Special Site SHINee

Excite:ニュー・シングル『Boys Meet U』は、爽やかなメロディが響くポップチューンですが、最初に聴いたときはどんな印象がありましたか。

オンユ:すごく明るい曲だし、すぐに良い曲だなと思えました。

テミン:暑い夏に涼しい感じを伝えられる曲じゃないかなと思いましたね。

キー:今までのSHINeeになかったタイプの曲調で、歌詞も良い雰囲気があって、歌もリラックスした感じで歌えるなって。

ミンホ:とにかくこの曲は爽やかだなって印象でしたね。

ジョンヒョン:ほんと、爽やかな印象だし、すぐに夏の歌って分かりますよね。ビーチのイメージが浮かぶし、涼しげだなって。

Excite:これだけ爽快な曲は、SHINeeでは珍しいですよね。

ジョンヒョン:そうですね。あと、季節にこだわった曲というのは初めてなんです。

Excite:歌詞には、夏のワクワクする感じが詰まっていますが、歌うときにはどこにポイントを置きましたか。

オンユ:聴いてくださる皆さんが良い気分になってもらえるように、僕たちもリラックしして歌ったんです。

テミン:皆さんに笑顔をあげられるような、たくさんのスマイルを届けたいって気持ちを歌に込めました。

キー:とにかく明るい曲なので、うまく感情をのせて歌いました。

ミンホ:歌詞の中に、<やっぱりワンピース>って入ってて、つい、大好きなマンガの『ワンピース』のことを思い出しました(笑)。でも、それが良かったです。自分の中で気持ちを盛りあがって歌えました。

ジョンヒョン:幸せな歌詞の世界観を上手く表現できるように、ときめくような心で歌いました。

Excite:では、歌詞で気に入ってるフレーズはどこですか。

テミン:サビの中の、<ラララ~、笑ってよ>。やっぱり、幸せが一番良いですから。

キー:<I like a Blond hair ! Black hair ! No border !~>って僕が歌うパートです(笑)。この中に、気持ちをちゃんと込めて歌いました。皆さんも歌うときは、気持ちを込めて歌わないとダメです。

オンユ:僕は、サビの<一緒に踊ろう>。楽しい雰囲気が伝わるからです。

ミンホ:僕は、<笑ってよ>です。笑顔が一番ですからね。

ジョンヒョン:僕は<ワンピース>です(笑)。あと、<Girls go by>ってフレーズも気に入ってます。

Excite:ダンスはどんな雰囲気になってますか。

オンユ:歌と同じで、ちょっとちゃめっけのある明るい雰囲気です。

テミン:ダンスも、明るくて軽快にっていうのは意識しました。

ジョンヒョン:とっても楽しい気持ちだっていうのが前面に出るように踊りました。

Excite:ミュージック・ビデオは、ビーチでの晴れ晴れとした野外での撮影となりました。マドンナ役には、女優の大政絢が出演していますね。

ジョンヒョン:沖縄のビーチで撮ったんですけど、とっても暑かった。

テミン:海を見たらもっと暑くなりました。でも、気持ちよかったです。あと、大政絢さんにも出演してもらって、とても気分はよかったです(笑)。

キー:夏に野外で撮影することは、あまりなかったので新鮮な気持ちでできました。

ミンホ:久しぶりに海に行けて良かったです。泳げなかったけど、見ただけでもうれしかったです。

オンユ:暑かったですけど、楽しかったです。雰囲気がほんとよかったんですよ。自転車に乗ったり、気持ち良い汗をたくさんかきました。

Excite:では、歌詞に掛けた質問です。“いつでもみとれておぼれて”とありますが、いつでも見とれておぼれてしまうものはありますか?

