんのアーティストの方たちとコラボさせていただいて自分たちが作ってない曲をいっぱいやって来たでしょう? だから、どんな曲が来て何を言われても自分たちの曲に出来るなっていうのはあったんですよね。インディーズの時ぐらいの“コワいもの無さ”が生まれてるから、「どんな曲でもいい!」って言えるモードなんですよね、今(笑)。
エキサイト 頼もしい! ちなみに今回はSUPER BEAVERのギター・柳沢亮太さんの楽曲ですね。
HARUNA
女の子とか関係なしに、普通のロックバンドに書くような感じで作ってみてほしいっていうので出来てきたのがこの曲で。
MAMI
やっぱりギタリストの(作った)曲だなあっていう感じ。ポイントになるフレーズとかが弾いててすごく気持ちいいんですよね。
TOMOMI
4分ぐらいの曲だけど、情景としては10秒ぐらいの出来事が描かれてる。歌詞カードを見なくても状況が伝わってくるような歌詞に引き込まれました。この世界観を(私たちの表現で)完成させたいなって思わされましたね。
エキサイト なるほど。そしてもう1曲、カップリングの「24時間プラスの夜明け前」は、元チャットモンチーの高橋久美子さんが作詞で、つばきの一色徳保さんが作曲された曲です。
RINA
もともとは私が久美子ちゃんのことが好きなフツーのファンだったんです。ファンメールとかも送ってたし(笑)。その後、仲良くなってからも、久美子ちゃんの作品が大好きで「いつか一緒にやりたい」ってずっと言ってて。今回、それがやっと形になりました。
エキサイト 一色さんはSCANDALの「HARUKAZE」などでもお馴染ですが、高橋さんは初めてですよね?
RINA
はい。でもSCANDALのバンドとしてのカラーだったり、一人ひとりの個性もわかってくれてるから、こういうのを歌ったら合うってところを歌詞にしてくれてるんですよね。
TOMOMI
自分たちだけじゃ出てこないパワーのある言葉がたくさん詰まってる。“命”なんて使ったことなかったけど、久美子ちゃんがこういう風に歌詞に入れてくれたことはすごく嬉しかったですね。歌詞だけ見た時の印象と、メロディーとかアレンジと合わさったときの印象が全然違うと思うから、いろんな角度から楽しめる曲だと思いますよ。
エキサイト イントロのギターのフレーズなんて最高にカッコいいですしね。
MAMI
ワケがわからないくらい歪ませました(笑)。結構遊びながらラフに作っていったんだけど、こういう曲こそまさにライヴ曲だと思う。これからツアーもあるけど、夏はまたいろんなイベントが決まってたりするので、そういうところで披露したらSCANDALの印象が変わるんじゃないかなって思うくらいの曲だと思いますよ。
エキサイト 間違いないですね! では最後に、6月9日から始まるツアーの意気込みを聞かせて下さい。
HARUNA
今回はライブハウスツアーなので、結構ゴリゴリな感じでセットリスト作ろうと思ってますけどね。
MAMI
最後が福岡なんですけど、こういうの珍しいよね? 前回も九州から始まって北海道で終わりだったし。
RINA
どんな感じやろな? でも絶対楽しくなる!
TOMOMI
是非、皆さん楽しみにしていて下さい!