BUMP OF CHICKENexcite
ExciteホームBUMP OF CHICKEN .exciteトップサイトマップ
BUMP OF CHICKEN SPECIAL SITE
MUSIC VIDEO REPORT COMING SOON! My旬ランキング LIVE 応募受付終了致しました。
ありがとうございました。
「supernova」 「supernova」 藤原基央
top
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
1M HIGH LOW 1M HIGH LOW
PAGE 1 2 3
Excite 藤原君から曲を渡されるまでの気持ちというのは?
直井 直井:作ってる段階では、もう無視です。自分のことをとりあえずやっとかないと。で、「出来た」っていう言葉を聞いたときに、一気に爆発しますよね。「うれちぃ!」ってなりますから。(笑)次々新しいものが出来ればそれで良いのかと言うと、そういうことでもないんですけどね。一つひとつ大切に作って行けたら良いと思ってるバンドなんで。ホント嬉しいですよ、家帰って楽しみが増える。その曲と向き合える時間というのはとても幸せだし。
Excite 今回の「supernova」に関しては、どのようなシチュエーションで渡してもらったんですか。
Excite 升:デモテープを作ってるレコーディングスタジオですね。そこで俺たち藤原の歌入れを見てたんですよ。
藤原 藤原:あっ、思い出した。「カルマ」の歌入れのときに、まったく声出なくて、「駄目だ、今日歌えねえや」ってなって。でも、せっかくスタジオ取ってるし、時間もったいないし、「あぁ、もう一曲出来てるよ」って。「それのデモを今録っちゃおうよ」ってことでやったんです。
Excite 升:初めて曲を聴いたのに、いきなり「コーラス入れるか?」みたいな。
藤原 藤原:大合唱したね。
増川 増川:これから聴く人も、口ずさんでしまう曲ですよね、「supernova」は。
Excite 藤原君の中で、その時点で完成形というのが見えていたんですか?
藤原 藤原:バッチリ見えてました。
直井 直井:今までもそうなんですけど、藤クンはすごい良い指揮者っていうか。俺とか結構違う視点で捉えちゃったり、秀ちゃんもちょっと違う視点で捉えちゃうことがよくあるんですよ。そこは言われないと気づかないし。そこは良くないところでもあるんですけど、その音がもしかしたら良い場合もあるんですよね。でも今回は、“絶対こっちの方が良い”と思える方向に導いてくれたんですよ。俺はちょっと今回、突っ走ってたことがあったから、すごい迷惑かけたかなと。
藤原 藤原:いやいや…サンキュー。
Excite 直井:間違えてウッドベース持って来ちゃってたし(苦笑)。「この曲にはウッドベースしか合わねえんじゃないか」って、勝手に思っちゃって。ウッドベースしか触ってなかったんですよ、リハでも。俺のビジョンに合った音っていうのは、もっと深くて…でも、俺がその音を出せてないという。でも、きっと何回か録ってたらハマルはずだと信じてやってたんですけど、あまりにもベクトルが違う。しかも、自分はそれに気づかないし、入り込んじゃってるんです。
Excite そういうときこそ、広い視野で状況を把握出来る“指揮者役”が必要だったりするんでしょうね。
直井 直井:まさにそうなんですよ。俺はそういうタイプの人間だから、藤君とかディレクターから一言声を掛けてもらうと、もうひっぱたかれた気分になるんです。「なるほど!」って。いつか、ライヴでも再現できるような実力をつけられたら、素晴らしい音が届けられるんじゃないかなと思います。
Excite その音作りに関しては、今回はどのように進められて行ったんでしょう。
藤原 藤原:今回はもう、最初から付きっきりでした。こういうふうに自分を見失っちゃう人もいるんで、「これはやばいな」と。(笑)
直井 直井:ホント付きっきりですよ。部屋から出ないんですもん(笑)。
Excite そういう状況っていうのは、プレイヤーとしてプレッシャーになったりしないものなのかな。
Excite 升:プレッシャーというか、すごい盛り立ててくれる感じです。例えば、僕が録り終わった後の(みんなのレコーディング作業が見れるときの)話をすると、ベースを録ってて、ブースに藤原がいるんですよ(笑)。
直井 直井:俺、ディレクターに「ホントに藤君が居て大丈夫?」ってすごい心配されたんですよ(笑)。
藤原 藤原:ウッドベースから普通のベースに取り替えて、一回録ったら固くなってたんで、「こりゃイカンな」と思って、「音を楽しめて音楽でしょ!!」と言ってやったんですよ。そのあと、パーカッションで使った打楽器があったんですけど、それをペシペシ叩きながら(同じ部屋に)居たんです。なんだかんだで、一番大事なのは“気持ち”ですからね、音楽は。
Excite レコーディングに対して、いざ向かい合うと緊張したりして、ふと大事なことを忘れてしまう部分もあるんでしょうね。
Excite 升:そうなんですよ。それを僕は分かってなかったし、チャマも分かってなかったし。そういう部分を藤原が今回、体で指揮してくれた…全身を使って。
藤原 藤原:踊ってました。(笑)
Excite 升:だから、藤原がレコーディング部屋に居たことは、プレッシャーとかそんなんじゃなくて、気持ちを盛り上げてくれる感じだったんだと思います。
直井 直井:藤君ずっと居たんですよ、1時間くらい。この人のリズムが半端ないんですよ(笑)。
PAGE TOP 1 2 3