テミン:僕は、僕が好きな歌手のコンサートをDVDで観ることですね。ジャスティン・ティンバーレイクやボン・ジョヴィとか、観てると熱くなります。

オンユ:空が青い日とか、雨が降ってる日とかの雰囲気におぼれます。雨も結構好きなんです。

キー:オンユさんはちょっと変わってるんです(笑)。僕は、見とれるというかケータイが無いと絶対ダメです。SNSとかネットとかゲームとか、音楽も聴けるし、なんでもできるから(笑)。

ミンホ:僕はサッカーです。自分でやるのも、テレビで見るのも大好きです。

ジョンヒョン:僕は音楽です。音楽は聴くと、気分もアップするし、心が癒されるので。

Excite:さて、カップリング曲の「Dream Girl」の日本語バージョンと、「Sunny Day Hero」についても聞かせてください。

テミン:「Dream Girl」はテンポがとても早いです。

ジョンヒョン:早いし、歌のキーも高くて難しい曲です。だけど清涼感があるから、それが良いです。

キー:あと、パフォーマンスがとっても難しいです。

ミンホ:ミュージック・ビデオを見ると分かるけど、マイクスタンドを使うのがとても難しいですね。

オンユ:韓国語バージョンと日本語バージョンの、言葉の雰囲気も、意味も近いんです。あと、「Sunny Day Hero」は、「Boys Meet U」と同じく夏の曲で明るく歌いました。

ジョンヒョン:「Boys Meet U」よりも軽快な感じがあります。

テミン:すごく明るい感じで、メンバーみんな、この曲もとても好きなんです。

Excite:なるほど。では、夏ということで、皆さんの夏の思い出を聞かせてください。

オンユ:自転車に乗っていろんなところを走りました。ソウルに流れてる漢江沿いは、道も整っていて走りやすいしよく行きました。

ジョンヒョン:僕はよく海に行きました。おばあちゃんがサムチョって海の近くに住んでいたんです。漁の街で、おばあちゃんが海女さんをやっていたので、潜って獲りたての新鮮な貝とかがすごく美味しかったです。

キー:僕はおばあちゃんの作った、コングクスっていうすごくさっぱりした豆乳のおそばを、子供の頃から夏になると毎年食べてたんです。デビューしてから食べられてないので、食べたいですね。

テミン:雨がたくさん降ったときに、ずぶ濡れで友だちと遊んだこと思い出しました。ただ走ったり、ただはしゃいでただけですけど、すごく面白かったんです。

オンユ:ミノくんはたぶんサッカーだと思います(笑)。

ミンホ:ハイ、そうです。夏もずっとサッカーしてました(笑)。

Excite:(笑)。では、話題を変えて、最近ハマってる音楽は何ですか?

オンユ:ダイナミック・デュオです(韓国のヒップホップグループ)。

テミン:FUN.(アメリカのインディロックバンド)の作品にフィーチャリングで参加していた、アメリカのヒップホップのジャネル・モネイが好きです。

キー:マドンナのベスト・アルバムをよく聴いてます。中でも『ヴォーグ』が好きです。ミュージック・ビデオもすごいカッコいいですね。

ミンホ:カニエ・ウェスト、ジェイZとかですね。カニエのアルバムはとてもカッコよかったです。

ジョンヒョン:僕は、ジャンルにこだわらずたくさん聴いてます。ファンキーなものだとジャミロクワイとか、韓国のアンダーグランドバンド、プルナバン・スター・ソーセージ・クラブ。あと、(60年代から活動する)ソン・チャンシク先輩とかいろいろです。

Excite:皆さんそれぞれ違ったタイプの音楽が好きなんですね。そして、今年も後半戦に突入しましたが、個人的にチャレンジしたいことはありますか。

オンユ:ダーツで800点取りたいです(笑)。

テミン:昨年は南極に行きたいと言ってたんですが、失敗しました(笑)。なので今年は自分の役に立つことをやりたいです。楽器をやりたいんです。昔、ピアノをちょっとやっていたので、作曲をしてみたいんです。

キー:犬の美容です。ワンちゃんを自分でトリミングしたいんです。

ミンホ:また冬が来るから、僕はすごく寒がりなので、今から何か準備しておきたいです。まずは、体を鍛えたいです。

ジョンヒョン:個人的な話では、20曲、曲を作ることが今年の目標なんです。作曲をしていて、いろんなタイプがあるけど、ファンクとソウルとヒップホップがミックスしたものが多いですね。今、7曲書いたので、あと13曲作らないと(笑)。

Excite:それは楽しみです。では、SHINeeとしての今年後半の活動の意気込みを聞かせてください。

オンユ:日本でのツアー【JAPAN ARENA TOUR SHINee WORLD 2013~Boys Meet U~】が、ずっとあるので、そこに専念したいなと思います。

ジョンヒョン:12月まで続く日本でのツアーを、しっかり良い形でやり遂げたいです。