BUMP OF CHICKENexcite
ExciteホームBUMP OF CHICKEN .exciteトップサイトマップ
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE
MUSIC VIDEO REPORT COMING SOON! My旬ランキング LIVE 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。
「supernova」 「supernova」 藤原基央
top
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
PAGE 1 2 3 4 5
Excite というか、“カルマ”って言葉だけじゃなくて、<ここに居るよ><僕らは出会うだろう>って、なかなか言えないっすよ。だって僕らはなかなか出会えないし、不特定多数の人に向けて<ここに居るよ>っていう実感を言葉にして発するということは、とても勇気がいることだから。それを一緒に鳴らしてるわけですよね。
直井 直井:でももう生まれてきたもんですからね。誰だってお父さん、お母さんになるのは不安だと思うけど、でも歓迎されて生まれてきたら後は覚悟も何も要らない。転がるしかないでしょう。そういう感じですね。
Excite この曲のベースはとてもキレがあると思うんです。曲自体もイントロは非常にキリキリした印象があって、サビのところでは非常に飛翔感がある――要するに起伏がとても激しい曲だと思うんです。それをここまで表現できた。とても成長したと思うんですよ。
直井 直井:ありがとうございます。
Excite それは技術の成長だけじゃなくて、自分達の生み出してきた音楽と、藤原からの楽曲というサイン、メロディというサイン、そういうものの中で何年間もかけていろいろ成長してきたと思うんですね。
直井 直井:もうかれこれ10年やってますから(笑)。
Excite そうだね(笑)。そういう凄く特別な時間の積み重ねがそのままフレーズになっている気がしませんか?
直井 直井:うん……でも本当に成長できるのって……俺はスタジオ・ミュージシャンにはなりたくない、バンドマン、というかバンプ・オブ・チキンになりたい。バンプ・オブ・チキンでいたい、バンプ・オブ・チキンがいい。そういう人なんですね。だから一番成長できるのは楽曲を通してなんですよね。…………いや、(藤原から生まれた曲を作り上げる時は)本当に検討外れのことばっかりやっちゃうんですよね。でもその検討外れのことって……たとえば「カルマ」で最初に検討外れのことやったとしても、所詮「カルマ」の中で動いてるだけっていうか。ゴールは一つだから、そこに向かってこう行くかああ行くかっていうだけなんですよね。もちろんこう(一直線にゴールに向かって)行きたいですけど、どうやらずっと正座してたみたいで立ったら歩けないんですよ。
Excite ははははははは。
直井 直井:俺と秀ちゃん(升)って結構正座しちゃうんですよ。正座ってちゃんとしてるように見えるっていうか、一生懸命やってるように見えるけど、立ったらフラフラでなかなか前に進めなくて意味ないんじゃない?みたいな(笑)。ま、意味がないことはないんですけど。……何が言いたいのかさっぱりわかんないっすね。
Excite ははははははは。じゃあ次は升に聞きたい。
升 升:はい。
Excite 凄く難しいドラムだったと思うんです。速いとか遅いとかいうことだけではなく、シャープさとエッジを楽曲から求められていたと思うし、ツアーの時にリズムや速さと一体化して付き合っている升を見てると、ここ最近ずっとなでらかなリズムの曲が続いた中でこれだけシャキーンとしたリズムを刻むというのは、バランス感覚も含めて、苦労されたんじゃないかなと思うんですけど。
升 升:苦労されたんじゃないかと言われると恐縮しちゃいますが(笑)、でも言ってしまえば毎回同じように難しいっす。同じタイプ――スローな曲の次にスローな曲が来たからと言ってゴホッ、ゴホッゴホゴホゴホッ!!(激しく咳き込む)。
直井 直井:すいません、勘弁してやってください(笑)
藤原 藤原:恐縮しちゃった?
直井 直井:びっくりしちゃったね。
升 升:だって「苦労されたんじゃないですか?」とか言われたらね(笑)。
Excite いやいや、苦労されたんじゃないですか?(笑)。
升 升:(笑)苦労とかとは思ってないですけど、難しさという意味では同じタイプの曲が来ようとも、毎回生まれて初めてやる曲のような感じで……ゴホッ。
直井 直井:すげぇいいこと言ってんだけどなぁ(笑)。
升 升:ごめん(笑)。だから逆に、別の方にインタビューされた時に「速い感じの曲は前にやってたから得意でしょ?」って言われたんですけど、確かにこういう速い感じの曲はやってたけど、でもやっぱりそういう感じじゃなくて。1曲1曲が本当に初めて出会う曲なんですよね。もちろんたくさんレコーディングしてるわけだから、やり方というかノウハウみたいなものは自分の中に蓄積されてきているし、細かい技術レベルではいろいろあるけれども、でもやっぱり精神的には「最初の1曲」っていう感じでやってるから、難しさという意味ではどんな曲が来ても変わらないですね。
Excite 僕は『ユグドラシル』以降で、リズムがとても大きく変わってきたなと思ってるんですね。それはいろんなリズムを鳴らし始めてるし、楽曲が持ってる表情に向けたリズムの表情も凄く豊かになったと思う。本当にこの2年間で、このバンドのリズムは大きく成長してきた――という言葉を使うと恐縮ならば(笑)、凄く変わってきたと思うんですよね。
升 升:いや、そういうことは言ってくれればいいのに(笑)。そう言われると凄い嬉しいです。成長なのかどうなのかっていうのはまた別問題ですけど、それは常々100%ずつやってきた結果であって。だから前が悪かったとかそういうことではないと思うし。まぁ確かに変化してるんだろうなぁと思う。
Excite 升はたくさん音楽を聴く人だと思うんですけど、世の中には黒人音楽のエッセンスを入れたり打ち込みのエッセンスを入れたり、シャッフル的なものを入れたり、いろんなことをやってる素晴らしいバンドがたくさんいると思うんですよね。そういうリズム的な意味合いで行くと、僕はバンプ・オブ・チキンっていうバンドも、楽曲の表情に併せていろんなリズムを打って行く多機能的なバンドに変化してきていると思うし、自分達でも意識的にそういうふうに作っていると思うんですけど、その変化についてはどう思いますか?
升 升:そこらへんは客観的には見れないですね。「こういう感じにしよう」って思ってもそうならないのが自分だし。「こういう感じ」っていうのが明確なわけではないんですよね。たとえば教科書があってそれに従って進んできたわけではなくて、「曲に対して最適なものは何かな?」って漠然としたものを探してるから。逆にそこが明確ではないから、毎回いろいろ表情を変えて行けるのかなとも思うし。………うーん、客観的には見られない。
藤原 藤原:いや、あのさぁ、今聞いてて「自覚してなくていいこと」と「自覚してないのっておかしくない?ってこと」の2種類があったんだけどさ。彼は確実に叩けなかったものが叩けるようになってるんですよ。だから僕は書けなかった曲が書けるようになってるわけですよ。
Excite そうですよね。
藤原 藤原:それを升は「よくわかんない」って言っちゃったんだよねぇ。お前、よく思い返してみ?
升 升:いや、だからそれは……っていうか、俺がどこで「よくわかんない?」って言ったっけ?
藤原 藤原:いや、お前が全体的によくわかんないけど、でも上手いことを言ってた。
Excite ははははははは。
PAGE TOP 1 2 3 4 5