BUMP OF CHICKENexcite
ExciteホームBUMP OF CHICKEN .exciteトップサイトマップ
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE
MUSIC VIDEO REPORT COMING SOON! My旬ランキング LIVE 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。
「supernova」 「supernova」 藤原基央
top
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
PAGE 1 2 3
Excite: それを今回はメンバーではなくて、直接リスナーに伝えているんだよね。
藤原: あー、かもしれない。でも、作っている時は「感動的な映像の一部になりたい」としか思っていなかったです。本当に心からそう思っていた。そう、だからやっぱり、ユーザーのことを考えていました。ゲーム・プレイヤーのことをね。彼らはきっと次の日に「昨日の(ゲームの)シーンは良かったなぁ」って思いながら、会社なり学校なりに行ったりするわけで。その「どんなシーンだっけな?」って思い出す時に、この音楽が手がかりになれば良いなとか、もしくは、何となく鼻歌で歌った時に、一緒に映像が蘇って来たら良いなとか、そんなことばっか考えていましたね。子供の頃、ゲームの曲を鼻歌とかラララで歌いながら遊んでいたんですけど、作っている時はそういう子供の声で歌われるイメージが凄くあった。
Excite: 敢えて言いますけど、その音楽があるだけで、どこまでも色んな考えを思い浮かべられるし、どこまでも自分自身を見つめられるし、どこまでも勝手な景色を思い描ける。それが、あなた方(BUMP OF CHICKEN)の音楽の一番特別な部分だと思うんですよね。そういう音楽を作っている人が、ゲームのシーンを思い出す為の有機的な音楽を作る。それは、ある意味とても不思議なことだと思うんですよね。
藤原: 不思議ですね。僕にとってこの曲達は、全てゲームのシーンと1セットなんです。まぁ、「カルマ」だけは違いますけど。「カルマ」は主題歌であると同時に、BUMP OF CHICKENの曲の一つなんでね。でも、その他のものは全て、ゲームのシーンと1セットで誕生したものなんです。だから、曲だけを聴いてくださった方々がどういう気持ちになるのかは、ちょっと想像がつかないんですよね。でもね、僕の音楽って映像的じゃないっすか。
Excite: はい。
藤原: それは、自覚しているんです。『FLAME VEIN』の時からずっと映像的な音楽を作っていると思うんですね。これは良いとか悪いとかじゃなくて、僕の特徴だと思うんです。今回、その映像的な部分がより強くなっていると思うんですよ。何故かというと、まず言葉がない。あと、映像の一部として飛び込んでいる。BGMとは、そういうものであるというのが僕の基準なので、よりその匂いは強くなっていると思うんですね。ひょっとしたら、ゲームを一切やらずにただこの曲だけを聴いた人が、この中に提示された価値観や示された道、漂っている意識を感じて、それを自分の中でシンクロさせて映像にしたりするということもあるかもしれない。そういう聴き方をする人もいるかもしれないと思いました。
Excite: 僕はね、サーカスを観に行った帰りの夜道みたいな、そういうイメージがありました。きっとこのサントラは、みんなに渡すには恥ずかしいくらい、自分にとっては可愛い作品なんでしょうね。
藤原: どうなんでしょうね。こうやってCDになっちゃうと照れくさいですね。あと、“MOTOO FUJIWARA”というのが、一番照れくさいですねぇ(笑)。
Excite: (笑)。
藤原: だって、俺のオヤジの名前とかで考えると、面白いですもん。“Hitoshi Fujiwara”でしょ?マジ面白え(笑)。
Excite: はははははは。というか、藤原基央で良かったんじゃない?
藤原: ねえ?まぁ、何でも良いんですけど。それこそ余計な精神性とか――誤解を恐れずに言えば、“音楽”に焦点を当てて考えれば、精神性っていうのは余計なものだと思うんです。もう歌詞ですら、余計だと思うんです。“歌”となると歌詞は必要ですけど、言葉って大事ですから。でも、ただ“音楽”って考えた場合には、「その音楽を汚さない言葉なのかどうか」ってところで評価が分かれると思うんですね。僕は、それをちゃんとやれていると思うんですけど。そういう言葉があれば、タイトルやリリースってところに対する意識がもうちょっとあったかもしれないですけど、とにもかくにも鹿野さんが言うところの“無邪気な”感じですから、僕にとってのこの音楽は。

Excite: だって、曲のタイトルが「finish the promise」ですよ?「mirrors」ですよ?
藤原: ああ(笑)、全部「カルマ」の歌詞から抜粋しました。
Excite: BUMP OF CHICKENでは、なかなか付けられないタイトルでしょ。
藤原: そのタイトルもねぇ、それに関してはキレそうになりました(笑)。まず「タイトルが必要だ」って言われたんですよ。名義やリリース形態はどうなるか分からないが、いずれにせよゲーム全体のサントラはリリースされると。「“バトル1”、“バトル2”とかじゃ格好つかないから、何か考えてくれ」って話になって。内心では、「タイトルのこととか聞いてねえし!ええ〜っ!」って(笑)。大抵のゲームの音楽は、英語になっているんですよ。僕も精神性とかが匂うのは嫌だったので――せっかく良い意味で「ただの」BGM、純然たるBGMなんですから、日本語でタイトルを付けたら、曲のエゴが出ちゃう気がして。でも、僕は英語は分からない。スタッフさんの中に英語が話せる人がいたから、その人と頭突き合わせながら「カルマの歌詞から抜粋しようと思っていたんだけど、この単語とこの単語を組み合わせても大丈夫?」、「あぁ、大丈夫だよ」って感じで決めて。でも今度は、他のスタッフが「これはスラングで卑猥な言葉だから、違うほうが良いよ」って言い出したりしてるうちに「……これ、俺の仕事じゃなくねえ!?」みたいな。
Excite: ははははははは。
藤原: 「何で俺ここで英語の勉強をしているの?」って(笑)。でもまぁ、名前くらい付けてやろうと。自分の子供だと思えるからさ。それくらい、タイトルを付けることさえも余計だと思ってしまったくらいの、ただの“音楽”なんですよ。本当にリリースどうのこうのとか、名義どうのこうのとか考えてなかったから、未だにフワフワ感がありますねぇ。でも、僕は嬉しいんですよ。確かにリリースすることになったという事態はびっくりすることなんですけど、「リリース出来ないようなものなのか?」って自問した時や、「これには値段を付けちゃいけないのか?」って自問した時に、「いや、そんなことはない」って胸を張って言えるものなんです。そういう仕事が出来て良かったと思うんですね。それを改めて、個人の意見として、バンドを抜きにした“一音楽家”として言えた。それが嬉しいです。
Excite: で、これからは街で会った時には「MOTOO」と呼んでくれ、と。
藤原: ……面倒くさいこと言いますねぇ、本当にねぇ。そんなこと思いませんって!!
PAGE TOP 1 2 3