BUMP OF CHICKENexcite
ExciteホームBUMP OF CHICKEN .exciteトップサイトマップ
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE
MUSIC VIDEO REPORT COMING SOON! My旬ランキング LIVE 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。
「supernova」 「supernova」 藤原基央
top
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
PAGE 1 2 3 4 5
Excite “カルマ”って凄くいい曲なんですよ。凄くカッコいい曲なんです。
bump 4人:(笑)。
Excite なんで笑うの?
藤原 藤原:いや、先生みたいだなぁと思って(笑)。
直井 直井:俺らに教えてる先生だよね。
藤原 藤原:「直井くんは悪くないんです! 直井くんはいい人なんです!」みたいなさ(笑)。
直井 直井:で、俺が泣いちゃう感じでしょ(笑)。
Excite でも、「『カルマ』は凄くいい曲です」って言われて泣きそうな気持ちになりませんか?
直井 直井:いやいや、どうですかねぇ。嬉しい気持ちにはなるけど。
藤原 藤原:照れるよね。
Excite (笑)。言いたいことが3分間に凝縮されてきっちり歌われている、とても懐が深い曲だと思うんですよね。アンサンブルも難しいタイプのものだっただろうけど、ちゃんと4人が響き合っている。こういう曲が生まれてきた過程を教えてください。
藤原 藤原:なんかそういうモードだったんでしょうね。凄い出来上がるの速かったっすね。ドォォォっと書いてドォォォっと歌って、ガバァァァっとみんなで録ってました。
Excite こういう突っ走りたい曲が生まれてくる時って、どういう時なの?
藤原 藤原:う〜ん………こういう曲だからこういうテンションってわけじゃないんですよ。カップルになってる「supernova」もテンションは高かったし。「カルマ」みたいな曲だって凄く静かな気持ちで書く時もあるし。必ずテンションが曲調と同じニュアンスとは限らないですね。今回のは、やってることはグァーッて感じだったけど、気持ちはとても穏やかだった気がしますね。
Excite 静かな時にこの速度を求めたのはどうしてだと思いますか?
藤原 藤原:……それが一つの力だったんでしょうね、「カルマ」ってものを表現するための。
Excite “カルマ”っていうテーマは藤原の中にずっとあったテーマですよね。前にあなたは、「“カルマ”は難解なテーマではあるけど、それを易しく解きほぐして音楽にするということはしたくなかった」と語ってくれましたよね。で、ずっとそのチャンスをうかがっていて、今回このゲームとのコラボレートで音楽にすることができた、と。
藤原 藤原:そうですね。今、仮にゆったりしたテンポで“カルマ”を歌ってみたらどうなったんだろう?って想像してみたんですけど…………なんか嘘くせぇなと思いますけどね(笑)。“カルマ”ってテーマをゆったりしたバラード調で、いかにもって感じで歌うのは……どうなのかしらね?って思いますね。
Excite カルマって日本語にすると“業”ですよね。その人の中にある潜在的な、ある意味運命ですよね。それをゆったりとした曲調で歌うと嘘くさくなると感じるのはどうしてだと思いますか。
藤原 藤原:ゆったりとした瞬間にわかった気になっちゃうんじゃないかなって気がする。そういうのってあるじゃないっすか?
Excite ある(笑)。
藤原 藤原:カラオケとかで誰かがバラード歌っただけでそういうムードになっちゃう、みたいな。そういうのが嫌だったんだと思う。
Excite 「カルマ」っていうタイトルは非常に重いし、文学的でもあるし哲学的でもありますよね。言ってみれば、今までのバンプ・オブ・チキンはこういうタイトルはあえて付けてこなかった、と僕は思うんですね。今までは、たとえば内容は“カルマ”的なことを歌っていても、タイトルは「カルマ」とは付けなかった。でも今回は付けた――それが意外だったんです。
藤原 藤原:歌詞の作り自体は、どちらかというと抽象的なものですよ。その抽象的な部分で、ぱっと聴きで入ってくる言葉だけを追って行くと……凄く勇敢で、凄く勇ましくて、凄く優しさもあって、というものに聴こえると思うんですよ。それは意識的にやった部分があったかもしれないっす。ただ、歌っていることはどれも“事実”なんですよ。ちょっと優しい事実とか、ちょっと勇敢な事実っていうものを歌ってる。で、“事実”ってその人の取りようじゃないっすか。一つの物事があって、それをいいと思うのか悪いと思うのかは、その人の取りようじゃないっすか。困っている人がいました。助けた人がいましたっていう事実がまずあって、それに対していろんな人がいろんな物差しを当てて考えて、“受け取り方”が決まる。この曲の場合には、「カルマ」っていうタイトルが、その物差しになっていると思うんです。<必ず僕らは出会うだろう>っていうフレーズに「カルマ」っていう言葉を当ててみて欲しいし、<鏡なんだ 僕ら互いに>っていうフレーズに「カルマ」っていう物差しを当てて計ってみて欲しい。<ここに居るよ 確かに触れるよ>っていう言葉に「カルマ」っていう物差しを当ててみて欲しい。
Excite 今おっしゃったように、この歌詞はとても人に勇気を与える、肯定的な内容だと思うんですね。ただ「カルマ」っていう言葉は、ほとんどの人がネガティヴな場合に使うことのほうが多いと思うんです。それがこういう肯定的な内容になったというのは、自分ではどうしてだと思いますか?
藤原 藤原:それはネガティヴに響いてないってことですよね? “カルマ”って曲の中で「カルマ」というタイトル自体が。
Excite はい、タイトルも曲も音色も、すべてそう。僕はそれが素晴らしいと思うんだけど。
藤原 藤原:僕は、生まれて数ある生き方の中から“詩を歌にして音楽にする”という生き方を選んで。世の中にはいろんな生き方を選んだいっぱいの人がいて、そういう人達と自分を比べたり、そういう中で自分の役割とか考えたりするのはあんまり好きではないんですけど、でもあえて言うのであれば、「カルマ」って言葉を肯定的に響かせることが詩人としての僕の仕事なんじゃないかなって思います。…………そういうことは今までにもあった気がする。僕は「everlasting lie」っていう歌で“嘘”というのを“約束”に近いものにしたし、“嘘”を“生きる力”にすることができたし。「ギルド」とかもそうだしね。……言葉そのものがネガティヴなパワーを持っているんじゃなくて、言葉に対して僕らがネガティヴなイメージを付けたりするわけですよ。僕らがネガティヴな服を着せたりしてるだけ。そのものや事柄を表すために言葉が生まれてきたんだと思うし、それは今も生まれ続けてるじゃないですか。昔なかった言葉が生まれてきたり、まぁ若者の流行り言葉もそうだと思うんですけど。
Excite はい。
   
   
PAGE TOP 1 2 3 4 5